※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真なるクー



  俺は古びた洋館を手に入れた。
  その経緯を書き出すと長くなるので省略するが、簡単に説明すると会ったこともない叔父の所有していた物件だという。
  また その叔父は変わり者だったらしく、親戚とも交流を図らず、いまどき流行らない『人里離れた深い森に建つ洋館』に篭る生活だったらしい。
  そんな 存在することすら知らなかった叔父からの手紙が俺宛に届いたのが、つい先日。
  三ヶ月連絡がつかなかった場合、ランダムで親戚の誰かに手紙を出す事にしてたらしい。
  そんな意味不明の行動に付き合わされる弁護士に同情したもんだ。
  まぁ実際には、手に入れたとはいっても管理人として雇われたと考えた方がよさそうな内容の手紙で、好き好んで辺鄙な森の中の屋敷に行ってみたいと思う人もいなかっただろう。
  そんなこんなで俺は残暑厳しい都会を離れ、避暑を兼ねて屋敷に出向いてきたわけだ。


「うわぁ…… これは本格的な洋館だなぁ」
  まるで大正ロマンとでもいう感じの古びた洋館がそこにあった。
  蔦が程好く絡まり、まるで映画のセットでも見ている気分になる。
「メイドさんが居たら似合うだろなぁ」
  しかしそこは現実の悲しさ。人を雇う資金なんてないのだ。
  屋敷を見て驚いていても仕方ないので、数日分の日用品を持ち込み最低限生活できる空間を確保する作業に取り掛かった。

  日が暮れる前に最低限の作業を終えリビングでくつろぐ。
  装飾には無頓着な叔父だったらしく、思ったより簡単に掃除は終わった。
  しかし、ここにきて俺は後悔していた。
  テレビもビデオデッキもあるのにアンテナが繋がっていない。読んで楽しそうな本もない。
  大量の本が図書室にあったが、どこの言語で書かれているのかもわからないものまである。
  叔父は一体何者なんだろう……
  手当たり次第に本を見てまわり、解読用のノートを発見した俺は、暇つぶしに解読ゲームでもしてみようかと関係しそうな本を手当たり次第に集めてきた。


「だめだこりゃ。解読なんてそうそうできるモンじゃないな……」
  一時間も経たないうちに解読に飽きてしまう。
「まったく。ここにはゴミ箱すら置いてないし、まともな生活してなかったみたいだな」
  そこでふと図書室に置かれた骨董品らしき容器を思い出す。
「あ~、手頃な大きさだったなぁ…… ビニール袋で汚れないようにすればいいか~」

  図書室に向かい容器を手に取る。
  見た目より重く感じるが、持ち上げられないこともないし安定感もありそうだ。
「なんか細かい文様が入ってるし年代物っぽいけど、後で洗っておけばいいよな……」
  ゴミ箱すら用意してない叔父が悪いと決め付け、リビングに運び込む。
  中を覆うように大き目のビニール袋を被せてゴミ箱は完成した。
  しかし、解読すら諦めた現状では何もすることがない。
  掃除で体力を使った後ということもあり、街まで行く気力もない。
「仕方ない。今日は持ってきたビデオでも見て過ごすか」
  用意は簡単だ。ビデオテープとちょっとしたアイテムを持ってくるだけでいい。


  数十分後、熱き男の戦いが終わりを迎えた。
  詳細は省略するが、歴史に残るほど充実した戦いだったといえよう。
  身の回りを片付けていると、何か妙な音が聞こえた気がした。
  周りを見回すが、テレビから流れる音声と映像以外に日常からかけ離れたものは存在しない。
  何か言い知れないものを感じながらも、これから夕飯の用意もしなければならないのでいそいそと片付けをする。
  その時、突然 部屋の照明が落ち、周囲が明滅する。
  驚いて辺りを見回すと、ゴミ箱の文様が光を放ち、それに呼応するかのように図書室から持ってきていた本から不気味な詠唱が聞こえてきた。
「な、なにこれ……」
  その詠唱と文様の明滅が最高潮に達し、何もないはずの空間に何かが形成されていく。
  何もできずに放心していると、床に降り立った女が口を開いた。
「我が名はクー・トゥルー…… 真なるクー。我を目覚めさせたのは貴様か?」

  あまりの現実感のなさに絶句する俺。
  目の前に立つ女王然とした女は腰に手を当て、超然とした笑みを浮かべている。
  だがしかし、いくら格好をつけても旧スク水姿では締まらない。
「なんだ、お前は話す事もできないのか? 我は長い眠りから醒めたばかりだというのに」
「……アンタ何者だ。どこから湧いてきた」
「この痴れ者め。我が名は真なるクーと言ったではないか。それに我を覚醒させたのは
紛れもなく貴様だ」
  そう言ってゴミ箱の中に手を伸ばす女。
  咄嗟にスリッパブーメランで女の頭をはたく。
  怒りのこもった冷徹な瞳でこちらを睨むスク水の女。
「何をする。この無礼者」
「それは俺の台詞だ。一体何をしようとした」
「お前が我を呼び出した証拠を見せてやろうとしているのだ。ここにお前が贄として──」
  そう言って再度ゴミ箱に手を差し入れようとする女に、スリッパハリセンをくらわす。
「つっ! ……貴様、我に対して再三の無礼なる行為、万死に値する」

  剣呑な雰囲気をまといゆっくりと立ち上がる。
  その殺気のこもった空気に当てられ、俺は身動きが取れなくなる……
  死を覚悟した俺の耳に女の不思議がる声が聞こえた。
「む? 一体どうしたことだ」
  あごに手を当てて考え込む旧スク水姿の女。
「おぉ、そうであった。これを使えばいいのか」
  そう言って屈むと、ゴミ箱に手を伸ばす。
「だから手を突っ込むな────っ!」
  爽快な音を立ててスリッパハリセンが炸裂した。


  涙目になってこちらを睨む女。それに対して今や圧倒的優位に立つ俺。
「これは我に奉げられたものぞ。どう使おうと我の勝手ではないか」
「使ってどうするつもりだ」
「いまだ生まれえぬ一億の生命の源。この力をもって貴様を懲らしめ……」
  今やスリッパは俺の両手に揃っている。その威容におののく旧スク水女。
「卑怯者め、本気を出した我にかなうとでも思っているのか」
「それで、今ホンキを出せる状態なのか?」
  眉をしかめ不機嫌そうにこちらを睨みつける。
  今まで余裕がなくて気付かなかったが、絶世の美女と言っても過言ではない美貌の女。
  その冷徹な瞳はあらゆる者が恐怖におののきつつも魅入られてしまうほど美しい。

「……気に入った」
「はい?」
「我は貴様が気に入ったと言っている。脆弱なる人間風情が我に刃向かうなど笑わせる。しかも今、我は貴様に翻弄されるしかない。まったく、げに恐ろしきは人間の武具よ」
  俺の両手に納まっているスリッパを見詰め、忌々しそうに眉を寄せる。
「さすれば、世界を我が手に取り戻す前にすべきこと。貴様を我が夫として迎え入れる」
  まさに妙案だと言わんばかりに口元に笑みを浮かべる。
  その仕草、口調に艶容なものを感じ取り、背筋に冷たいものがはしる。
「さぁ、武具を収めるがよい我が主よ。最早そのような忌避たる存在に頼る必要はない。我と契りを交わし、我が眷属が統べる楽園を作り出そうではないか」
  女は逆らう意志のないことを示すかのごとく、両手を広げ近づいてくる。
「待て。眷属とかわけわからないこと言って、アンタを信用しろと言うのか」
  スリッパを構え威嚇する俺を見て苦笑いを浮かべる。
「アンタではない。我は真なるクー。そう呼ぶがいい」
「わかった。でも長ったらしいからクーでいいな?」
「好きにするがいい。すでに我は貴様にすべてをゆだねている」

  クーはそう言うと周りを見回す。ソファに目を付けると優雅に歩を進め腰を下ろした。
「さぁ、これで心配する必要もあるまい。武具を収めよ」
「本当に俺に従うんだな?」
「猜疑心が強いな。安心するがいい、眷属を統べる女王なるぞ。我に夫を謀る意味もない」
  ソファの背もたれに身をゆだね、悠然と構える。
  足を開いて座っているため、俺の目はどうしてもそちらに向いてしまう。

「どうした、我が夫よ。我を貪りたいのか? 望むままに精を解き放ち、我が眷属が繁栄にその力を貸すがよい」
  妖艶な表情を浮かべると、クーは旧スク水の水抜きに手を伸ばす。
  手に持ったスリッパを握り締め震える俺を見たクーは、その手を動かすのを戸惑う。
「……で、眷属ってのは一体なんなんだ」
「我に従う一族であり、奉仕種族だ」
「奉仕種族ってメイドみたいなものか?」
「その力は人間を遥かに超え、他眷属が復興するのを阻止するための尖兵ともなる」
「そんなの呼び出すな! クーの言う通りにしたら世界を壊滅させられそうなので却下」
「それでは他の支配階級、眷属が来たら太刀打ちできないではないか」
「簡単に出てくるものでもないだろうし、駄目なものは駄目」
「むぅ……」
  唇をかみ締めてふてくされるクー。

「……仕方がない。主が願いは我が願い。眷属については妥協しよう」
  瞳を曇らせ、残念そうに上目遣いの視線を投げ付けてくる。
「だが、これだけは譲れぬ。我に精を与えよ。さすれば この力、主のためだけに使おう」
  クーは、静かだが力強い視線で訴えかけてくる。
  相手が普通の女性であれば今すぐにでも押し倒してしまいたくなるような美貌の持ち主。
  むしろこちらからお願いしたいくらいだ。
  だが、ここは重要なターニングポイントだ。
  軽率な判断は自分の首を。いや、世界の平和を乱す事になる。

  いつの間にか目前にまで寄ってきていたクーに抱き締められる。
「我に任せるがよい。我が名にかけて、決して主の意志は裏切らない事を誓おう」
  そう言うと舌で唇をこじ開け、口内をねぶるように濃厚なキスをしてくる。
「待て! 一時の劣情に流されても後悔するだけだぞっ!」
  その言葉に、誰にも真似できないような妖艶で確信に満ちた笑みを浮かべた。
「主の考えていることは目を見れば手に取るようにわかる。我を信用せよ」
  願わくば、世界が平和であるように祈ることだけが俺にできる精一杯だった。

written by elc ◆ForcepOuXA

elc ◆ForcepOuXA 氏の 素直クール小説掲載サイト RetroWorld


真なるクー 02