黒き呪縛は灰色の祝福◆WqZH3L6gH6



  • ??

それは数日前のあるゲームの運営者達の一幕。
もし支給品が何らかの原因で許容以上の効果を発揮したらどうするの?と誰かが訪ねた。
当時その場にいた責任者はこう返した。
その時点、その場にいる責任者次第だと。
質問者は恐る恐る質問を続けた。
それは拙くないかと。
その場の責任者は苦笑しながら言った。責めてどうなるんだい?と。


  • 神威1

ホテルから本能字学園へ、そして駅までの道のりを走破した神威は、息を整えると身近の掲示板を見る。
時刻は既に夜10時を過ぎている。だが、これくらいの時間なら間に合うと神威は思った。
若干強い風が吹いた。冷たい風だ。
手に持った袋から声が聞こえる。
彼は袋から小さく大雑把に切り取られたクリアファイルを出し、青のルリグ ミルルンに声を掛けた。

「今度は何だい?」

透明色のファイルに挟まれたルリグカードは訝しげな面持ちで口を尖らせながら返答した。

「さっきの校庭の死体あったるん?」

神威は小さく頷く。

「それで……ここにも死体があるるん」

数時間前、初めて黒カードからミルルンが開放された場所でもある。
神威は瞬きをしながら意外そうに訪ねる。

「また何か感じたのかい」

ここにあったルリグが感知できる白カードは既に回収済みだ。
少々とはいえ何があるか、海賊として興味があった
ミルルンは頬杖を突きながら、真顔で言う。

「学校のと、ここでの死体、雰囲気が違うるん。さっきまでは不自然に思わなかったけど変るん」

「へぇ……」と神威は好奇からの声を上げ、掲示板に隠されてる遺体へと近づいた。
学校での遺体は間桐雁夜と園原杏里とジャンヌ・ダルクのもの。
彼が危険視していた妖刀が何者かに回収されている以外は変化がない。
ミルルンが気づけた現象も雁夜の遺体から弱い何かが感じるようなくらいのもので、両者の興味を強く引くものはなかった。
2人が本能字学園の校庭でやった事は白カードを回収し、遺体を荷車に乗せちょっと移動させたくらいだ。

ここでは発見がありそうな予感に浸りながら、彼は遺体を見る前にミルルンに質問をした。

「これまで感じた力の中では、ここのは何が近いのかな?」

ミルルンは目を瞬きしながら言った。

「ホテルの……遊技場にあった、あの人形に近い力を感じるるん」

神威は一瞬宙を仰ぎ、手に持った袋を動かしながら2つの遺体を検分する。
彼の瞳が不思議そうに揺れた。


「……どっちがだい」
「神威が今見てる方にきまってるるんっ」

神威は苦笑いに近い笑みを浮かべ、少々途方に暮れたように呟く。


「俺、呪いには詳しく無いんだけどな」
「ミルルンもるん」
「……後回しにしようか?」
「……賛成るん」

彼は力とやらを感じる遺体をもう一度凝視するや、迷わず方向転換し駅へ向かった。
入巣蒔菜だった遺体を、変化があったにも関らず再度放置しつつ。



  • 桂1


『犬吠埼風さんのスマホから書き込んでいます。
 放送までにこちらから連絡出来なければ、先に行くようお願いします。
                   狂乱の貴公子とブランゼルより』




映画館の中を再度探索するは桂小太郎とコロナ・ティミル。
あちこちに点在する大きな穴を確認しながら、桂は思索を続けている。
本来ならスマホで皐月に連絡をした後、旭丘分校に行く予定だったが、それは出来ないでいた。

「電話線はすべて切られているか」

彼は羽織を小さく揺らせながら、穴から覗く電話線を見つつ表情を厳しくさせる。
結城友奈ら勇者達のスマホは同じ勇者スマホで通話出来ないようにされているのを知ったのは、ついさっきの事。
なら施設の電話ならと劇場の電話の使用を試みたが、既に荒らされ電話のみならず大半の映画館の機能が利用できなくなっていたのだ。
そうなると身近な施設で電話がありそうなのは駅となってくる。
同じく勇者スマホを所持する皐月達も同じ状況と見たコロナの提案で、もう少し映画館を調べて見ようと決めたのはその直後だった。
絢瀬絵里達の電話を通じ、こちらへの連絡を待つ為に。
2人は階段を降り、やがて地下への出入り口を発見した。


「……ちょっと失礼しますね」

コロナは自重に耐えきれず崩れた壁の前に立つと、ブランゼルを掲げ魔法を行使する。
破損した壁が固まり、石人形が形成される。
DIOとの戦闘で用いたゴライアスと比べれば小さくデザインが違うゴーレム。
そしてコロナは額に浮かんだ汗を拭い、勇者スマホを操作し変身を解除した。

「何を?」

コロナの行動の意図を桂は尋ねる。
出現した魔法陣も前とどこか違っている。何か無理したのではないか。


「大丈夫です。確認したい事がありまして」

コロナは桂に説明すると、彼はそれに納得する。
桂にはコロナの持つような魔力はないが、一応はそれに習い変身を継続する事にした。

2人は扉を開き、入った。
階段を降りてゆく。
目の前に広がる光景は2人が予想だにしないものだった。
桂の視界にある物体が入り込む。
彼は大きく口を開いた。



――コロナは桂の顔を見る。彼は首を振り、顔を上げる。
彼女は僅かに顔を俯かせると、地下通路を見渡す。
外壁は白く、あのゲーム開始時のあの部屋のようだった。
ゴーレムの両手は崩れている。
コロナは外壁に興味を持ち、強度を確かめるべく壁の破壊を試みたのだ。
繭の居場所を突き止めれば、そこは要塞で多少なりとも破壊活動が必要になると思ったからだ。
しかし、壁には傷一つつかず、ゴーレムの両腕が自壊したのみだった。

コロナは壁の破壊を一旦諦め、せめて材質を把握すべく手に触れた。
壁は依然固く、より大きな力を加えても壊れないかもしれない。そう思わせる不気味さがあった。
先が思いやられる。コロナは意気消沈しそうになるが、それでも自分を奮い立たせた。

「……地下通路があったのは盲点でしたね」

気を取り直したようにそう言うと、コロナは埃の付いた学生服を払った。

「コロナ殿、魔力の調子はどうだ?」

コロナは右掌を握りしめ考え込む。

「回復していってます。桂さんの方は?」

桂はつま先で壁を軽く蹴りながら変わらぬ調子で返答する。

「分からん。だが不調は感じられない」

変身中は魔力の回復がしない。その事を知ったコロナは心配そうに言う。


「れんげちゃんにその事伝えた方がいいですね」

桂は頷く。

「調べた甲斐があったな」

桂はあえては明るい調子で強く言った。

「ですね」

コロナも笑顔で応え……目に着いた物体を見て思わず目を反らした。

『吸血鬼』


――ここは地下通路施設モンスター博物館の出口付近。
桂が威嚇の叫びを挙げたそれは模型と解るような材質で作られていた。
でなければ桂は一目見て破壊に踏み切っていただろう。


「できればもっと沢山の人と見て回りたかったですね」


コロナは嘆息し、桂は首をコキコキ回し出口の方を向いた。
今は駅に向うが先決。全て見て回るには時間が惜しい。
そう未練を残しながら、コロナは桂に続こうとする。

「あれ?」

階段を登る途中、彼女は丸っこい毛玉のような物体を発見する。
地下通路発見の衝撃から気づけなかったのか。
コロナは足早に階段を登り切ると、汚れた物体をそっと拾い上げた。


  • 皐月1

れんげから借りたスマホの通話を切り、現在の持ち主へ返却する。
皐月は白カードの僅かな明かりを頼りにれんげと共に南下を再開した。
脇にはアスファルトで舗装された道路が見える。照明灯は見当たらない。
僅かに乱れたれんげの息遣いを感じながら、皐月はさっきのチャット内容と絵里からの連絡を思い出す。
絵里の無事が確認できた。その上、友奈の仲間であった三好夏凛や、杏里と親しかったセルティと同行していたのは更なる幸いだった。
桂とコロナの無事も伝えられた。
後は平和島静雄達と合流できれば本格的に前進できる。
それだけにより一層の連携の為にも坂田銀時の死は早めにれんげに伝える必要がある。
どのタイミングで言おうか。
桂さんとコロナの使用しているスマホはこちらへの通話は無理だ。

そうなって来ると現状頼れるのは平和島静雄が所持していると思われる端末だが、
北上しているはずの彼らの車が一向に見つけられない。何かあったのか?
少々の焦りを感じつつ、皐月はれんげの方を向く。
れんげはこちらを振り向き、返答を待とうとする。
皐月は「いや、まだいい」と小さく言うと正面に顔を向けた。
彼女が纏う神衣鮮血も安心したかのように小さく動いた。

通話から時間は経っていない。
先程聞かされた、未だに凶行を働いているであろう纏流子を意識しているからだ。
用心に越したことはないが、焦るのは良くない。
何てていたらく。彼女は笑うように息を吐いた。

「おっ」

突如、れんげが声を上げた。
皐月も彼女が見つけた何かを発見する。

「ほたるん!!」

黒い車らしき物体の側で途方に暮れたように座り会話をする2人の男女がいた。
2人もこちらに気づき、女性の方――一条蛍が嬉しそうに立ち上がった。

「れんちゃん……!」

両手を上げて駆け寄るれんげと、とてとてと疲労が残る足取りで近づく蛍。
男――平和島静雄はカードホルダーを手に、一応警戒してるのだろう――周囲を見回しながら早足で皐月の方へ向かった。

皐月はそれを見て、ちょっと怒ったように両手を組んだ。
静雄はバツが悪そうに頭を掻いた。

「鬼龍院皐月……さんか。あー車……がよ」

手にしたカードから女性の声がした。

「生き物とは思わなかったっすねー」
「ああ……」


皐月はその声を一瞬不思議に思った。だがそれは話に聞いたルリグ エルドラと気づき理解。
彼女は両手を腰に当て口元に微かに笑みを浮かべて言った。

「何をやってるんだ、あなた達は」

静雄は両手を繋いで手を振る蛍とれんげを横目で見つつ「すまねぇ」と返答した。

皐月が二の句を継ごうとした時、背筋に寒気が走った。

「な……」

彼女が身を動かす前に、それは聞こえた。


平和島、愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛
静雄、愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛
見つけた、愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛
愛しましょう愛しましょう愛しましょう愛しましょう愛しましょう愛しましょう愛しましょう愛しましょう……
愛しましょう愛しましょう愛しましょう愛しましょう愛しましょう愛しましょう愛しましょう愛しましょう……


「ひっ……」

妖気に当てられたエルドラが短く悲鳴あげた。



  • コロナ

冷たく気持ちいい。そう夜風を感じながらコロナは前向きに足取りを軽くしようとする。
映画館の探索を終えた桂とコロナは駅に向かっていた。
彼女の手には風呂敷があり、中には数時間前にヴァニラ・アイスが手荒に扱ったティッピーの模型が収納されている。
破損とまでは行かなかったが汚れたそれを何となく不憫に思い、余裕があればコロナが洗おうと回収したのだ。

目の前に駅が見える。

「……コロナ殿」

緊張を孕んだ桂の声。
小さく何かが擦れる音がした。
警戒し身体を固くするコロナ。
しかし桂の息遣いが徐々に緊張が薄らいだものに変化していく。

「……お前は」

理由はコロナにも解かった。駅付近にいた男から殺気のようなものは感じられない。
だが同時に桂の声色に険しさらしきものが混じってるのに疑問に思う。
彼女は目を凝らし、男の姿をよく確認しようとする。

「あ、あなたは!」

声が震える。
それは彼女達を散々痛めつけた吸血鬼を力においては圧倒した男だったから。
今の彼の事は絵里を通じて三好夏凛から聞いている。
吸血鬼DIOの居場所が解らぬ以上、ここに居ても不思議でないが……。

カードの様な物を拾い上げた男は2人の前に顔を向け言った。
少年と言ってもいい若い男の声だった。

「……参ったなぁ、あんたと出遭うかぁ」
「戦意は無い、か。……絵里殿の言った通りだな」

感情の抑えた声で桂は呟く。
少年はそれを受け笑うように口元を歪める。

「話があるんだけど……良かったらそちらの子に話して置くけど?」

桂は視線を逸らさず、真剣な面持ちで言った。

「……否、いい」

神威は「へぇ?」と意外そうに返事する。

ぐ……と歯を食いしばる音がした。
神威の目を見据えながら、桂はやや掠れた声言った。

「絵里殿とあいつの選択を無駄にしたくない」
「ふぅん……」

桂は神威の持つカードを見る。

「それに今のお前はDIO以外の相手に全力を出せまい」

神威は虚ろな笑顔を止め、目を閉じ溜息をつくように返した。

「……解っていたか」

コロナは少し緊張を解き、桂の裾を引っ張り何かを伝えるべく神威の持つ袋の方に注目するように目配せする。
神威は笑顔になると袋からルリグカードを出した。

「……!」
「それは?!」
「あれれ、知り合い?」


神威はミルルンに対し無言で頷くと駅の方に踵を返す。

「あ……」

2人が呼び止める前に神威はすかさず提案した。


「発車時刻まではまだ時間がある。それまでホームで話をしようか」



  • 静雄1

「天々座理世……桐間紗路の友人」

皐月の呟きに静雄は深く頷くと、蛍の方に顔を向けた。
蛍は訴えかけるように皐月の目を見た。

『俺が動ければ力になれたんだが』
「未知の力を持つ銃か……」

電話越しで会話した時より濃密な情報交換は終えた。
残りの参加者の危険性もヴァニラ・アイスとセイバー以外はほぼ把握できた。
静雄とエルドラは少し離れた位置を見て憂鬱そうに顔を曇らせる。
地面に一本の刀が突き刺さっているのが確認できる。
れんげが遠目からその刀――罪歌を観察していた。

「我々だと見つからないよう取り押さえるしか無いな」
「そんな……」
『すまんな』

鮮血が蛍に謝意を伝える。
本来なら鮮血はある程度の自律行動を行えるはずだった。
だが制限の為にそれは出来ない。ただの服と見せかけてリゼを取り押さえるのは無理なのだ。

「で、コイツはどういう訳か変わらねえのかよ」

鬱陶しそうに静雄は罪歌を見やる。
静雄の姿に反応した罪歌は皐月をこれまでにない支配力を持って操ろうとした。
だがそれでも支配するに遠く及ばず、皐月自身が静雄から離れ地面に突き刺し事なきを得ている。
その際、黒カードに収納しようとしたがその機能は何故か無かった。


「私はこれに乗っ取られはしない自信はあるが、戦闘で自在に操るとなると難しいな」
「なるべく俺は離れた方がいいって事か」
『解せん』

鮮血は不満そうに罪歌を睨む。
念の為に鮮血の状態をチェックしたのも先程。
その際、鮮血は他の支給品同様黒カードに収納できた。
ちなみに今は皐月は鮮血を着用している。

「……黒カードの仕組みの解明もいずれ必要になるんだ。手がかりを得られたのは悪い事ではない」
「私も解放されたいっすね」

皐月は考える。
纏流子の神衣純潔も黒カードに支配されているのかを。
もし支配がされていたなら無理に引き剥がさなくても解放するのは不可能では無いと。
しかし。

「あの皐月さん」
「ん?」
「流子さんの事」
「向こうから攻めてきたなら、こちらも対応するしか無い」
「だけど……」
「蛍ちゃん」

皐月に詰め寄ろうとする蛍を静雄が止める。

「あいつは止めたって意味ねぇよ」
「なぜ!?」
「……蛍ちゃんが庇ったところで足止めにもならないんだよ」

そのやり取りを聞き、れんげが心配そうに蛍に顔を向けた。
蛍は悲しみと困惑が入り交じった表情で立つ尽くす。
皐月はしばし考えた後、何かに気づいた様子で蛍に言った。

「何か勘違いしているようだが……」
「え?」
「平和島は薄情とか決めつけで君に言ってるのではないぞ」
「それって……」
「平和島、ちょっと模擬戦がしたいんだが、いいか?」
「……構わねえが、大丈夫か」

皐月の身体の他に、蛍への影響も危惧しての発言。

「私は蟇郡の主だぞ、舐めるな」


不敵に皐月は笑う。蛍の精神状態も折り込み済み。
静雄は少し考えた後、エルドラに周囲の警戒をするよう伝え、皐月に向き合った。
皐月が強い事は聞いている。ほぼ基礎能力のみの強者である静雄でも皐月が只者で無いのは伝わる。
蟇郡が守れなかった約束を皐月が果たそうとするのだろうか。

シグニ化した蝙蝠がエルドラの命で再び舞う。
よく分からないままわたわたと2人を止めようとする蛍を、これまたよく分からないまま直感のままにれんげは蛍を押しとどめる。
皐月が地面を蹴る音がした。静雄が反応したのは少し遅れてからの事だった。


  • 桂2

桂とコロナと神威はベンチに座ったまま情報交換と交渉を続けている。
神威が数枚の白カードを桂に手渡した。
その中にはラビットハウス内で死んでいた銀髪の男 ポルナレフの顔もあった。

「全員は調べきれそうに無いから、渡した分はあんた達が調べてくれよ
 俺はDIO相手に集中したいからさ」
「お前……繭を倒すつもりなのか」

驚いたように桂は言う。神威は心外とばかりに言い返す。

「俺は戦いも楽しむけど、同時に繭ちゃんも倒すつもりだったんだ
 その為に情報収集や腕輪の解析も進めなきゃね」
「そうだったんですか……」

コロナが声をわななかせながら、劣等感が混ざった眼差しで神威を見つめる。
ミルルンがそんな彼女達を見て、呆れたようにジト目で見続けている。

「じゃあ、神威……さんは何か手がかりを……」
「まぁ、決め手に欠けるけど幾つかはね。あと呼び捨てでいいよ」
「……信じられん」

桂の声が震える。コロナが泣きそうな声色で言う。

「桂さん……わたし達無力ですね……」
「ねー、帰っていいるん?」
「まぁ冗談はさておき、どういうつもりだ?」
「持て余した情報をお裾分けって感じかな?」

桂は棒状の物体――乖離剣エアを手に持ちながら会話を続ける。

「DIOの動向は伝えたが、その見返りとしては大きすぎる感じだが」
「ああ、地下闘技場にいるかもだっけ?これ俺には扱いにくくてさ、そこの君なら使えるんじゃないかな?」

コロナはハッっとした様子で宝具を見た。
今の自分には扱えそうにないが、魔法の心得がある自分なら神威や桂よりは有用に使えるかも知れない。

「DIOを過小評価し過ぎてないか、それに敵は奴だけでは……」
「それは心配する事ではないだろ」
「……お前」

旧友の仇を前にしても、一切の怒りを見せなかった桂の表情に初めて怒りの色が浮かぶ。
桂の羽織の裾をコロナがぎゅっと握った。

「小湊るう子ちゃんだっけ?彼女の悪いようにはする積もりはないさ」
「…………俺達と同行はできないのか?」
「それはできないね。理由はあんたには言うまでも無いだろ?」
「そうだな。しかし詰まらない事でお前は命を落とす気か」
「……あいつを倒せるなら詰まらなくはないさ」

神威の声に少しだが怒りの色が孕む。

「準備くらいは充分に整えたらどうだ?」
「? 俺は充分に整えた積もりだけど」


「いいや、整えていない。お前がDIOや繭以外の敵に倒されるという詰まらない結末の恐れがまだまだ残っている」
「うるさいなぁ。そんなにあいつの命を無駄にしたくないのかい」
「そうだ。あいつの命を終わらせた貴様の終わりは、こんな場所などではない」
「……あいつと一緒にケリを着けたいと言う事かな?」

そのあいつは銀時ではなく、神威とも関係があるもう1人の幼馴染というのが神威に解った。

「……単純な命のやり取りで終わらせる積もりはない。
 もっと訳の分からないドロドロとした状況で話を着けてみせる」
「……その状況っていうのは解んないけど、もし、そうなったら春雨も相手だからアンタに勝ち目なんか無いと思うけど」

王の財宝を片手に自らの肩をトントンと神威は叩く。挑発するように。

「いーや俺が勝つさ」
「あの……」
「むかつくなぁ。邪魔する気?」
「フッ……」

風を切る音がし、金属が擦り合う音がした。
空気が爆ぜた重圧をコロナは感じた。

「……」
「詰まらない終わりには腹が立つのだろう、お前も」
「誰の事を言ってるんだかね……」

攻撃を受け流した桂を見ながら、神威は凄絶な笑みを浮かべながら該当する人物を当てはめようとする。
妹……は納得できないから除外するとして、他は眠りながら殺された少女と助けられたのにすぐ死んだ宇治松千夜の姿が浮かぶ。
どちらかは決められそうもない。となると……。
神威は疲れた口調で手をひらひらとさせて、宝具を収める。

「本気でやったんだけどなぁ……。なまっちゃったか」

神威は手の痺れを感じつつ自嘲する。
桂は淡々と晴嵐を鞘に収めた。

「お前が弱くなっただけだ」
「友奈ちゃんが使ってたアレを使って言えることなのかな」
「使わずともさっきの一撃は防いで見せたさ」
「……いいさ、準備をもっと整える事にするよ」

神威は無理に納得した様子でベンチに座り、コロナの方へ顔を向けた。

「で、そちらはどう?」

殺気立った先ほどと違い、からかう様子で神威は言い、桂が気まずそうに答える。

「……手持ちの品が少なくてな、現地調達品でやりくりしている最中だ」
「へぇ」

神威はニヤニヤしながら考えを巡らせる。
当初は絵里から譲渡された支給品の大半を渡して、さっさと北西に向かおうと思ったが、ああいう悶着をした手前素直に渡すのも何か釈然としない。
そうなると先に見せるのはあれがいいか。
神威は自らに支給された黒カードを一枚取り出した。

「むっ」
「俺には不用だと思って取っておいたんだけど、使う覚悟はあるかな?」
「どういう事ですか?」

尋ねるコロナに神威は真顔で渡す。

「品が品だ、よく考えて使うかどうか判断しなよ」


コロナは渡されたカードの裏面を見る。
彼女の目が軽い驚きで見開く。
その時、桂のスマホが振動した。



  • 皐月2

蛍が呆けたように岩に座り込んでる。
れんげが顔の前に手を振りつつ声を掛け続けている。
程なくして、蛍は我に返り、ぎこちない笑顔でれんげに応じた。
周辺の幾つかの岩や木が切断、あるいは粉砕されている。
静雄と皐月の所謂超人バトルを目撃したのは蛍にとってそれは初めての事。
刺激が強かった。例え、それが静雄の暴力を皐月がいなし続ける内容だったとしても。
身を挺したくらいで流子の殺人行為は止められないどころか、なんにもならないのは明白。
静雄が少々疲れた様子で水を飲んだ。

そんな彼女彼を他所に皐月と連絡先の桂の会話は続く。

「車を入手できたのか?」
「ああ、うん」
「? どうした歯切れが悪いな」

電話の向こうの桂の説明がされる。
皐月は渋い顔になった。


「…………これは考えものだな」
『皐月殿、そちらはどうだ?』
「あるにはあるんだが。生き物だったらしくてこれまでのダメージが蓄積されて休ませないといけないんだ。
 それに乗用車として利用するにしてはライトがなくて不便でな」

セルティの愛馬であるコシュタ・バワーの事である。
本来ならこれまでの静雄の暴力によるダメージでも大したものでは無かったのだが。
制限で相応にダメージを受けていたのが発覚し、これ以上の使用に躊躇せざるを得ないの状況だ。
それは蛍とエルドラの提案でコシュタ・バワーをシグニ化できないかで試行した際に明らかになった。


『仕方がない。俺達は……』
「……ああ、無理はするなよ。もし、纏流子や天々座理世を発見したら……」
『了解だ、皐月殿』
「……あ、待ってください」

慌てて蛍が皐月の元に駆け寄る。そして桂達に皐月が伝えたのとほぼ同じ要望を伝える。

「空条承太郎さんと……風見雄二さんもお願いします」
「解りました一条さん」

桂の代わりにコロナが返答した。そして電話が切れた。
皐月は地面に突き刺した罪歌を拾う。
静雄がそっと近づく、罪歌が活性化するが所持者に依然支配は及ばなかった。

「……さて平和島、少し離れてくれないか?」
「ああ」

罪歌を刺激させないべく静雄は移動を開始する。
男の足音と軽やかな少女の足音が交差した。
皐月の手には罪歌の他に蛍に渡された裁縫セットが有った。
罪歌が活性化すれば戦闘時のコントロールが困難になってくる。
針目縫戦のように鮮やかに形状変化させての使用など望めない。
だから静雄を遠ざけた。
皐月は視線を下に落とした。
皐月の側に移動したれんげが治療魔法の準備をしている。

れんげが勇者の変身を解けば、皐月の切り傷を縫っている緑の糸が消える。
その前にれんげは再び治癒魔法を掛けて皐月の切り傷を更に癒やす。
その際、もし完全に癒えなかった場合に備えて、再出血しないよう再度罪歌を針に変化させて実体のある糸で縫おうというのだ。

変身を解かせるのはれんげの魔力の回復の為。
そのままだと治癒魔法は後1、2度の行使が限度。今後の事を思うと拙いし、れんげ自身の身体も心配になってくる。

「平和島さん、大丈夫ですか?」
「俺は問題ねえ」

2人の会話を耳にし、皐月はふと再考する。
よく見れば静雄の流子から受けた傷も浅くはない。
救助活動はまだしも戦闘において、静雄の力は実に有用だ。
治癒魔法で癒やすのは静雄を優先すべきではないか。
こちらの傷は実体のある糸で縫えば、当面は問題ないくらいの状態にまで改善している。
そう思案をし皐月は結論を出した。



  • 桂3

螺旋状のサイドポニーをした人形の頭部を手に抱え、コロナはそれを見つめている。
数時間前、DIO討伐の為ホテルを捜索した神威の戦利品。
麻雀卓に座らされていた、3体の人形の内1体。
ミルルン曰く、結構な力を感じたから取ってきたとの事。
また同様の魔力を放つ物体――遺体が北の駅付近にもあり、その遺体には異様な変化を遂げていたとの情報も神威によってもたらされた。

桂は一枚の白カードを見つめる。
短めのツインテールの少女――入巣蒔菜のカード。
名は知らないが、神威がかねてから興味を持ったという件の遺体の少女。
これらの怪情報が繭打倒の手がかりになるのか?桂はそう思った。

「桂さんどうしました?」
「いや、何でも無い。コロナ殿本当に良かったのか?」
「……やだなぁ、背に腹は変えられませんよ」
「う、うむ。油断はしないようにな……」

彼らが乗っているのは高性能ジープ。譲渡された神威の支給品の一つ。
コンピューター制御で悪路も難なく走行できる代物だが、使用するのに条件がある。
それは。

「使用には参加者の命を一生共有とはな……」
「大丈夫ですって……殺し合いの破壊が出来れば解決ですし」

表情は明るく、ただし冷や汗をダラダラ流しながらコロナは言う。
神威がこの支給品をこれまで使わなかったのは自分じゃすぐ壊すからと判断しての事。
廃棄せず取っておいたのは、闘技場での戦いの前は頭脳明晰な対主催を利用する為の材料に使えると思ったから。
桂は内心ビクビクしながら車を発進させた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【G-4/北/夜中】

【鬼龍院皐月@キルラキル】
[状態]:疲労(小)、全身にダメージ(中)、袈裟懸けに斬撃(回復中)
[服装]:神衣鮮血@キルラキル(ダメージ小)
[装備]:バタフライナイフ@デュラララ!!、罪歌@デュラララ!!
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(5/10)、青カード(8/10)
    黒カード:片太刀バサミ@キルラキル
    白カード:針目縫
    針目縫の腕輪、鉛筆2本
[思考・行動]
基本方針:纏流子を取り戻し殺し合いを破壊し、鬼龍院羅暁の元へ戻り殺す。
0:転移装置使用の為、分校に向う。途中妨害や探し人(承太郎やリゼ)に遭えばそっちの解決を優先する。
  可能な限り、別行動の仲間と連絡をする。
1:れんげの治癒魔法を自分か静雄どちらを優先させる。
2:れんげに銀時の死を伝える。
3:鮮血たちと共に殺し合いを破壊する仲間を集める。
4:纏流子を取り戻し、純潔から解放させる。その為に、強くなる。
5:ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲を調べてみたい。
6:襲ってくる相手や殺し合いを加速させる人物は倒す。


[備考]
※纏流子裸の太陽丸襲撃直後から参加。
※静雄との合流前に絵里達から連絡を受けました。
※罪歌を支配しました。支配した場合の変形は身体から実際の刀身以上までの範囲内でなら自由です。
 ただし静雄が付近にいればコントロールが困難になります。その場合でも支配はされません。
 黒カードの制限から解放されました(理由は現状不明)
※静雄との会話で蟇郡が流子に殺されたらしい事を知りました。
※静雄と模擬戦を行いました。


【宮内れんげ@のんのんびより】
[状態]:魔力消費(中~大)、勇者に変身中
[服装]:普段通り、絵里のリボン
[装備]:アスクレピオス@魔法少女リリカルなのはVivid 、犬吠埼樹のスマートフォン@結城友奈は勇者である
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(8/10)、青カード(9/10)
    黒カード:満艦飾家のコロッケ(残り三個)@キルラキル
    飴の入った袋(残り8割)
[思考・行動]
基本方針:うちも、みんなを助けるのん。強くなるのん。
1:銀さん、えりりん心配のん。
2:ほたるんにあえてうれしいけど、しんぱい。
3:あんりん……ゆうなん……。
4:きんぱつさん、危ないのん?
[備考]
※魔導師としての適性は高いようです。 魔術師的な感覚も備わり始めました。
※放送を聞いていません。
※樹の勇者スマホに臨也のスマホとラビットハウス、ゲームセンター、映画館、万事屋銀ちゃんの電話番号が登録されました。
※変身を解除しない限り魔力は回復しません。回復魔法の使用は現状あと1、2回が限度です。
※静雄と皐月の模擬戦を観戦しました。


【平和島静雄@デュラララ!!】
[状態]:遊月を死なせた自分への怒り(中)、全身にダメージ(中)
[服装]:バーテン服、グラサン
[装備]:ブルーアプリ(ピルルクのカードデッキ)@selector infected WIXOSS
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(18/18)、青カード(12/18)
    黒カード:縛斬・餓虎@キルラキル、 コルト・ガバメント@現実、軍用手榴弾×2@現実、
         コシュタ・バワー(ダメージ中、回復中)@デュラララ!!、不明支給品0~1(本人確認済み)
    白カード :紅林遊月、衛宮切嗣、ランサー
    自分と蛍の換えの服(上下1~2着分)@現地調達、蛍作のカードホルダー

[思考・行動]
基本方針:あの女(繭)に報いを与えたい。殺す発言は極力しないように心がける。
  0:皐月達と分校に向う。
  1:蛍を守りたい。強くなりたい。
  2:小湊るう子を保護する。
  3:2を解決できたら蟇郡を弔う。
  4:リゼが気がかり。
  5:余裕があれば衛宮切嗣とランサーの遺体、東條希の事を協力者に伝える。

[備考]
※一条蛍、越谷小鞠と情報交換しました。
※東條希の事を一条蛍にはまだ話していません。
※D-4沿岸で蒼井晶の遺体を簡単にですが埋葬しました。
※D-4の研究室内で折原臨也の死体と桐間紗路の近くに臨也の不明支給品0~1枚が放置されています。
※校庭に土方十四郎の遺体を埋葬しました。
※H-4での火災に気付いています。 遊月を埋葬した時点では拡大も鎮火もしていないようです。
※G-4とH-5の境界付近で紅林遊月を簡単にですが埋葬しました。
※ピルルクの「ピーピング・アナライズ」は(何らかの魔力供給を受けない限り)チャージするのにあと1時間かかります。
 まだ寝てます。
※皐月と模擬戦を行いました。その際に岩や樹がいくつか破壊されました。


【一条蛍@のんのんびより】
[状態]:全身にダメージ(小)、精神的疲労(中)
[服装]:普段通りに近い服@現地調達
[装備]:ブルーリクエスト(エルドラのデッキ)@selector infected WIXOSS、蝙蝠の使い魔@Fate/Zero(シグニ化?)
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(17/20)、青カード(18/20)
    黒カード:フルール・ド・ラパンの制服@ご注文はうさぎですか?、カッターナイフ@グリザイアの果実シリーズ、
    ジャスタウェイ@銀魂、折原臨也のスマートフォン(考察メモ付き)
    ボゼの仮面咲-Saki- 全国編、赤マルジャンプ@銀魂、ジャスタウェイ×1@銀魂、     
    超硬化生命繊維の付け爪@キルラキル 、およびM84スタングレネード@現実
    越谷小鞠の不明支給品(刀剣や銃の類ではない)、
    白カード:越谷小鞠
    筆記具と紙数枚+裁縫道具@現地調達品 、蛍作のカードホルダー

[思考・行動]
基本方針:誰かを死なせて悲しむ人を増やしたくない。自分の命についてはまだ分からない。
   1:平和島さんと皐月さんに付いて行く。
   2:どうにかしてリゼさんを含めた仲間達を助けたい。   
   3:主催者と遭えたら話をしてみたい。
   4:折原さんがどんなに悪い人だったとしても、折原さんがしてくれたことは忘れない
   5:何があっても、誰も殺したくない。

[備考]
※セレクターバトルに関する情報を得ました。ゲームのルールを覚えている最中です。
※『越谷小毬殺人事件の真犯人はDIOである』という臨也の推理(大嘘)を聞きました。現状他の参加者に伝える気はありません。
※衛宮切嗣が犯人である可能性に思い至りました。
※折原臨也のスマートフォンにメモがいくつか残されていることに気付きました。 現状、『天国で、また会おう』というメモしか確認していません。
 他のメモについては『「犯人」に罪状が追加されました』『キルラララララ!!』をご参照ください。また、臨也の手に入れた情報の範囲で、他にも考察が書かれている可能性があります。
※静雄と皐月の模擬戦を観戦しました。

※エルドラの参加時期は二期でちよりと別れる少し前です。平和島静雄、一条蛍と情報交換しました。
 ルリグの気配以外にも、魔力や微弱ながらも魂入りの白カードを察知できるようです。
 黒カード状態のルリグを察知できるかどうかは不明です。
※現在、蝙蝠の使い魔はエルドラと感覚を共有しています。





【H-6/道路/夜中】

【桂小太郎@銀魂】
[状態]:胴体にダメージ(小) 、勇者に変身中
[服装]:いつも通りの袴姿 、高性能ジープ@現実?
[装備]:風のスマートフォン@結城友奈は勇者である
    晴嵐@魔法少女リリカルなのはVivid
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(17/20)、青カード(17/20)
    黒カード:鎖分銅@ラブライブ!、鎮痛剤(錠剤。残り10分の9)、抗生物質(軟膏。残り10分の9)
    白カード:長谷川、ポルナレフ、蒔菜、心愛、雁夜、杏里、ジャンヌ
[思考・行動]
基本方針:繭を倒し、殺し合いを終結させる
1:皐月達を先に分校に向かわせ、自分達は他の参加者との合流、または危険人物を無力化させるべく動く。
  放送が過ぎるか、あるいは皐月達が分校にいけなくなった場合は何らかの方法で北西を目指す。
2:コロナと行動。
3:殺し合いに乗った参加者や危険人物へはその都度適切な対処をしていく。
  殺し合いの進行がなされないと判断できれば交渉も視野に入れる。用心はする。
4:入巣蒔菜の遺体の異変や小走やえ人形について調べる。
5:スマホアプリWIXOSSのゲームをクリアできる人材、及びWIXOSSについての(主にクロ)情報を入手したい。
6:金髪の女(セイバー)に警戒
7:勇者スマホの性能をもっと調べる。
[備考]
※【キルラキル】【ラブライブ!】【魔法少女リリカルなのはVivid】【のんのんびより】【結城友奈は勇者である】の世界観について知りました
※ジャンヌの知り合いの名前とアザゼルが危険なことを覚えました。
※金髪の女(セイバー)とDIOが同盟を結んだ可能性について考察しました。
※勇者に変身した場合は風か樹の勇者服を模した羽織を着用します。他に外見に変化はありません。
 変身の際の花弁は不定形です。強化の度合いはコロナと比べ低めです。
※入巣蒔菜(名前は知らない)の遺体の異常とホテル内の様子を神威から伝えられました(詳細は後続の書き手さんにお任せ)。

※神威と別行動を取った場合、彼の支給品を譲渡されている可能性があります。

【コロナ・ティミル@魔法少女リリカルなのはVivid】
[状態]:胴体にダメージ(小) 、ちょっとドキドキ、高性能ジープ(支給品)と命を共有
[服装]:制服
[装備]:友奈のスマートフォン@結城友奈は勇者である
    ブランゼル@魔法少女リリカルなのはVivid 、
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(16/20)、青カード(17/20)
     黒カード:トランシーバー(B)@現実、勇者部五箇条ポスター@結城友奈は勇者である
     ティッピーの模型(汚れている)、小走やえ人形の頭部
[思考・行動]
基本方針:殺し合いを終わらせたい。
1:桂さんと行動。
2:桂さんのフォローをする。
3:入巣蒔菜の遺体の異変や小走やえ人形について調べる。
4:金髪の女の人(セイバー)へ警戒
5:高性能ジープと命を共有したことにちょっと後悔
[備考]
※参戦時期は少なくともアインハルト戦終了以後です。
※勇者に変身した場合は友奈の勇者服が紺色に変化したものを着用します。
 髪の色と変身の際の桜の花弁が薄緑に変化します。魔力と魔法技術は強化されません。
※高性能ジープと命を共有しました。修理不可まで破壊された場合彼女は死にます。
※入巣蒔菜(名前は知らない)の遺体の異常とホテル内の様子を神威から伝えられました(詳細は後続の書き手さんにお任せ)。
※小走やえ人形の頭部を神威から譲渡されました。多少の魔力を有しています。
※地下施設 モンスター博物館からティッピーの模型を回収しました。

※神威と別行動を取った場合、彼の支給品を譲渡されている可能性があります。




【?/?/夜中】※G-6の駅のホームか、H-6/道路で桂と同行。
【神威@銀魂】
[状態]:全身にダメージ(小)、頭部にダメージ(小) 、宇治松千夜の死に対する苛立ち(小)
    よく分からない感情(小)、桂小太郎への苛立ちと対抗心(小)
[服装]:普段通り
[装備]:王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)、ブルーデマンド(ミルルンのカードデッキ、半分以上泥で汚れている)
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(24/30)、青カード(24/30)、電子辞書@現実
    黒カード:必滅の黄薔薇@Fate/Zero、不明支給品0~1枚(初期支給)、不明支給品1枚(回収品、雁夜)
    黒カード(絵里から渡されたもの) :麻雀牌セット(二セット分)、麻雀牌セット(ルールブック付き)、不明支給品(銀時に支給、武器)
                      ウィクロスカード大全5冊セット、アスティオン、シャベル、携帯ラジオ、乖離剣エア
    白カード:友奈、風、樹(切れ込みあり)

[思考・行動]
基本方針:DIO討伐、その後の事は現状未定
0:G-6駅で電車を待つか 、桂達と同行するか。
1:気が向けば見どころのある対主催に情報や一部支給品を渡したい。
2:眠り姫(入巣蒔菜)について素性を知りたい。ただしあまり執着はない。
[備考]
※DIOおよび各スタンド使いに関する最低限の情報を入手しました。
※「DIOとセイバーは日が暮れてからDIOの館で待ち合わせている」ことを知りました。
※DIOの館は完全に倒壊させました。
※大まかですがウィクロスのルールを覚えました。
※ルリグは人間の成れの果てだと推測しました。入れ替わりやセレクターバトルの事はまだ知りません。
※樹の白カードに切れ込みがあるのを疑問に思っています。
※入巣蒔菜の遺体の異常を確認しました。多少の魔力の他に明らかな変化があります(詳細は後続の書き手さんにお任せ)
※ホテルの遊技場に強大な力(魔力)があるのを発見しました。
※ミルルンのルリグカードは別途クリアファイルに挟まっております。

※白カードは通常は損壊、破壊する事は不可能です。すぐ復元されます。
 (ジョジョ6部の各種DISCみたいな感じ)
※友奈、風、樹のカードは他参加の白カードより強い力を発しているようです。

※桂とコロナと別行動を取った場合、神威の支給品の幾つかが譲渡された可能性があります。


【高性能ジープ@現実?】
神威に支給。現実世界で考えうる限り最高級の性能を持つ車体。
危険回避にそこそこ以上のコンピューターが使われている。多少の悪路は平気。
ただしカーナビなどロワ進行に不都合な機能は停止させられている。
使用には生きてる参加者の白カードで認証する必要があり。一度登録すると一生車と命を共有しなければいけない。
車が修理不能にまで大破すると認証した参加者は死ぬ。一生解除できない。
認証した参加者が先に死亡すれば、使用不可となる。再起動には生きた別の参加者の認証が必要。


【桂&コロナ、神威、皐月&れんげ&静雄&蛍の共通認識】

※衛宮切嗣の遺体とランサーの生首は埋葬されました。影響はありませんが両者の遺体からは差異はあれど魔力が残留しています。
※旭丘分校からの転移先は本能字学園の校庭です。装置に関する説明文の有無や細かい場所は後の書き手さんにお任せします。
※IDカードは針目縫との空中戦の折紛失しました。現在D-4かD-5の海上に落ちている可能性が高いです。
※【キルラキル】【ラブライブ!】【魔法少女リリカルなのはVivid】【銀魂】【結城友奈は勇者である】
 【デュラララ!!】【selector infected WIXOSS】の世界観について知りました 。
※金髪の女(セイバー)とDIOが同盟を結んだ可能性について把握しました。
※一条蛍(I)の書き込みまでチャットを確認しました。
※IDカードから転送装置の存在と詳細を知りました。
※参加者の時間軸がずれている可能性を認識しました。
※地下通路とモンスター博物館の存在を知りました。
※ヴァニラ・アイスとセイバー以外の現参加者の大まかな人物像を把握しました。
※黒カードによる支給品の制限を大体把握しました。
※エルドラとピルルクのルリグカードは一条蛍作の透明のカードホルダーに収納されています。
※コシュタ・バワーが生物でダメージを受けてるのを知りました。


時系列順で読む

Back:目覚めたその部分 Next:[[]]

投下順で読む

Back:目覚めたその部分 Next:[[]]

196:有為転変 鬼龍院皐月 :[[]]
196:有為転変 宮内れんげ :[[]]
196:有為転変 平和島静雄 :[[]]
196:有為転変 一条蛍 :[[]]
197:Lostheart(hurt) distorted ROYAL 桂小太郎 :[[]]
197:Lostheart(hurt) distorted ROYAL コロナ・ティミル :[[]]
183:追う兎 神威 :[[]]