※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真なるクー 2



  けだるい午後。
  寝室の窓から、ぼんやりと外の森を見ていた。
  昔、親父に見せて貰ったエロい映画、『エマニュエル夫人』のBGMが似合いそうだ。
「なーにやってんだろうな、俺」
  この謎深い洋館を、これまた謎深い叔父さんから手に入れて、早や、三日。
  世界を滅亡の危機から救ったと言えば、聞こえは良いが、要するに、悪魔と契約したようなものだ。
  “クー・トゥルー”と言う名の、魔神。
  この世ならざる美貌と、人間に抗う術を持たせぬほどの、その完璧で、淫猥なる姿態。
  そいつが、訳の分からないツボから現れて……今、横に寝ている。
  そもそも悪魔は眠るのか? 悪いヤツほどよく眠る、と言う事なのだろうか。
  そう言えば、永い眠りに就いていた、とか話してたな。
  そんな事を考えながら、その寝顔に目を落とした。

  良く整ったギリシア彫刻のような顔に掛かる、さらさらとした美しい黒髪。
  その透き通るように白い肌と好対照を成す、赤く扇情的な唇。
「んん……」
  ヤツが緩やかに寝返りを打つと、その輝く豊満な胸が、シーツからこぼれそうになる。
  ぶっちゃけ、エロい。また臨戦態勢になっちまうじゃないか。
  さっき、ヤツの言うところの“奉仕”をしたばかりだと言うのに。
  ふと、ヤツが目を開けた。
「ん……我が主(あるじ)よ、また、我に精を捧げると申すのか……良い。
いつでも、どこでも、主の、その白濁した体液を、我が深淵にて受け入れようぞ」
  半開きの潤んだ瞳で、俺の目をみつめて。
  手を広げ、淫蕩なセリフを囁いた。
  乾いた、しかし、景気の良い音が部屋に響いた。
  俺がスリッパで、ヤツの頭をはたいた音だ。
「クー! 我慢しろ。さ、食事にするぞ」
  どういうワケか、ヤツはこのどうでもいい適当なスリッパに弱い。
だから、いつも肌身離さず、持っていた。そう、俺はまだ、完全にヤツを信用したわけではないのだ。

  ヤツは、ほんの少し、がっかりしたような顔をした。
  俺は無視して、ベッドから降りた。
  さすがに、これだけの豪邸だけあって、ベッドは豪奢な彫刻を施されたキングサイズだった。
布団も高級そうな羽毛布団で、クーの言うところに寄ると、シーツはシルクだそうだ。
だが、やはり、これも他の調度類と同じで、ほどんど使われた形跡はなかった。

  Tシャツとパンツで階下に降りる。
  キッチンに行き、冷蔵庫を開けた。
「今日の分で終わりだな、こりゃ」
  後ろから、いつものスクール水着で付いてきたクーが、少し首をかしげる。
「どういうことだ」
「最初から、ここには夏休みの避暑でちょっと寄って帰るつもりだったからな。
食い物がもうないんだ。金もないし」
  クーはニヤリ、と嗤った。
「ふふ、そうか……私はこの三日間、主の精を受けて、ある程度、力が回復しているんだ」
  俺は、隠し持っていたスリッパに手を掛けた。
「何を考えている、クー!」
  俺を射すくめるような眼差し。
「なぁに、簡単なことだ……」
  両手を大きく広げ、天に向かって叫んだ。
「いでよ! 我が眷属! “深きものども”よ!」
  キッチンの窓から見えていた空が、一瞬にして曇る。雷鳴が轟き、大雨が降り出した。
「一体、何をするつもりだ! まさか、このまま世界を大洪水に巻き込んで、滅ぼす気か!」
  俺は、スリッパを正眼の構えで突きつけた。クーは一瞬、びくっ、としたが平静を取り戻す。
「待て。落ち着け。聞いていなかったのか。我が眷属を呼びつけただけだ、ほら、窓を見ろ」
  窓に目を向けると、また落雷があった。
  その光に照らし出されたものを見て、俺は思わず、叫んだ。
  窓一面に張り付く、巨大なカエルの顔、顔、顔。よく見ると魚の顔を持つ者もいる。
  クーは、軽い足取りで、キッチンの勝手口に向かった。
「可愛いだろう? さあ、入れ」

  扉を開けて、その不気味な生き物たちを招き入れる。
「おい、ちょっと待てよ、なんなんだよ」
  びちゃびちゃと、音を立てて、ぞろぞろと入ってくる異形の生物。
  みんな、背丈は俺と同じくらい。服は着ていない。
身体の表面こそ、その頭と同じ性質のようだが、他はほとんど人間と同じで、二足歩行だ。
ただ、股間には何もなかった。収納されて見えないだけかも知れないが。
  クーは、ヤツらを横一列に並べた。
「横隊整列! さっさとしないか、このクズども!」
  びしっと、音を立てるように綺麗に並んだ。
「番号!」
  生き物たちが端から、一、二、三……と、順番に叫んだ。
言葉は分からないが、たぶん、そうだろう。
  クーは、カエル頭一号の隣に腕を組んで、俺に問いかける。
「さ、どいつにする? こいつか?」
  一号のほほを、倒れるほど殴りつける。
「どうした、礼は?」
  よろめきながら、カエル頭は、敬礼をした。
「ゲ、ゲコ!」
  カエル頭は、さっきまでの水とは違う、何か汗のようなものをかいている。
  ガマの油、ヘビに睨まれたカエル。そんな言葉が俺の脳裏をよぎった。
  クーは鼻で嗤って、移動する。
「それとも、こいつか? なかなかイキがいいぞ」
  次の魚頭二号のみぞおちに、ひざ蹴りを決めた。
  後ろに激しくぶっ倒れる。
  その顔をさらに、かかとで踏みつけた。
「ああ? 貴様、なんだその目は」
  てか、魚の目の表情は解りませんよ? クーさん。
  そう思っていると、クーは俺に振り向いて、微笑んだ。
「どうだ、我が主。どいつを食べたい?」
  マジでか。

「そんな得体の知れない生き物なんか、食えるか!」
  クーは、ちょっと肩を落とした。異形の者たちは、胸をなで下ろした。俺はない知恵を絞って考えた。
「そうだ、クー。お前、そんなヤツら呼べるなら、普通の魚も出せるんじゃないのか」
  クーは、どこで覚えたのか、手をポンと打った。
「なるほど。さすがは我が主。早速、呼び寄せよう」
  クーは異形の者たちを帰し、変わりに、魚を呼び出した。
  次の瞬間。
  キッチンの床が海水と、さまざまな魚で溢れた。
「うわぁっ!」
  俺は、足元をすくわれ、転がった。
  魚の尾びれが、俺の顔を幾度も叩く。
「いててて!」
  クーはそれを見て、口元をおさえた。
「あ、クー! 嗤ったな!」
「うむ。嗤った。すまない。しかし、こんな気持ちになるなんて、初めてだ」
  そう言いながら、俺に手を差し伸べる。
「何と言うか……上下関係でもない、敵対関係でもない、暖かくなるような、泣きたくなるような……」
  俺はその手を取って、立ち上がった。
  クーは、俺の手を離さない。
「我らの眷属の間にはない、こんな気持ちを、人間は、なんと呼ぶのだ?」
  クーは真っ直ぐ、俺の目を探るように見つめた。
  俺は、彼女に手を握られたまま、言い淀んだ。
「それは……」
  目を逸らした。その先にスリッパが、あった。
  あれはもう、必要ないのかも知れない。そう思った。
  俺は、ゆっくりまばたきをして、彼女に向き直る。
  大きく息を吸い込んで。
  つぶやいた。
「恋、って言うんだ」
  足元の魚の群が、なぜか猛烈に、ビチビチと跳ねた。


written by coobard ◆69/69YEfXI

coobard ◆69/69YEfXI 氏の 素直クール小説掲載サイト クーのいる世界


真なるクー 01 | 真なるクー 03