目覚めたその部分◆WqZH3L6gH6



❖?と??達

何日か前。天気は曇り。
真っ白な洋室で何人もの年配の男と2人の少女がテーブルを囲んで雑談をしている。
テーブルの中央には小道具があった。今は休憩時間。あるゲームの。
男達は時折少女の機嫌を伺いながらそれぞれの仕事についても話し合い、
特徴的な髪型をした朧気な少女はそれに耳を傾けながら数枚のカードを見つめていた。
残されたもう1人の少女は居心地が悪そうにしつつ、一冊の本を読んで気を紛らわせている。

休憩時間が残り3分になった時、窓のような扉から1人の男が入室してきた。
一同は男に視線を向け報告を待つ。
男はその部屋の中にいる者――本を持つ少女を除いて明らかに立場が下の者。
男は挨拶を一通り終えるや、抱えた紙束の中から正確に報告書を選別するやその内容を告げる。

朧気な少女は報告に眉をひそめつつも眼は好奇に彩られた。
男達は1人を除いて神妙な顔で報告を聞き、例外の老齢の男も顔をひきつらせながらも黙って報告を聞いている。
報告を終えると、男達は苦笑と取れるような曖昧な表情で顔を見合わせた。

一番立場が上の男は朧気な少女に顔を向け、意見を求める。
朧気な少女は手を顎に当てしばし考え、答えが閃くや入室した男に声を掛けた。
もう1人の少女は尚もこの状況に慣れる事無く、ただただ困惑をし続けていた。


  • 雄二1

山を器用かつ俊敏に駆けながら、風見雄二は一瞬後ろを振り返る。
当面の敵、蟇郡によれば纏流子という名の敵が誤って炎上させた車の煙が空に昇っているのが見えた。
先程までの突き刺すような殺気が迫る気配は無い。

爆発に巻き込まれて追撃できなくなったか?
……などと物事を楽観視できるほど雄二の頭は目出たくない。
更なる体力の消費を覚悟しつつ神経を聴覚に集中させる。

「……」

今は迫る気配はないようだ。
彼は黒カードから腕輪探知機を出し起動させた。
現在地はG-4の山の低所、腕輪の数は一つ。
纏流子はまだ立ち止まっているようだ。
彼は速度をやや落とし、今後の事を深く考え始める。
優先すべきは空条承太郎を始めとする仲間との合流と、もう一人の敵、騎士王――セイバーとの戦いへの加勢。
彼は赤カードからゼリーを現出させ口に入れ、補給をしながらどうすれば戦いを有利に運べるか思案する。

「……!」

油断なく目を配らせていた腕輪探知機の腕輪の数が2に増えたのに気づいた。
緊張を他からのものと錯覚せぬよう、気持ちを落ち着かせ神経を集中させる。
雄二はまたもや速度を上げると、何メートルか横に移動し敵からの逃走を再開した。
微かだがまた死の匂いがしたから。

「……」

武器のベレッタM92の弾丸が尽きた今、雄二が単独で流子に勝てる見込みは殆ど無い。
彼女が着用している装甲服のようなものは露出部分を狙わぬ限り、銃弾でさえ通さない防御力を保持し、
どういう理屈か力なのかは知らないが銃撃をも傘などで弾く技術のようなものさえ持つ。

それにムラはあれど彼女の攻撃も、まともに喰らえば一撃必殺と言っても過言で無いくらい威力があるもの。
自動小銃のキャリコM950では弾数が少ない上に、取り回しにやや不便で狙撃も困難。
余程の策を持ち要らない限り戦う事さえままならないだろう。
せめて短剣があればと彼は思い山を駆ける。

「……?」

探知機の数は変わらない。
だが追手との距離が開いているような気がしないでもない。
先の戦闘で彼は彼女の左太ももに銃弾を撃ち込んでいる。
この事が原因で彼女の走行速度が落ちたと解釈はできるが、彼の見解は違う。
戦闘の直前、人間離れした勢いで飛空しながら突っ込んで来たのを彼は覚えているから。
その上、彼女は損壊した眼球をも1分も経たずに再生させた針目縫の妹と名乗っていた。
同族なら針目と同等の異常再生力を持っていてもおかしくないし、
それを見越せば被弾した弾丸の摘出も容易に実行できるだろう。

もし仮に再生能力がそれ程でなくても、先の襲撃手段を用いれば――たとえ脚を損傷していても
一気にこちらへの距離を詰める事ができるはず。何故しない?
そう疑問を抱きながら、彼は敵への対応策を練りつつ北上を続けた。

「……」

しばらくして、下腕輪探知機の腕輪の数が1に減じた。
背後に危険な気配はない。

「!」

横目に茶色い建物が目に入る。
雄二は方向転換をし、注意を怠らぬよう身構えつつ山小屋の方へ走った。


  • 流子1

纏流子は抑えきれぬ苛立ちを募らせながら走る。標的の風見雄二を殺す為に。
だがその速度は先の気絶から覚醒した時からと比べ明らかに遅く、進路も徐々にずれてゆき、
このまま行けば完全に見失ってしまうのは時間の問題だった。

「……」

ギリッ……と歯ぎしりをしながら流子は速度を落とし思案を始める。
まず流子は飛行形態で追跡しようと考えたが、ある事に思いあたりやめる。
言動はどうあれ彼女も雄二や承太郎を侮れない敵と見なしている。
もし仮に強力な飛び道具を持っていたらと警戒しての判断だった。
遮蔽物が無いなら回避してやるが、こういう場所だと承太郎の全力に匹敵する攻撃を空中で回避するのは無理だろう。

彼女は表情だけでも落ち着かせると自らの神衣の袖を目を細めて見た。
小さな焦げがあった。それは炎上した車から脱出する際ついた焼け跡。

「があッ!」

彼女は地団駄を踏み、怒りで身体を震わせる。
車を誤爆させた時の火の粉が付着したのだろう、生命繊維からの快楽に酔いしれている流子にとってその事実は恥ずべき事。
森林に八つ当たりしたい衝動を抑え、どうすれば雄二を発見できるか知恵を働かせる。
彼女は左肩・左太ももを見た。埋め込まれた弾丸はいまだ体外に排出されずにいる。

「どうなってんだ……これは!?」

そう、生命繊維の化物と化した流子にしてみれば、今の状態は今後の活動に差し支えがあるほどおかしい事。
先のセイバーとの戦いの際、彼女は昏倒するまでの重傷を負った。それも傷口から魔力を放出されるという髄まで及ぶ程の。
そんなダメージを流子は3時間未満の睡眠で全快してのけた。
なのに針目縫との戦闘後それ以上の休憩を取ったに関らず、蟇郡との戦闘からのダメージさえも回復しきっていない。
ゲーム序盤の皐月戦でのダメージからの回復具合からしても、明らかに回復速度が落ちている。

流子は顔を上げ睨みつけるように空を見上げる。
縫が言っていた主催から課せられた能力制限を嫌でも思い出してしまう。
最後に殺す相手と決めている繭の存在がここに来て更に強く印象つけられる。
彼女は忌々しそうに2つの銃創を睨み続けていた。


  • 雄二2

雄二は今、アナティ城付近の山小屋の中にいる。
先程、キャリコM950から一発の銃弾が発射された。
銃身には数枚のタオルが簡易に巻かれており、いずれのタオルには銃痕がある。
元から発射音は大きい方ではなかったが、雄二は小屋の破損部分から目当てのものをいくつか回収する。
破れたタオルは処分し、入手した間に合わせの武器は接近戦で使おう。徒手よりはましだ。
彼は窓の外を見る。

「……」

流子らしき気配や物影はなく、腕輪探知機の表示にも変化はない。
治療に役立ちそうなタオルなどは回収し終えた。
小屋には他に刃物を突き立てたような刺し傷が床に数か所ある他、微量だが血痕も発見。
擦ると跡形もなく消えた不思議な現象があったが、雄二にとってもう用はない場所。
早く離れねばと考える。
雄二が知る由はないがその小屋は早朝に針目縫が立ち寄った小屋だった。

雄二は鉛筆サイズの金属片数枚と木片数枚を仕舞うと、早急にその小屋を離れ北へ向かった。


  • 流子2

左肩と左太ももの痛みを意識しながら流子は北へと走る。速度はそのまま。

「……」

流子はさっきその場で弾丸を摘出するのを考えいた。
手術の中、襲撃でもされたら面倒と思い止めたのだ。
いずれの銃弾も深く食い込んでいる、独りである以上屋外での手術は避けようと彼女は判断した。

「!」

流子は小屋を発見した。雄二がいる可能性に気づき思わず口元を歪ませる。
だが、すぐに表情を引き締めると、走行を止め小屋の壁に聞き耳を立てた。
仮に家に入った所で長居する程奴は暢気でないと思えたから。

「……」

気配は感じない。
もっとも他参加者がいた所で神威とセイバー以外はブチ殺すだけだが。
そう思いながら流子は小屋の中に入る。

内部はテレビなどはなく、最低限の生活が出来る程度の物品しか見当たらない。
流子の目からして床にある幾つかの刺し傷と、ある一箇所以外は何の変哲のない家に過ぎなかった。
彼女は落胆したように息を吐いた。だが好都合と気持ちを切り替え、適当にタオルを2枚掴んで腰を下ろす。
青カードからペットボトルを取り出し、中の水を飲む。
そしてペットボトルを床に置き、黒カードから短刀 縛斬・蛟竜を取り出した。

「……」

流子は刃を見つめ考える。セイバーに追い詰められた際、体内の力がこれまで以上に活発化していたような気がした。
なら自身を追い込めば衰えた再生能力も幾分戻る可能性はあるのではと。
刃を胸の方に向けるが止めて、床に置き。今度は両手で首を掴んだ。
本来なら縛斬で身体をかっさばいて体内の重要器官をむき出しにしても再生能力で元に戻るが、
ここではそれを実行するにはリスクが高すぎる。
なら取れる方法は……。

「グッ……グゥ……」

流子は自分の首を強く締め始める。
道具抜きで自殺(の一歩手前)を実行するにはこれがてっとり早いから。
針目縫でさえ制限なしでも完全に斬首されれば命を落とす。流子も例外ではない。

「…………ッ!! …………ッ、ッ」

首は引き絞られるように歪み、顔には血管が浮かび上がり変色もしている。
それに反し肉体は熱を帯びている。いくつかの傷が閉じ治り、銃創も蠢き出血を始める。
しかし。

――たま、が出ねえ

本来ならここでの針目縫のように、再生能力で持って銃弾も自然に排出されただろう。
だがここに置いてはそれ程の力は発揮できない。仮に先のセイバー戦で被弾していても排出はされなかっただろう。
流子の意識が真っ黒い空間に落ちていく。
顔の穴から体液をダラダラと流しながら、流子は死ぬ2歩手前くらいの状態で白目を向き、手を首から離した。

うつ伏せに倒れ、しばし痙攣を繰り返しながら顔を上げる。
両手を床につき、激しく呼吸を繰り返す。

「ゼぇ……ゼェ……」

ごく小さな傷は完治したかも知れぬが、銃創や骨折は完治できる見込みは無い。
――割に合わない。流子は自殺未遂は再生能力の活性化にさして効果ないと判断する。
流子は残りの水を飲み干すと、黒カードから再び縛斬を取り出し刃を左肩へと向けた。
息をつき、周囲を見る。視界は薄暗い。体温はまだ高く妙な高揚感さえ湧き出る。
弾丸を摘出するなら今の内だ。流子はそう決断すると短刀の切っ先を左肩の銃創へ突き立てた。

「………………………………………………」

弾丸の摘出は終わった。
切開した傷は短時間で閉じられ、完治には遠いもののさっきよりは動かせるだろうと推測できるくらいまでは
ましになったと思える。傷口には生命繊維がきつく巻かれていた。

「……はぁ」

流子は疲労からの溜息をつく。
天井を見る。何の変哲もない、きれいな天井。
すぐに起き上がり風見雄二への追跡を再開する気も起こらない。
それほどまでに疲れていた。疲労感と共にもどかしさが流子の胸中を廻る。
首を横に向ける。小綺麗な壁と家具が見えた。
流子の耳に砂が混じるような音が聞こえた。何度も何度も。
煩わしいと思う間もなく、夜の帳が降りるように流子の意識は落ちていく。
それを拙いと思い流子はしばし考えた。彼女は独り、頼れる相手は……。
彼女はひと声かけた。

「純潔、見張ってくれ」

純潔が動いたような気がした。
ここに来て初めて己の神衣に話しかけた流子は瞼を落とし眠りに着く。
アイツん家と違ってきれいな家だなと思いながら。



いつか見た光景がそこにはあった。もう何年も前の事のように思える。
明らかなボロ家の中で4人と1匹の家族が少女に対し土下座をしている。
それはもうすがすがしいまでのあやまりっぷりで。

「……」

少女は彼女等を切り捨てようかと思った。もう自分は人ではないから。
でも口に出た言葉はあの時と同じものだった。

「今度あんなことしたら容赦しないよ」

少女は苦笑いで応えている、一家は「ははー」と応えると顔を上げ夕食に取り掛かる。
ひとりを除いて一家はあの時と変わらなかった。

「……」

少女は胸のむかつきを覚えつつ、何の拒絶の言葉も言い出せないでいる。
――堂々巡り。そんな単語が脳裏に浮かんだ。
思えばあの時も自分が強く出られなかったからあの一家は暴走した。
今はさっさと切り捨てればいいと思っているのに、私はそれができないでいる。
おかしい。何でだ? これではこれまでと同じじゃねえか……。

少女は顔をしかめつつ思わずアイツの姿を探した。

「?!」

少女は一瞬アイツの姿を見た。だが次の瞬間掻き消えるようにいなくなった。
少女は絶句する、数秒遅れて慌てたようにアイツの父親に声をかけた。
だが彼は始めっから娘がいないかのように振る舞っている。他の家族も同様だった。
少女は声を張り上げようとした、だが薄気味悪さに震え声を出せない。

少しして窓の向こうに巨大な人影が見えた。
少女は顔を歪ませ窓の方へ向く。一家はそれをきょとんと見つめている。
すると巨大な人影は家から離れていった。
困惑と動揺が少女の胸中を駆け巡る。なんだあいつは?
少女は思わず走り出した。
大男の後ろ姿が見える。彼は徒歩とは思えぬ速度である建設物が存在する方角へ向かっている。
本能字学園に。
少女は怒りと焦りが混じった形相で大男を追いかける。
追いつけない。途中、大男は半透明と気づく。
けどそれに構わず走った。

「!!?」

突然、何かに掴まれたように足の動きが止まった。
たまらず転倒する。信じられないような表情で少女は地面を見る。
そこには1枚の何も描かれていないカードがあった。
大男がさらに遠ざかるのを気にしつつ、少女は怒りを込めてカードへ向かい拳を振るう。
だが、拳がカードに触れた瞬間、地面から白と黒の触手のようなものが現出し少女を捕らえた。
脱出しようともがくが、まるで通じない。自分を遥かに超える力かも知れない……!
自分にはもう無くなった筈の感情をむき出しにしながら、少女は巨大なカードに吸い込まれていった。



  • 流子3

「?!」

驚愕の表情で流子は目を覚ました。純潔が何事かと身じろぎをする。
流子はなんとか気を落ち着かせようとする。

「……ハァ、ハァ、ハァ」

流子は青カードからスポーツドリンクを出して飲む。
苛立ちと焦りのような感情は消えないが、多少は落ち着いた。
現状を把握すべく頭を働かせる。
……睡眠時間は数分かあるいは数時間か?

「……」

すごく嫌な夢を見た。それは恐れる物は無くなった筈の彼女が恐怖を感じさせる内容。
闇か光のような不定形のものが自身を予想もつかない遠くに連れ去っていくもの。
他にも何かがあったかも知れないが流子が覚えているのはそれだけだった。
流子は額の汗を手で拭う。

「……」

数秒の間を開けた後、彼女は純潔に話しかけた。

「見張りありがとよ」
『……』

純潔の双眸が怪訝そうに歪んだ。
だが流子はそれに構わず自らの神衣を見つめる。
胸元を見る。従来なら固く閉じられているはずの前面が、胸元だけ不自然にはだけていた。
良くないなと彼女は思った。そこを狙われると拙いと思えるほどの隙間だ。
支給品の生命繊維の糸束はまだ充分にある。
それを使って修繕できないだろうかと流子は思った。
裁縫道具を見つけるべく小屋内の物色を始める。

「……………………………………チッ!!」

見つからなかった。
もっとも仮にあったとして神衣を修繕できる道具はおいそれとして存在しないが。

「……クソッ」

他に方法はないかと考える内に縫の顔が浮かぶ。流子は脳裏からすぐに縫の顔を消し吐き捨てた。
針目縫なら純潔の修繕も可能かも知れない。だが先にこちらが敵対行動を取ったのでそれはもう後の祭だ。
流子は手が出るよりも気が滅入り、思わず仰向けに寝転がった。



  • 雄二3

雄二は入手した布で応急処置を終えるや、北東の方角を見る。
小屋から離れてだいぶ時間が経つ。纏流子からの逃走を始めて3時間は過ぎたか。
遠くから白い物体が北上しているのが見えた。結構な速度だ。

「……」

現在、雄二はF-4の南西にいる。白い物体――纏流子からは結構距離が離れている。
雄二は北上しF-4のほぼ中央まで移動した時、流子を撒けたと判断し仲間と合流すべく南下していた。
白い物体は纏流子か。ツイてないのかな。彼は一瞬渋い顔をし見つからぬよう観察を始めた。

「……」

相手はこちらに気づく様子はない。
だが雄二は彼女の様子がさっきまでとだいぶ違う事に気づき、更に注意深く観察する。
流子は手にボールのようなものを持っている。
武器以外の支給品を使用してきたかと雄二は推測した。
人かどうか怪しいが言葉を解するなら知能を持つ生物なら道具に頼るという選択は当然だろう。
ただその試みは向こうにとって成功かどうかはまでは読み取れない。

「……立ち止まった?」

やがて彼女は足を止め、出したボールを仕舞った。
流子は途方に暮れたように周囲を見回している。
今の内に西か南に行けば完全に引き離せるかも知れない。雄二はそう考えた。
流子は更に1枚のカードを出し、首をひねりながら考え始めた。
……奴の支給品の内容を確認したい気はある、だが集中している今なら逃走は確実と思える。
どうする?



【F-5/南西/夜中】

【風見雄二@グリザイアの果実シリーズ】
[状態]:ダメージ(中、処置済み)疲労(小)右肩に切り傷(処置済み)、全身に切り傷 (処置済み)
[服装]:美浜学園の制服
[装備]:キャリコM950(残弾半分以下)@Fate/Zero、ベレッタM92@現実(残弾0)
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(7/10)、青カード(7/10)
   黒カード:マグロマンのぬいぐるみ@グリザイアの果実シリーズ、腕輪発見機@現実
   歩狩汗@銀魂×2、旧式の携帯電話(ゲームセンターで入手、通話機能のみ)
   小さな木杭3本、小さな鉄杭3本、タオル2枚、包帯代わりの布2枚、包丁一本(低品質)
[思考・行動]
基本方針:ゲームからの脱出
   0:承太郎達と合流する為にすぐに南か西に向かうか。
     あるいは纏流子の出方を見てから行動するか。
[備考]
※アニメ版グリザイアの果実終了後からの参戦。
※折原臨也、衛宮切嗣、蟇郡苛、空条承太郎、紅林遊月、言峰綺礼と情報交換しました。
※キャスターの声がヒース・オスロに、繭の声が天々座理世に似ていると感じました。
※参加者の時間軸がずれている可能性を認識しました。
※『越谷小毬殺人事件の真犯人はDIOである』という臨也の推理(大嘘)を聞きました。必要に応じて他の参加者にも伝える可能性があります。
※言峰から魔術についてのおおまかな概要を聞きました
※纏流子の純潔の胸元に隙間があるなどの異変に気づいています。
[雄二の考察まとめ]
※繭には、殺し合いを隠蔽する技術を提供した、協力者がいる。
※殺し合いを隠蔽する装置が、この島のどこかにある。それを破壊すれば外部と連絡が取れる。
※第三放送を聞いていません。
※城近くの山小屋から武器になりそうなものを入手しました(鉛筆サイズの即席の木杭3本、即席の鉄杭3本、包丁一本(低品質))



  • 流子4

流子は遠見の水晶球を苛立たしげに見つめると黒カードに収納する。
風見雄二捜索に役立つと思い初めて使用したが、どうも有効範囲が広くない上に視点のコントロールも練習が必要なくらい不便な物だった。
逃走中の相手を探すのには向いていないと流子は判断した。
睡眠を取る前の彼女ならそのまま水晶球を破壊していたかも知れない。
だが自ら死ぬ直前に追い込んだショックと悪夢を見たショックもあってか、
少々ではあるが慎重な行動を取れるくらいにまでには抑制が可能になっていた。
残る支給品で捜索に役立つものはないかと流子は焦りとともに考えを巡らせる。

「……!」

流子は1枚のカードを取り出し裏面を確認する。
そしてカードを振る。草木をかき分けなぎ倒す音と共に一台のトラックが出現した。
流子は表情を変えないまま、手元にあるPDAの画面を見る。PDAはトラックとセットになっている支給品の一部。
画面には会場図が表示されており、ランドマークも表示されている。
だが通常の地図と違う点があった。

「……放送局がぶっ潰れたのか」

ランドマークは通常は青色の丸印で位置が解るようにされている。
その中で破壊された施設は灰色で表示される。
流子は放送局に少々興味を持つが、頭を振りすぐに当座の目標に意識を戻すと今後の作戦を練る。

……悔しいが風見雄二は見失ったと思わざるを得ない。
睡眠を取った事で大きなロスが生じてしまった。それは受け入れよう。
だが諦めた訳ではない。当面においても。
流子は若干たどたどしい手つきでPDAの操作を始めた。その目は座っている。

操作を終えるとトラックからくぐもったような音声が聞こえた。

『目標地はどこに設定いたしますか?』

流子はPDAの地図を見る。
主催の都合次第で破壊できない施設があるという説明文があったが、現在は禁止エリアを除いて
全てのランドマークか指定エリアの中央を破壊対象に設定できるようだ。
流子は考える。
辛気臭い分校か、南東の駅か、あるいは……。
彼女は熟考の末、目標を決定しスイッチを押した。
間桐雁夜の支給品で説明文いわく、支給品の中でも最大級の破壊力を持つ武器。
――自動車爆弾の標的を決めた。

『……を目標へ設定いたしました』

音声とともにトラックは独りでにエンジンをふかし、草木の抵抗を物ともせ比較的低速で移動を始める。

「……」

流子は黙ってカードから番傘を出すと、車体の横に突きを繰り出した。
固いものに阻まれた感触がする。流子は次に傘を振りかぶり4度本気で打ち据込んだ。
いずれも固いものに阻まれる感覚。傘の方がきしんだ。
縛斬を取り出し二度斬りつける。今度は車体に傷が入ったが。それはごくごく薄い傷だった。

「……へえ」

流子は軽い感嘆の声を上げた。
戦闘力が低下しているとは言え、そこらの車なら簡単に穴を開けたり、豆腐のように切ったりできる攻撃を受けてもダメージは殆どないのだ。
説明文にはどんな強い参加者でも容易に破壊できないとの記述があった。
真偽を確かめてみたが、偽りは無さそうだ。

『警告です。当自動車が機能停止しますと■分後に爆発いたします』

流子は遅れたその警告を鼻で笑うと、縛斬と番傘を黒カードに収納する。
草木をなぎ倒して進むトラックにしがみつき、上まで登る。
警告は一度きりだった。運転席には乗り込まない。これは手動で運転できる機能はないから。

自動車爆弾を起動させた流子の目的は爆弾を用いて参加者を直接葬る事ではない。
自動車爆弾での会場全体に響き渡るとされている爆発によって、参加者をおびき寄せるのが狙いだ。
今なら雄二もそれほど遠くに行ってはいないだろう。ただの爆発なら近寄ろうとするのはいないか僅かだろうが。
想定以上の大規模破壊なら少々タイミングを遅らせて調査に出向くはず。
万が一誰も来ずとも、爆発を見ればこちらの気が多少は紛れるかも知れない。
状況次第では停車させれば済む話。何の問題もない。

流子はトラックの屋根に座り、獲物がいないかと注視する。
見当たらないが、見つけられなかったなら爆発の範囲内に移動するまでに下車すればいいだけの事。
流子は口元に笑みを浮かべ下方を見つつ索敵を続ける。

機嫌が少々良くなったからか、流子は先程の夢の内容をちょっとだけ思い出していた。
ただそれは満艦飾一家のではなく、マコが消えたという内容だけを。

「……」

潰れた顔をしたマコの生首を思い出し、流子は顔をしかめ耐える。
所詮、生前のアイツと関係の無い生ゴミに等しい残骸と尚も自分に言い聞かせる。

「……」

少しだが吐き気がした。流子にはその原因は分からなかった。
原因は戦闘による疲労によるものと強引に解釈し、マコの事は胸に押し込め忘れようと決める。
あの時、できる事は何も思い浮かばなかった。だから放送局をすぐに去ったのだ。
声を上げずに笑った。辛いことを吹き飛ばすように、母親 鬼龍院羅暁の栄光を頭に思い描きながら、こっそりと。
流子は所持しているそれぞれの黒カードの裏を確認し始める。
これまでと違い、使えるすべてを活用し優勝を確実なものにする為に。
その姿は大きな流れに乗って楽しんでいる子供のように見えた。


【F-5/中央/夜中】

【纏流子@キルラキル】
[状態]:全身にダメージ(中)、左肩・左太ももに銃創(糸束で処置済み)、疲労(中)、精神的疲労(極大)、
    数本骨折、説明しきれない感情(恐怖心?)
[服装]:神衣純潔@キルラキル(僅かな綻びあり)
[装備]:なし
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(19/20)、青カード(17/20)
    黒カード:縛斬・蛟竜@キルラキル、自動車爆弾@現実?、番傘@銀魂、生命繊維の糸束(一割消費)@キルラキル、遠見の水晶球@Fate/Zero、
         花京院典明の不明支給品0~1枚(確認済み) 、ジャンヌの不明支給品1枚(確認済み、武器とは取れない)
[思考・行動]
基本方針:全員殺して優勝する。最後には繭も殺す
   0:自動車爆弾を爆破させ、引き寄せられた参加者を狙う。
   1:次に出会った時、雄二と皐月と鮮血は必ず殺す。
   2:神威を一時的な協力者として利用する……が、今は会いたくない。
   3:消える奴(ヴァニラ)は手の出しようがないので一旦放置。だが、次に会ったら絶対殺す。
   4:針目縫は殺す。    
   5:純潔の綻びを修繕したい。
   6:マコの事を忘れたい。


[備考]
※少なくとも、鮮血を着用した皐月と決闘する前からの参戦です。
※DIOおよび各スタンド使いに関する最低限の情報を入手しました。
※満艦飾マコと自分に関する記憶が完全に戻りました。
※針目縫に対する嫌悪感と敵対心が戻りました。羅暁への忠誠心はまだ残っています。
※第三放送を聞いていません。
※肉体のダメージは前の話よりは良くなっています。
※雄二が比較的近くにいるのに気づいていません。
※現在自動車爆弾は屋根に乗った流子と共に健在のランドマークか各エリアの中央のいずれかにへ向けて移動しています。
 妨害がなければ一定時間後に標的の施設は爆破されます。


  • 支給品説明

【自動車爆弾@現実?】
間桐雁夜に支給。
操作用のPDAとセットになっている。爆弾の形状はトラックで細かい所は書き手さん任せ。
自動操縦のみで手動での運転は不可。運転席にはコンピューターがあり上手く操作できれば停止も可能(ただし困難)。
PDAはタッチパネルと地図が表示されており、ランドマークやエリアを指定する事により爆弾の行き先を決定できる。
ただし禁止エリア及び主催が破壊に不都合と判断した施設等があった場合標的に指定はできない。
破壊された施設は灰色で表示される。禁止エリア等の細かい所は書き手さん任せ。
エリア中央に行くかランドマークと接触すればその場で爆発する。なお爆発範囲はカードの説明に記載されている。

爆弾の威力は至近距離で爆発に巻き込めばどの参加者も死に至らしめるほど。
少なくとも放送局やホテル、病院は確実に破壊できる。範囲はそれほど広くない。爆発音は会場全体に響くほど大きい。
同時に車体の強度も異常でセイバーや針目縫、神威といった最強クラスの武器持ち参加者でも容易に破壊できないほどのものである(原理は不明)。
仮に移動不可になるまで破壊してしまった場合、数分後に爆発するようになっている。
欠点は起動者以外の参加者が一定距離まで接近するとトラックから退避の警告がされる事。
爆発の範囲外に逃れると警告はストップする。速度は人の徒歩より多少早い程度。ひき逃げには向いていない。
爆弾の停止方法はPDAを破壊するか、起動者が停止のスイッチを押す。コンピューターを操作し停止させる、主催が遠隔操作で停止させるのがある。
一度停止した場合、再設定には1時間の間隔が必要。

モデルは原作Fate/Zeroで触れられた衛宮切嗣発案の対言峰綺礼用の自動車爆弾。
ロワの主催はそれを元案にして対最強クラスの参加者用にこの爆弾を制作したものと思われる。



時系列順で読む


投下順で読む


186:戦風の中に立つ 風見雄二 200:死者は交叉への標
186:戦風の中に立つ 纏流子 200:死者は交叉への標