※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

歌ってみた

うたってみた

【カテゴリ】【タグ】

09-04-14 最終更新


2.jpg

「{歌ってみた}」とは、ニコニコ動画のカテゴリ(カテゴリタグ)のひとつ。
簡単に作成できるためか動画数は非常に多く、09年初めの時点で10万件に達する。

いく人かの高い人気を誇るうp主もおり、無名からCD収録へ至った者もいる。
もっとも、多数の信者アンチがいることがあるためか、荒れやすいジャンルでもある。

なお、嫌いな人はマイナス検索を使用すると良い。

概要

「歌ってみた」とは、その名の通り、何らかの楽曲を歌ってみた動画の分類である。
声(またはネタ)に自信があれば、手軽に投稿できる。既存の楽曲から手軽に動画を作成できるためだろうか、特にボカロなどで流行の楽曲ができると、雨後の筍のごとし投稿数があるのは、投稿のしやすさを示しているのではないだろうか。

もっとも、ニコ動ユーザーには批評と罵倒の区別もつけられない、もしくは罵倒をためらいなくコメントできる連中が多いため、投稿するのであればそれなりの技量か罵倒を気にしない精神あるいはそれなりに高い自己顕示欲が必要ではないかとも思われる。
もっとも、動画が多すぎて多くの動画はほとんど人の目にすら止まらないわけで、伸びなくてもくじけない心が一番必要かもしれない。

荒れる「歌ってみた」

  • 自作自演問題
07年7月頃、外部ツールを用いたユーザーIDの解析により、一部の「歌ってみた」動画についてうp主自信による自画自賛がなされていることが証明される。
これが「歌ってみた」全体に飛び火し、「歌ってみた」=自作自演とみなすアンチが多数現れ、問題の動画はもちろん、歌ってみた全体について、大荒れに荒れた。
一応はこれは収束したが、結果として現在も歌ってみたに対するアンチ、あるいはそれを超えて敵視するユーザーが相当数おり、しばしば荒らしになっている。

  • 信者

人気が出た動画には、多数のファンがつくが、中には熱狂的なファンがおり、信者と呼ばれる。

信者は動画についた批評に対し、それが批評か罵倒かを区別せず「文句があるなら見るな」とコメントすることがしばしば見られる。しかし、これがまさに荒らしコメントであり、信者の盲目な礼賛コメント・批評排斥コメントが荒れる一因になっている。

信者は理解していないのであろうが、動画が荒れる原因にしばしば荷担していることは、強く意識すべきだろう。

  • 工作

また、人気のうp主の動画には、しばしばアンチにより工作がなされていると疑惑がかけられ、攻撃対象になることがある。

工作の多くは信者によるもので、「自分の好きな動画を他の人にも見てもらいたい」という考えでなされたのかもしれない。しかし、そもそも工作を嫌う風潮があることに加え、アンチに攻撃の口実を与えていることになっている。

もっとも、だいたいの場合は工作はあくまで「疑惑」にすぎず、果たして本当に工作がなされているかも怪しいものはある。

なお、その代表格が「メルト」で、自演問題以降しばらく忌避されていた「歌ってみた」のうpは、同12月に一躍人気となった「メルト」がひとつの契機となって復活した。
しかし、「メルト」の「歌ってみた」や「弾いてみた」が本動画とともに多数ランキングに入ったいわゆるメルトショックが発生。自演騒動の時も言われていた「工作」がなされているとの批判が再燃した。

  • まとめ
いずれにせよ、アンチの多さは、これらの事件を経た結果であろう。

現在はうやむやになり、また「歌ってみた」自体が再び多数うpされるようになったが、ランキングに入るような人気動画はしばしばアンチと信者の応酬により荒れることになる。

もっとも、「歌ってみた」をうpするうp主というのは、それなりに自己顕示欲が高い(悪い意味ではない)し、本人による工作やら自演やらはある程度仕方ないと思うのだけど。
自演が発覚したら、ウィキにでもまとめて晒すだけ晒して後は生暖かい目で見ればいいんじゃないかなぁ。
信者の人も、いちいち過剰反応せず、また、純粋な批評をも排斥するのはどうだろうか。

ま、書いて意味があるならはじめから荒れたりしないような気はするが・・・

関連項目



動画検索

下位分類タグ

  • ボカロオリジナルを歌ってみた  (タグ検索 → 検索結果
  • 歌ってみm@ster  (タグ検索 → 検索結果
  • 東方を歌ってみた  (タグ検索 → 検索結果
  • 歌ってみたマクロスF  (タグ検索 → 検索結果

1.jpg

動画


  • sm6674325 【4歳の娘が】ワールドイズマイン【頑張ったよ】


お祭り

その他

2.jpg


-
-