New Game ◆WqZH3L6gH6


大型二輪のバイク V-MAXが放送局を目指して疾走る。しかし速度はやや遅めだった。
運転手のセルティはついさっき気がかりがふたつでき、速度を落とさざるを得なかった。
その理由の一つは後部座席に同乗する少女の事が心配だったから。


――良くないな。


セルティは同乗者―絢瀬絵里と、しがみついている小さなうさぎ―クリスを意識せざるを得なかった。
先の放送前、何人もの同行者の死と友人の誤殺という悲劇に見舞われた少女。
絵里は自らの悲哀を押し殺し、前に進もうと放送局への出立を意思表示した。
だがセルティには、それは強がりにしか思えない。息遣いが荒く、短い悲鳴のような声が時折漏れている。
ヘルメットも着用していない。それに既に遠方に見えてくるはずの放送局がまだ見えてこない。
一旦休ませる必要があると判断し、セルティは更に速度を落としつつ墓場の塀の近くにバイクを留めた。

「……セルティさん?」

ややよろけながらも絵里はバイクから降り、セルティに近づく。
セルティは既にPDAに打ち込んだ文を絵里に見せた。

『放送局が見えない』

絵里はきょとんとした表情で、状況をなんとか理解しようと務める。

「……放送局に何かあったって事ですか」

仲間を案じているだろう少女のどきりとした声に、セルティはすかさず次の文章を見せる。

『多分。だから今からこちらから連絡を入れてみる』

セルティはV-MAXの座席に手を触れ黒カードに仕舞うと、次に落ち着ける場所を探そうとあたまをきょときょとと動かす。
それはどこかもたついた動作。絵里はその様子に困惑し、塀の方を向き数秒考えるや提案した。

――これは。


セルティは地面に落ちていたカードを見つけ拾う。
絵里はそれに気づきカードを見る。
巫女服を着用したおっとりとした少女の絵があった。
絵里は迷うこと無く受け取り、絵を見て表情を曇らせる。

セルティにはその理由がわかった。
絵里が誤って殺した友人の事を思い出したからだろう。
少々だが似ている、間が悪いとセルティは思った。
気を取り直した絵里は視認に注力し、その甲斐あってか目当てに近い場所を発見する。


「あの、そちらに良さそうな場所がありますよ」
『そうかありがとう』

セルティはその案に乗り、絵里もそれに続いた。
直接休憩を提案しても不安を与えてしまうと判断したセルティの演技。

「?!」

乗ってしまった絵里はここがどこか知り思わず顔をひきつらせる。
セルティはここが墓場だと言うのに気づき、掌をヘルメットの目元に当て面目無く思った。


『駄目なら別の場所に移動するけど?』
「……い、いえ私が決めた事だし、そのまま」
『そう、じゃあ私の後ろに付いて来てくれ。それと良いと言うまで横は見ない方がいい』
「?」
『多分墓荒らされているから』


セルティは放送局内での遺体の埋葬作業の事を思い出す。
腕輪を着用した5人もの無残な遺体と腕輪の無い3体もの半ば腐乱した遺体があった事を。
あの惨状がどういう経緯でそれに至ったか、協力者の1人アザゼルの推理からおおよそ見当がついている。
参加者の遺体を、あるいは墓場から遺体を掘り起こし支給品か死霊術を用いてゾンビとして使役していたのだろうと。
墓場も荒らされ、死体があちこちに転がっていてもおかしくないとセルティを推測した。
損壊が激しく解りにくかったが絵里と同じ制服を着た遺体もあったような気がする。
あとで伝えたほうが良いだろう。
絵里は「ちょっと待っててください」と言い黒カードを2枚取り出す。
眉間に皺を寄せながら考え込む仕草を数秒した後、1枚を元の形に戻した。


「?!」


セルティはあっと思った。
イエローカラーで猫耳のような一対の突起が付いたヘルメットを被る絵里を見て。

『それ私の……』
「え……」

謝ろうとする絵里を、『いや、いい。私も支給品の中に混ざっていたとは思わなかったから』とセルティはあわてて制止する。
ふよふよ浮いているうさぎ クリスは見守るように2人を見下ろしていた。


「っ……」


いくつも転がる死体からの臭気にもう1枚の支給品 エリザベス変身セットをハンカチ代わりに使い絵里は耐えつつ進む。
セルティは墓場の居心地の悪さといま絵里の羽織っている物体への突っ込みの衝動に耐えつつ、なるべく遠くから遺体を認めつつ落ち着ける場所を探す。
斬撃によって損壊した死体が何体か確認できた。剣の破片も見つかったことからここで戦闘が行われたと判断する。
――絵里ちゃんに死体を見せないために先を急いだのに……と葛藤しながら。

「仕方ないですよ。開けた場所で休憩するわけにも行かないから」

罪悪感に悩まされるセルティの心理を察したのか絵里の気遣いがかかる。
セルティは更に申し訳ない気持ちになりつつも奮起しようと静かに気合を入れようとした。

――あれは

セルティの前方の木々の間に石碑と思しき建造物が見える。
絵里はまだ前方のそれに気づかず、猫耳ヘルメットを着用し、某有名仮想オバケとアヒルをミックスさせたような物体をコート代わりに羽織って、腕輪の明かりをちらせかせつつ付いていっている。
寒気に耐えているような素振りを見せながら。

――寒くは無い筈だが……

セルティの体感的に人間が凍えるような気候ではない。
なのに絵里の様子は……とセルティは少女の心身を案じ、自らの疑問を伝えようとする。
絵里はいち早く気づき、苦笑いを見せた。


「……変ですか?」
「……」

セルティは明らかに変な支給品にはあえて突っ込まず、頭部?を動かして、先の光景を知らせた。
一行は既に数メートル先に進んでいる。

「あれは、家?」

石碑より更に先にあるのは一階建ての現代風の小屋であった。明かりは付いていない。
更に周辺には遺体も転がっていなかった。

『あそこで休憩しよう』

セルティは素早く文字を打ち込むと疲れたように肩をすくめた。
絵里は一瞬躊躇したが、肩を上げ下げする彼女を見て仕方ないかあという感じで口元に笑みを浮かべてセルティの前を行こうとする。
セルティは用心させるように絵里の身体を軽く掴んだ。
絵里はどきりとし歩みを止め、苦笑しつつ軽く頭を下げ、ゆっくりと先に進む。

「……」

掴んだ布はとても頑丈そうで、布越しからは明らかに震えがあった。

石碑は小屋より高く立っている。セルティはつい数時間前に墓場の側を通過していた。
通過した際に気づいてもおかしくない程。セルティは石碑に書かれた文字をちらりと確認する。

「?」
『後で話す』

今は絵里を休ませ、アザゼルに連絡を取るのが先決とセルティは決断する。
遠方で暗闇にも関わらず石碑の文字を確認できた彼女に対しての絵里の驚嘆の眼差しを感じつつ、セルティはドアに手を伸ばす。
そして絵里に見えないよう影をドアの隙間に侵入させ罠が仕掛けられてないか確認し終えると、ドアを開け中に入った。

照明のスイッチを入れると絵里にも部屋の全容が見えた。
食糧を除けば標準の生活が何日もできるだけの設備と物資があった。


セルティはシーツを探し出すと、先に腰掛けた絵里に手渡。
そして何気なしに訪ねてみる。

『絵里さんは参加者のカードを拾ったが、それで何かするつもりはあるのか?』
「え?私はただ……」

絵里が白カードに気を止めるようになったのはついさっきのこと。
カードを同行する発想など湧くはずもない。セルティだってそうだった。
――そうだろうなと納得し、落ち込む前に明るい材料を提示した。
『囚われた魂、解放してやりたくはないか?』
「え……」

絵里は慌てたような声を出す。

『私の仲間に1人それを望む子がいる
 もし良かったら協力してやってくれないか?』
「……ええ、はい」

その子は既に仲間を1人喪っている。友好的とまでは行かないもの支えになってくれればとセルティは思った。
彼女は自らの携帯電話を取り出す。

絵里は前かがみで顔を伏せ何度も瞬きしていた。
額には汗が浮かび、苦々しい表情を浮かべている。
ガタリとセルティは絵里に駆け寄る、『私、何か言ってはいけないことを言ったか?』

絵里ははっと顔をあげるとどうにか笑みを浮かべた。

「私がその、勝手に思い出して」
『そうか』


セルティは自分を落ち着けつつ片手で器用に文字を打ち込みながら、絵里が顔を上げたと同時にPDAを見せた。

『アザゼルという男を知っているか?』
「……!」

何事かと戸惑った絵里の目が見開かれ、少々だが警戒の色を見せる。
一応その名に覚えがあったと判断したセルティはすかさず入力を続けた。

『その様子だと良くない意味で知っていたか』

それは絵里のかつての同行者である結城友奈へジャンヌ・ダルクから伝えられた殺し合いに乗った可能性が高い悪魔の名。

『実はな、あいつは殺し合いに乗っていないんだ』
「……?」

訝しげな絵里を安心させるべく、言葉を選んで入力してゆく。

『この殺し合いを打破できる方法を探し、実行するために私達は彼に協力している』

思わぬ情報に絵里の表情が僅かに明るくなる。

『成功すれば繭の能力を無力化でき、カードから魂だけでなく、私達参加者を腕輪から解放させる事もできるはずだ』

「ハラショー」

絵里は感動した。
彼女を含む、本能字の乱戦の生き残りの何人かもは催打倒のためにそれなりに明確な目標を立てている。
主催の居場所の特定と、枷である腕輪の解除、殺し合いに乗った参加者の無力化および懐柔を。
にも関わらずここまで進展がなく、焦りをひしひしと感じつつあったところでこの情報。嬉しくない訳がない。
セルティは微塵の気楽さが感じられない様子で警告文を入力する。
『アザゼル、ただあいつは性格に難がある』
「……」
『連絡を入れるつもりだが、その前に私の話を見てそれで彼に会うかどうか決めてほしい』
「……」

セルティの切羽詰まった様子に絵里は思わず押し黙る。
考え込む絵里を他所にクリスはセルティの肩をぽんぽんと叩く仕草をした。
十回くらい叩かれた後、クリスの意図を察したセルティは黒カードを1枚取り出し、絵里に告げた。

『さっき言ったように私達は殺し合いの打破において有効な手段を見つけ出した筈なんだが、実のところ迷っている部分もあるんだ』
「……どうしてでしょうか?」
『その手段というのは主催者が最初から対策を取っていて、実行に移しても失敗に終わりそうに思えるんだ。
 だからこそ頼れる人達に会い、関わってきたあなたからも意見を聞きたい』
「…………はい!」

絵里の神妙な面持ちにセルティは軽く頷いて返した。

「あのセルティさん……」
「?」
「食われた魂を何とか助ける方法に心当たりないでしょうか?」

なるほどとセルティは悟った。絵里は第一回放送時に魂を喰われた通告された2人の内の1人と関係がある参加者であることに。

『悪い』
「そうですか、ごめんなさい」
「……」

『話の前にだけど絵里さん、薬を持っていないか?』
「え?」
『私が服用したい訳じゃないんだが、仲間に1人必要になる子がいるかも知れないんだ』
「……」

絵里は10枚を超える黒カードを点検すると、1枚を引き原型に戻す。

「!?」

絵里の目前に幾つもの薬品と本が入ったビニール袋が3袋出現し、重い音を立てて床に落ちる。
高度が低く、中身が破損する事は無かった。
カードの裏に書かれていたのは『ジャック・ハンマー御用達薬品セット』。
セルティが断りを入れて袋を開け、中の本を読む。それには薬物の効用と調合のレシピが丁寧に書かれている。
幸い目当ての薬も少量だがあるようだった。
セルティは絵里に僅かでも休息を取らせようと説得を試みる。
少々渋ったが、絵里本人も精神衰弱から来る不調を実感していたため、了承。
必要な薬品のみをテーブルに並べた後、セルティは1枚の黒カードを解放した。
グリーンワナ―緑子のルリグデッキを。





三好夏凜が目覚め、アザゼルの悪意を一蹴した後。

「という訳で、車を見つけた時に眼帯をした人間離れした女と、学ランと学帽をした大男に襲われたのよ」
「……眼帯女は俺の方にも仕掛けてきた。お前と同行したラヴァレイに預けたヘルゲイザーを持ってな」

夏凜は眼帯女のいう単語に犬吠埼風を思い出し、眉をひそめるが気にしないと決め話を続ける。
2人は放送局跡の南方へ歩く。身体中に支給品である包帯などが巻かれた痛々しい姿で。

「あの人はいつの間にかいなくなっていた……。私がアイツに攻撃を仕掛けていた最中に」
「命惜しさに眼帯女に協力したか、あるいは端からゲームに乗っていたか……」
「学ランの大男は……」
「ホル・ホースの言だと空条承太郎らしいが……洗脳でもされたか、あるいは偽者か」
「……本人が乗ってるって事はないの」

夏凜はるう子や紗路でさえ疑ったアザゼルの推測に違和感を感じた。

「ホル・ホースの人物評からしてお前と似たタイプの人間らしいからな。
 本物で正気なら眼帯女と組む事自体あり得ん」

アザゼルは手当の最中に回収したホル・ホースの白カードを取り出し断定口調で言う。
夏凜は不意を突かれたかのように身じろぎし反論しようとするが二の句を継げない。


アザゼルは皮肉げに呟くと夏凜から顔を背けた。
先ほどとは違う冷たさも感じる彼の挙動に夏凜は何が何だか解らぬ様子で少々戸惑う。

「支給品を回収し終えたらセルティと合流し小湊達を捜索するぞ」

アザゼルの方針表明は強い意志はあったものの、どこか独り言に近い響きが混じっていた。
夏凜はその発言で放送局で何が起こったか悟り、奥歯を噛み締める。
あの眼帯女を取り逃がさなければ、今となっては唯一安心できる仲間のるう子がいなくなったりはしなかったのに……。

「っ」

けれど、煮えたぎるような激情は何故か湧かなかった。
夏凜はそれがおかしいと思った。

「……」

アザゼルはやや不機嫌な表情で参加者を捜索し、夏凜はきつい眼差しで時折「るう子」と呼びかけるように呟きながら
かつての同行者を探しつつ自らが重傷を負わせたホル・ホースの乗車していた車を探していた。。
彼女の右目に光はあれどそれは弱く、疲労からか視界が狭くなったからか頼りない足取り進んでいる。

「これか」

アザゼルは当面の目標の対象を発見し呟く。
窓ガラスが破損した車―メルセデス・ベンツ。今は亡きアインハルトの支給品。
夏凜は強く息を吐くとすぐさまドアに手を掛けようとするが、アザゼルに遮られ尻餅をつきそうになる。
彼女は抗議をしようとしたが、声を発する事も動く事もできない。

「?」
動けぬ自分に困惑する夏凜を無視し、アザゼルは車内を漁ろうとする。
すぐにアインハルトの遺体を見つけた彼は軽く舌打ちをし、車内の布を引っぺはがす。
アザゼルの身体の隙間から仲間の身体の一部が見えた。
夏凜は駆け寄ろうとするが、アザゼルが邪魔だと言わんばかりに手で軽く振り払われた。
遺体に布を掛け終えたアザゼルは回収した黒と白のカードを仕舞うと、視線をそらしたまま夏凜に質問する。

「そう言えばアインハルトは池田とかいう奴の魂カードを回収すると言ってたはずだが何か知らないか?」
「……放送聞いてそれどころじゃなかったんでしょ」
「……桐間紗路か」

アザゼルはその返答に納得はしたのか、遺体をシーツにくるんだまま草むらに安置し、ベンツを黒カードに収納する。
そして折れた樹に近づくと触手で切り株の面を平坦にしそこに座った。ノートパソコンを取り出す。
夏凜はその行動を、自分でも何でこうなのか解らないまま半ば呆然と見ていた。

「どうした?アインハルトをそのままにしておくのか」
「……」

アザゼルの思わぬ問いに夏凜は包まれた遺体へ駆け寄る。頼りない足取りで。
悪魔の吐き捨てるかのような嘲りの吐息を聞き、少女は自分を情けなく思った。



「あの人はヴァローナって名乗ってたんだよ」
『解った。ありがとう』

髪の毛を逆立てたスレンダーなルリグ―緑子はこれまでの経緯を説明した。
最初の所持者であるセルティとも交戦経験のあった、白いライダースーツの女 ヴァローナのこと。
そして絵里も数瞬しか邂逅しなかったファバロ・レオーネや神楽。そしてDIOと敵対していたスタンド使い 花京院典明のことも知った。

「……」

支給品から精神安定剤を選別し服用した絵里は、額にタオルを当てながら横になっている。
彼女も顔を緑子の方を向けていた。その表情は感謝と気遣いの色が含まれていた。

照れたような仕草をする緑子を見てセルティは安心する。
元の形に戻した時、緑子はファバロを死なせた重責で落ち込んでいたから。
けれどセルティからゲーム打破の手がかりと、絵里から桂や皐月といった有力な対主催の情報を伝えられると
何とか奮起できるだけの元気を取り戻し協力してくれる事になった。
彼女もタマヨリヒメ同様、るう子と縁のあるルリグだったから。


絵里もこれまで出会った参加者の事を伝え、セルティもだいたい伝えていた。
反ゲームの協力者がまだまだいることに安心し、空気が和やかになる。
だがセルティは遠慮がちに現実を彼女らに伝える。

『アザゼルからメールが来た』

セルティはPDAの文章を絵里、緑子、クリスの3者に見せる。軽い緊張が走った。

『アザゼルと夏凜ちゃんは一応無事。だけどるう子ちゃんは行方知れず。
 多分同じく行方知れずのラヴァレイ、浦添伊緒奈。あるいは第三者の危険人物に拐われたと見て間違い無さそうだ』

セルティはPDAを持たぬ手を強く握りしめる。ラヴァレイを警戒していれば!と後悔する。
絵里からは「そんな……」と嘆きが漏れる。
緑子はぽかんとした顔でPDAを見続け、そして声を荒げた。

「なんで、保護されていたんじゃなかったの?」

セルティは緑子から顔を背けず、断りを入れる仕草をしながら携帯電話のメールに返答し、返事を待つ。
彼女らの発言がされる前に着信音が鳴り響いた。
一同はメールに注目し集まる。今度はみんなにメールの方を見せた。

『一刻を争う。早く此方に来い』

セルティは危険人物アザゼルの要請に更なる緊張に包まれた一同を見回し、絵里と緑子に尋ねる。

『命を狙われる事はないだろうが、嫌がらせはしてくるかも知れない』
「「……」」

2人は強く瞬きをしながら黙る。

『でも、あなた達の協力も必要なんだ』

セルティも命は惜しい。何でも犠牲にできるという訳でもないが執着があり愛情もある
そしてその場においてアザゼルを強く支持はできないが頼れる存在であってほしいという願望もあった。
だからセルティは2人に懇願し、頭を下げた。

「……セルティさん、私行きます」

絵里はセルティの手を強く握りしめて、ヘルメットの方を見つめながら決断を伝えた。

『いいのか』
「この状況でこうしてくれるだけでもとても嬉しいです」
「そう、だよね」
「……」
「っ」

絵里の身体の中で暴れる吹雪のような罪悪感は薬のおかげもあってかさっきほどではないが、なおも絵里を痛めつける。
東條希のも含め罪を背負っていくという決意はしたが、それで痛みがなくなるはずもない。
銀さんやセルティと遭わなければ、ここまで自分がこうして生き残れたとは思えない。
だからこそ乗り越える必要があるものに対して恐れず前に進みたかった。止まると押しつぶされそうだったから。

「……」

緑子は疑いの混ざった眼差しを向けていたものの、纏う空気は拒絶する類のとは別のもの。
「よろしく」と小さく呟いて絵里と今後の相談を始めた。
クリスは聞くまでもないという感じでぷかぷか浮いている。

『もし、あいつがあなた達に害を及ぼそうとするなら私が止めるから』

セルティは3者に強い感謝をしつつ、アザゼルへメールを送った。



三好夏凜は体育座りで蹲っていた。
アザゼルは彼女を無視し、セルティらの到着を待つ。
一人でるう子を探そうとしたが止められ、それっきり。

「……」
世界がどこかガラスで遮られたような感じがする。
夏凜はそう自覚し、途方に暮れる。
原因は解っていた。
仲間であるホル・ホースに重傷を負わせたにも関わらず、覚醒した直後彼にやった事に対して何の痛痺も感じなかったこと。
樹を侮辱され激昂するあまり、倒せるかもしれない大敵に良いように弄ばれたこと。
そしてどこか気の合う、こういう状況においてかけがえのない存在である筈の仲間のアインハルトと
るう子に対してあるべき対応ができなかったこと。

夏凜は溜息を付いた。泣きたかったけど泣けない。代わりに唾液が口からこぼれていく。
そんな状態にも関わらず勇者としての闘争心みたいなものは自分の足を動かそうとする。
辛いことを忘れきれれば元気に走り回れそうだと錯覚してしまうほどに。

「……」

罪悪感で狂い悶える事を回避できた代わりに、自分の心のどこかが壊れてしまったのだろう。
夏凜は一枚のカードを元に戻す。東郷美森の勇者スマホ。アインハルトに渡すはずだったもの。
夏凜は東郷のスマホを眺めつつ、仲間のことを考える。顔の痛みが増す。
るう子はアザゼルと共にいて何をし、何を掴んでいたのだろうか?現実味がない。
4人いた時、ゲーム打破のための議論や支給品のチェックをしていたことが今となっては夢の様だ。

「!」

近くからエンジン音が聞こえる。
アザゼルが動き、夏凜もそれに続く。
ここに来たのはセルティと金髪の少女 絵里。
そしてルリグ―緑子とうさぎ―クリスの4者だった。緑子の事は既にメールで通達済みだ。
アザゼルが皮肉げな笑みを浮かべセルティに近づく。だがセルティは手を上げ押しとどめた。

「?」

セルティの背後では絵里と緑子が何か話し合っている。どこか慌ただしい様子。
セルティは夏凜の方を見た。驚いたように身体が震えた。

アザゼルは「やはりな」と自嘲に似た笑みを浮かべてそして嗤った。
セルティは強く足を踏みしめつつ、アザゼルへと詰め寄る。

『夏凛ちゃんに何をした?』
「俺は何もしていない、あいつが……」

アザゼルの反論は夏凜には全部聞こえないでいた、全て訊いたセルティの右腕が何かを叩きつけるかのように空振る。
絵里と緑子はアザゼルの方を向いて非難が混じった眼差しを向ける。
アザゼルはこれまでとは違い勘弁してくれと言う仕草で渋面をした。

夏凜は彼女らの様子を見て自分がどう見られているか強く自覚する。
絶望というものがどこか新鮮に思えた。



『結構やられたな』
「フン、貴様も蒼井晶の死体の回収が出来なかったではないか」
『お互い様とでも言いたいの?』
「いや、此方の方が無様だ」
アザゼルの身体を診察したセルティは互いに悪態を交えつつ情報交換を進める。

「……」

彼より前に診察を受けた夏凜は仰向けに寝転がっていた。
額には小屋で回収したタオルが当てられている。抵抗はなかった。
看病するかのように絵里が側に付いている。彼女の顔も辛そうに変化していた。

クリスは緑子のカードを持ってアザゼルとセルティの近くで浮いている。
セルティは絵里に合図を送った。少女の手には綺麗な鞘がある。
アザゼルはそれに目を奪われる。セルティは前進し動きを遮る。
彼の顔が不満に彩られる前にセルティは切り出した。

『お前にどうこう危害を加える訳じゃない』
「ほぅ」

脅しに近い発言に、彼の声に怒気が篭もるが怯まず彼女は続ける。

『ただ殺し合い打破の為、今ここで真剣に話をしたい』
「……」

セルティは黙ってもう1枚の黒カードを出す。そして言う。

『もし絵里ちゃんや緑子ちゃん、そして夏凜ちゃんにそれ以上危害を加えないと約束できるなら、ここでその怪我を治させる』
「……力づくという手段では俺に損が多いか」

セルティの影が周囲に広がり立体化し宙を漂う。
影の脚の一つには黒カードが挟まっているのが確認できた。
向こうで光が発生した。光の発生源、夏凜が悪魔を横目で見ている、その姿は既に勇者へと変じていた。
絵里と緑子が驚いている。夏凜の気狂いも同然に見られながらも目に篭もる闘気は以前衰えていない。
相手の手の内と狙いが見えない以上、仮にここで鏖殺できたとして得るものは少ないと悪魔は考える。
強硬に近い態度に出たのは尋問よりも集団の安全と計画の確認を意識してのものだろうと彼は判断した。

「いいだろう」

アザゼルの了解に、絵里は鞘をセルティに渡す。

『後で返せよ』

念を押しつつ鞘をアザゼルに渡す。同時に夏凜の変身も解かれた。
鞘を傷に当てると徐々に確実にアザゼルの傷が癒え始める。

「……!」

宝具の力に感嘆しながらアザゼルはセルティ達の言葉を待つ。
その時、割り込むように絵里はアザゼルに訪ねた。

「アザゼルさん。第一回放送の内容覚えていませんか?」
「覚えているが」
「……食われた魂を助けることはできるんでしょうか?」
「………………わからんな」
「!?」
「魂喰いとでもいうのか、俺が知る限りあの手の能力には個人差があって可能性はそれぞれだ」
「じゃあ……」
「だが今確認する事は無理だな」

アザゼルが腕輪をこつこつと叩きながら冷徹に告げる。

「カードから魂を解放する術を得ない限りはな。ああいったケースの場合、喰った奴の魂を解放し拘束してからが本番だ」

セルティは絵里を気遣いながらアザゼルに質問をぶつける。

『腕輪を解析するの事は可能なのか?』
「無理だ。何の力も感じ取れんし、こちらの力も通らない」
「つまり」
「生者も死者も区別なく腕輪の防御機能は同等としか取れん」
『だからセレクターバトルに注目したのか……』

フンっとアザゼルが鼻で笑った。
絵里は心非ずといった感で何かに気づきうわ言のように呟く。

「つまりアザゼルさんはまだ魂が入っていない、死者の腕輪を手にしていない……」
「絵里さん!」

その言を意味することに気づいた緑子が思わず叫んだ。

「ほぅ」

アザゼルが喜色の混ざった歓声を上げる。

「成る程な、確かに俺はそういった腕輪をまだ手にしていない」

セルティはゆっくりとした動作で絵里の方へ向いた。

『私達は埋葬を手伝ったけど、腕輪に変化は無かったように思えた。徒労に終わるかもしれない』
「……」
『でも、それでも腕輪を調べたいなら、あなたの友達の腕を』
「……お願いします」

しばしの沈黙。

『悔しいんだな絵里さん』

絵里ははっきりと頷く。
熱気を帯びた瞳はちょっと綺麗で泣いたように歪んで見えた。
セルティにはその瞳の中に執念のようなものを感じ取った。

「ふっ、そう言えば南の温泉宿の近くに絢瀬と同じ服を着た黒髪の女の死体があったな」
「!」
『アザゼル!』

「カードを回収していないし、余裕があったら行ってみたらどうだ?」
「……」

絵里は愉しげなアザゼルを淡々と横目で見ていたが、頭を小さく下げ、夏凛の側に戻った。

セルティは肩を竦めながら疲労を感じつつもアザゼルに本題を切り出す。

『何でセレクターを集めるって言い出したんだ?』

アザゼルは鼻で笑い切り返す。

「腕の立つセレクターのみが繭の元へ行けると言う話ではないのか?」

それはセルティにも聞かされたこと。だが緑子は静かに反論する。

「正確には3回勝って、尚且つセレクターそれぞれの条件を達成して初めて夢幻少女になれるんだよ」
「?!」
「それと何でセレクターを……」
「待て、俺の推測の多くが外れているとでも言いたいのか……」

事態を察したアザゼルが声を荒げる。
緑子は悲しげに首を縦に振り肯定する。

「っ……」
「タマが特別なルリグかどうかは僕には解らなかったけど、ただセレクターが所持するだけでは駄目なんだよ。
 上手く進化させられないと繭には到底届かないと思う」
「セレクターを2人以上集めるのは……」
「セレクター1人と素人1人の組み合わせでも、バトル自体は突入できるんだ。るう子はそうだったと聞いたしね」

アザゼルは先程自らを出し抜いた浦添伊緒奈―ウリスの顔を思い浮かべて顔をひきつらせる。
ウリスはただ脱出しようと動いただけ。

「タマヨリヒメはそんな事を言わなかったぞ」
「? 僕の知ってるタマは好戦的でニャアとしか喋れなかった前ならいざしらず、今なら率先して教えてくれそうだけど」

アザゼルは思い出した。ファバロとのやり取りで知った主催の罠―時間軸の違いを。
タマヨリヒメは自分を騙していたのか?とアザゼルは混乱から呻いた。

――そう言えば

セルティはるう子とタマの再会時を思い出す。
嬉しがるタマに戸惑ったように何とか笑顔を浮かべるるう子。
それは2人が別々の時間から来たからこその混乱ではなかっただろうか。

「……るう子が言っていたわ、もし繭の元に行けるなら会いたい友達がいるって」


夏凜は口元を拭いながら絞り出すように言った。アザゼルは更に大きくうめいた。
緑子は成り行きを見て別の事にも気づいたのか深く考え込む。

「……あのアザゼルさん?」
「……」

座った目で絵里をアザゼルは見る。
殺気よりも疲労が色濃い。恐怖を押さえ込み少女は中断せず続ける。

「ええと、ルリグとセレクターの捜索ってセルティさんに依頼したんですよね」
「……」

アザゼルは無言で肯定する。絵里には今のアザゼルが十年以上年取ったように見える。

「るう子ちゃん、それ知ってました?」
「あいつの前でセレクターと情報の捜索を頼んだが……」
「タマと一緒に探そうとしなかったの?」

緑子が口を挟んだ。

「どういう意味だ?」
「ルリグって他のルリグの存在を察知できるんだけど……」
「なんだと!」
「……るう子ちゃんが知らなかったって事はない、よね?」

緑子が頷く。アザゼルは困惑と苛立ちを隠さず吐き捨てる。

「小湊は知ってて黙っていたのか!」
「……るう子が友達を見殺しにする様な真似をするとは思えないけど……」
「では俺の言う事が理解できないくらい阿呆だったとでもいうのか」
『そんな風には見えなかったが』
「あんたが信用できなかったから何も言えなかったんじゃないの」

冷たい声だった。

「三好……」
「……あんな事に何度も巻き込まれて、冷静な判断ができなくても不思議じゃないわ」

夏凛が燃えるような目をして身を起こした。

「あんた……前にあの娘の前で犬殺そうとしたでしょ」
「……」
「その前だって……」

夏凛は続きを言おうとしたが振り払うように頭を振る。

「アザゼル、そんな乱暴な態度であの子にいい印象持たれると思ってんの?」
「きさま……」

絵里が身震いをし、セルティがいつでも止められるよう位置をキープした。

「この状況で何もしないできないというのが、命取りに繋がるのが解らぬのか」
「……るう子は何もしなかった訳じゃないわ、自分からやろうとしていた、私達が全員いた時はまだ」
「……俺といた時は何もしようとしなかったがな」

アザゼルはそう力なく呟くと近くの岩に腰掛けた。溜息が漏れる。


『なあ、アザゼル』

セルティがアザゼルへ近づく。

「……」
『私達が出ていった後、るう子ちゃんとはどう接したんだ?まさか乱暴はしていないよな』
「……ああ」

乱暴はしていないことは肯定すると、アザゼルはどこか観念したかのように大きく息を吐いて語り始めた。

「……」
『そんな環境に置いていたのか。まともな協力なんか望めないだろ』
「……軟弱者が」

忌々しげな声だった。
少女の拳がアザゼルの顔面へと飛ぶ。アザゼルは軽く手を振りガードした。
パンチを放ったのは激高した夏凜だった。

『夏凛ちゃんよすんだ!』

言葉にならない声を上げながら何度も何度もアザゼルへ攻撃を加える。
それらを苦も感じさせない様子でアザゼルは片手で攻撃を容易くあしらい続ける。

「やめろ」

鬱陶しそうに両目を瞑りアザゼルは吐き捨てる。反撃する気も起きないという風に。
夏凛の声が一層高くなる、地に水滴が落ちた。口からでなく目からの。
セルティが『影』を使い夏凛の動きを止める、悪魔以外の他の三者も間に入り事態を収めようとする。
少しして夏凛は攻撃を諦め、片掌を顔に当てたまま震えながら地面に座り込んだ。

アザゼルは好きにしろっていった様子でセルティ達の発言を待つかのように黙ったまま。
アザゼルの様子を見てセルティは何とか落ち着けられそうだと少しばかり安堵した。
更なる火種になりうる支給品―カードキーを意識しながら。



「……」


アザゼルはぼんやりとした様子でかつてヴァローナが所持していたカードキーを眺めている。
時は既に第三回放送後、解禁された効果欄にはこう書いてあった。

『研究室のシロという名称のモニターに、このカードとルリグカード1枚をかざすべし。
 その際使用したルリグカードは運営に回収されるので注意されたし。
 条件を達成すればこの場における夢幻少女と同様の特典が得られる。ただし行った先での戦闘行為は禁止。ゲームのみ。
 一度このシロを利用した場合6時間は使用不可となる。新たなカードキーは会場のどこかに再発行される
 このシステムの存在は一度使用した後に腕輪等を通じて全参加者に通知される』

無理にセレクターとルリグを揃える必要がなくなったのだ。
そしてそれは例えセレクターバトルを実行できたとして、主催の掌の上に過ぎないという事実の表れとも取れる。

セルティは全てが徒労かと空を仰ぎ見るが、実の所希望が残り収穫もあった。
タマヨリヒメの特異性が消えたわけではないから。
アザゼルはタマからるう子も知らない真実を一つ教えられている。
それはるう子が夢幻少女になるのに失敗したセレクターバトルで、繭が直にタマと精神的接触を行った事。
通常の夢幻少女は繭の元に行った所でルリグへ変えられるだけ。
だがその時の繭は夢幻少女の誕生を阻止しようと動いていた。

そして緑子から知ったタマヨリヒメと緑子の大きな違い。
それは緑子達ルリグにはアーツという異能を主催から与えられているが、
タマヨリヒメには与えられていない事。
その事実を踏まえれば、タマヨリヒメが繭に対するワイルドカードに近い存在であるのは間違いないと推測できた。
カードキーを使うにしても、セレクターバトルを実行するにしてもタマがいなければ意味が無いのは一同の共通認識だった。

「セルティ」

アザゼルは何とか立ち直ったのかセルティに宝具を返し、自らの黒カードを何枚か渡した。
これからの予定を告げる。

「これから俺は小湊とタマヨリヒメを探す」

向いた先は北方。

「南西以外は電車とやらで長距離を行き来できると聞いた。
 ラヴァレイやウリスが俺達から逃げるなら北の方に行く可能性が高いと見ている」
『2人をどうするつもりなんだ』
「ラヴァレイは俺が始末をつける。ウリスは可能なら捕獲する」
『どうしてだ?』
「一方的な思い込みの可能もあるが、ウリスは繭に親しみを持っている風だった。
 情報を聞き出したい。無駄なら始末をつける」



しばしの沈黙は無言の肯定だった。
無理にセレクターバトルをしなくていい状況が明らかになった今、
ゲームの打破を目標としたセレクター以外のセレクターには大した価値はない。
セレクターバトルを通じ繭の元に行かせるセレクターは対主催スタンスであるのが前提だから。
対主催である可能性が高い遊月を発見、目論見通り行けばセレクターバトルのルートはほぼ万全となるが、
ウリスは夢幻少女への踏み台として見るなら、実力がありすぎ、スタンスも不穏と保護までする利点がない。
るう子の相手になるセレクター以外の優秀なゲームプレイヤーを探した方がまだ建設的だ。

『そう』
「……」
『何人で行くつもりだ』
「1人だ」

一同はチャットでの最新のDIO達の書き込みを確認している。
闘技場方面に行けば挑発に応じたDIOがいる可能性が高いと推測できた。

『緑子ちゃん抜きでか?』
「俺を嫌っているみたいだからな、腹は立つが仕方がない」
『危険すぎる』

放送局を荒らし回ったマッチョマンや纏流子。
変身能力を持つ縫い目こと眼帯女など強大な敵はまだ何人もいるが、
DIOに関して言えば攻撃方法に謎が多く、交戦するにはリスクが最も高い相手。
アザゼルの戦闘力は貴重な程高く、性格の問題点を考慮しても喪うには惜しい人材だ。

「誰が馬鹿正直に戦うと言った」

アザゼルはそう言い、黒カードからやけに古びた弓矢を取り出した。

『それは』
「どうやら奴にとって大切な物らしい」

セルティはアザゼルの狙いを悟った。その弓矢をネタに交渉でもするつもりか。
セルティの空気の変化を読み取ったアザゼルはそれ見ろと言わんばかりに笑う。

「だから俺一人の方が好都合なのさ
 お前らでは戦闘でも交渉でも奴相手では不向きだからな」

絵里は遠くからではあるがDIOに顔を見られている。
夏凛はただでさえ情緒不安定な上に、交渉等は向いていない。
セルティは杏里の仇であり、利用、協力する気を持てない。

「ヤツが小湊を発見する可能性もある、倒せずとも動きをコントロールできればやりやすかろう」
『わかった』
「じゃあな」

振り向かずにアザゼルは別れを告げようとする。
彼―悪魔達に人の気持ちは解らない。
だが恥という概念はあり、無能者を嫌う傾向も強い。
だからこそ所持品の幾つかをセルティらに譲渡したのだ。
失敗を重ねた自分自身をぬるま湯に浸からせたままにしておけなかったから。

アザゼルの態度にけじめのようなものを感じたセルティは黒カードを1枚投げた。
支給品の整理をしたいと絵里からセルティに手渡された黒カード。
彼はそれをキャッチし、解放する。現れたのは不気味な魔導書だった。
それは螺湮城教本(プレラーティーズ・スペルブック)。キャスターの宝具。
少し動かしただけで効果が分かったのか、口を歪ませながらカードに戻した。
その時、アザゼルに向かって機器が飛んだ、アザゼルは鬱陶しげにそれもキャッチする。
それは東郷美森の勇者スマホだった。

「三好」
「……」

顔を涙で濡らし、それを拭った少女。顔から狂気は薄れている。

「私達もるう子達を探すから、連絡にはそれを使いなさいよ」

一同は墓場に地下道の入口があるのをセルティから聞いていた。
アザゼルは自らが殺めた勇者の所持品を嘲るように見る。

「まだ狂っているのか?俺は……」
「それセルティの携帯の番号を記録したから」
『夏凜ちゃん』
「私にも責任あるから……」

夏凜は悲しげに絵里達がいる方へ顔を向けた。仲間が殺した2人の男女を思い出したのだろう。

アザゼルとの対決の結果、アザゼルがるう子に危害を加えず、死者を冒涜しなくなったのは事実である。
だが、かと言ってるう子を丁重に扱ったかというとそうではない。
言わなかったからと手の怪我を知りつつ放置し、ゲームに乗ったウリスの近くに配置し。
命の恩人である宮永咲の支給品を返却させず、ろくすっぽコミュニケーションを取らず、居心地の悪い場所で飼い殺しも同然にしたのも事実。
出発前夏凜に余裕がなかったのは確かだが、るう子も余裕なんて無かったはずだ。

気の迷いでゲームに乗ったに過ぎないと判断するくらい夏凜に勇者部部員の事を熱く語られたから。
そんな対象―東郷美森から命を狙われ、目の前で殺されるなんて負担にならないはずがないと夏凜は思う。
東郷に責任を取ってもらいたいという気持ちがあっての勇者スマホの譲渡であった。

『地下と地上、両方で緑子の力を借りて探索だな』
「……フン、勝手にしろ」
「アザゼル!」
「……」

アザゼルは応えず、低空飛行でこの場を去った。
セルティは夏凜の肩に手を置くと、絵里達の方へ促す。
責任を感じているのはセルティも同じだ。
よくアザゼルを観察していればこんな事にとセルティは悔いた。

「……」

ちょっと遠くでは絵里達が携帯電話を手に他参加者の連絡を取ろうとしながらこちらを待っている。
セルティは夏凜とともに協力者達の元へ急いだ。
早く腕輪を回収し、るう子ちゃんたちを救出しなきゃと決意しながら。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【D-1/橋/一日目・夜中】

【アザゼル@神撃のバハムート GENESIS】
[状態]:ダメージ(小)、脇腹にダメージ(小)、疲労(小)、胸部に切り傷(小) 、虚無感(中)、低空飛行中
[服装]:包帯ぐるぐる巻
[装備]:片太刀バサミ@キルラキル、東郷美森のスマートフォン@結城友奈は勇者である
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(32/40)、青カード(31/40)
    黒カード:ノートパソコン(セットアップ完了、バッテリー残量少し)、デリンジャー(1/2)@現実、スタングローブ@デュラララ!!、
         市販のカードデッキ@selector infected WIXOSS、ナイフ(現地調達)
         不明支給品:0~1(確認済、初期支給)、 不明支給品0~1枚(確認済、ホル・ホース)
         螺湮城教本@Fate/Zero、弓と矢@ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース
    白カード:ホル・ホース
[思考・行動]
基本方針:繭及びその背後にいるかもしれない者たちに借りを返す。
0: 墓場に行き北方の地下道か、地上で必要な人材と道具を(主にるう子とタマヨリヒメ)を捜索する。
   優先順位はタマヨリヒメ>るう子>他ルリグ=遊月>優秀なカードゲームプレイヤー=ウリス
1:時間が経てばセルティ達に連絡をする
2:借りを返すための準備をする。手段は選ばない。DIOと遭遇すれば交渉を試みる?
3:繭らへ借りを返すために、邪魔となる殺し合いに乗った参加者(ラヴァレイを含む)を殺す。
4:繭の脅威を認識。
5:デュラハン(セルティ)、絢瀬絵里への興味。
[備考]
※10話終了後。そのため、制限されているかは不明だが、元からの怪我や魔力の消費で現状本来よりは弱っている。
※繭の裏にベルゼビュート@神撃のバハムート GENESISがいると睨んでいますが、そうでない可能性も視野に入れました。
※繭とセレクターについて、タマとるう子から話を聞きましたが、上手くコミュニケーションが取れていなかったため間違いがある可能性があります。
 何処まで聞いたかは後の話に準拠しますが、少なくとも夢限少女の真実については知っています。
※繭を倒す上で、タマヨリヒメが重要なのではないか、と思いました。
※東郷美森が犬吠埼樹を殺したという情報(大嘘)を知りました。
※セルティからラヴァレイの事をどれだけ聞いたかは後続の方にお任せします。
※アヴァロンで大体回復しました。



【D-1/放送局跡付近/一日目・夜中】

【セルティ・ストゥルルソン@デュラララ!!】
[状態]:健康、精神的疲労(小)、罪悪感(中)
[服装]:普段通り
[装備]:V‐MAX@Fate/Zero、ヘルメット@現地調達 、PDA@デュラララ!!
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(10/10)、青カード(10/10)
    黒カード:カードキー(使用可)、イングラムM10(32/32)@現実
         ジャック・ハンマー御用達薬品セット(精神安定剤抜き)、精神安定剤2回分     
[思考・行動]
基本方針:殺し合いからの脱出を狙う
0: 南ことりの腕輪を回収後、アザゼルと連絡を取りつつ北方でるう子達を捜索する。
1: 絵里、夏凜をサポートする。
2:静雄との合流。
4:縫い目(針目縫)はいずれどうにかする。
5:杏里ちゃんを殺したのはDIO……
6:静雄、一体何をやっているんだ……?

[備考]
※制限により、スーツの耐久力が微量ではありますが低下しています。
 少なくとも、弾丸程度では大きなダメージにはなりません。
※三好夏凜、アインハルト・ストラトス、アザゼル、絢瀬絵里と情報交換しました。


【絢瀬絵里@ラブライブ!】
[状態]:精神的疲労(大、精神安定剤服用)、髪下し状態、精神的ショックからの寒気(小)
[服装]:音ノ木坂学院の制服
[装備]:無毀なる湖光@Fate/Zero、 グリーンワナ(緑子のカードデッキ)@selector infected WIXOSS
    セイクリッド・ハート@魔法少女リリカルなのはVivid 、宮内ひかげの携帯電話@のんのんびより    
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(70/85)、青カード(66/85)、最高級うどん玉
    黒カード:エリザベス変身セット@銀魂、ベレッタM92&ベレッタ92予備弾倉@現実、 タブレットPC@現実、トランシーバーA@現実
         盗聴器@現実、ヴィマーナ@Fate/Zero(使用可能)、セルティのヘルメット@デュラララ、メルセデス・ベンツ@現実                   
         具@のんのんびより、こまぐるみ(お正月バージョン)@のんのんびより、ブレスレット@Fate/Zero、
         黄長瀬紬の装備セット@キルラキル、狸の着ぐるみ@のんのんびより、小型テレビ@現実
         カイザルの剣@神撃のバハムート GENESIS、ライターー@現実、ビームサーベル@銀魂
         不明支給品:0~1(千夜)、0~1(晶)
    白カード:坂田銀時、本部以蔵、ファバロ・リオーネ、東條希、宇治松千夜、神代小蒔
[思考・行動]
基本方針:皆で脱出。
0:ことりの墓を見舞った後(腕輪の回収)でセルティらのサポートに務める。
1:皐月、桂、神威と連絡を取る。
2:余裕ができたら温泉街に行って矢澤にこを弔いたい。
3:自分の手持ちのカードの分配を考える。
 [備考]
※参戦時期は2期1話の第二回ラブライブ開催を知る前。
※アザゼル、、セルティ、三好夏凜、緑子と情報交換しました。
※多元世界についてなんとなくですが、理解しました。
※左肩の怪我は骨は既に治癒しており、今は若干痛い程度になっています。行動に支障はありません。
※セルティがデュラハンであることに気づいていませんが、人外らしいのには気づきました。

【三好夏凜@結城友奈は勇者である】
[状態]: 精神的疲労(大、精神安定剤服用)疲労(中)、顔にダメージ(中)、左顔面が腫れている、胴体にダメージ(小)、罪悪感(大)
    満開ゲージ:0、左目の視力を『散華』、「勇者」であろうとする意志(半ば現実逃避)、肉体的ダメージはアヴァロンで回復中
    多少落ち着いた、顔に泣きはらした跡
[服装]:普段通り
[装備]:にぼし(ひと袋)、夏凜のスマートフォン@結城友奈は勇者である、全て遠き理想郷(アヴァロン)@Fate/Zero     
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(26/30)、青カード(25/30)
    黒カード:不明支給品0~1(紗路、確認済み)、不明支給品1(アインハルト)、不明支給品0~2(池田)、スクーター@現実、

    白カード:東郷美森、アインハルト・ストラトス
[思考・行動]
基本方針:繭を倒して、元の世界に帰る。
0:るう子を救助する。
1:『勇者として』行動する?
2:セルティらのサポートをする。
3:ダメージから回復したら全て遠き理想郷(アヴァロン)を返却する。
[備考]
※参戦時期は9話終了時からです。
※夢限少女になれる条件を満たしたセレクターには、何らかの適性があるのではないかとの考えてを強めています。
※夏凛の勇者スマホは他の勇者スマホとの通信機能が全て使えなくなっています。
 ただし他の電話やパソコンなどの通信機器に関しては制限されていません。
※東郷美森が犬吠埼樹を殺したという情報(大嘘)を知りました。
※セルティ、ホル・ホース、アザゼル、絢瀬絵里、緑子と情報交換しました。


【アザゼル、セルティ、絵里、夏凜補足】
※小湊るう子と繭、セレクターバトルについて、緑子とアザゼル(タマ)を通じて結構な情報を得ました。
※大まかにですが【キルラキル】【銀魂】【魔法少女リリカルなのはVivid】【のんのんびより】
【結城友奈は勇者である】【ラブライブ!】【selector infected WIXOSS】の世界観について知りました
※チャットの書き込み(発言者:D、Iまで)に気づきました。
※墓場に地下道出入口が開通したことを知りました。
※三好夏凛のスマートフォン、東郷美森のスマートフォン、宮内ひかげの携帯電話にそれぞれの電話番号が登録されています。

  • 支給品説明

【螺湮城教本(プレラーティーズ・スペルブック)@Fate/Zero】
蒼井晶に支給。
人間の皮で装帳されたキャスターの魔道書の宝具。
この本自体が魔力炉となっており、所有者の魔力と技量に関係なしに深海の水魔の類を召喚し使役できる。
ただ召喚数は制限されており、それほど巨大なサイズの海魔も通常では召喚できない。細かいところは書き手様任せ。
以上の能力に加え海魔を召喚、使役していなければ少々の治癒能力を発揮できる。
効力は当ロワ内の言峰綺礼の治癒術と同程度で、回復速度は遅め。

【弓と矢@ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース】
ホル・ホースに支給。
DIOの宝物。アニメでは42話に登場。鏃そのもの成分が一種の隕石で遅行性の毒(ウイルス)がある。
ジョジョの奇妙な冒険出典以外のキャラに使用しても基本的にスタンド能力は発現しない。
外見はひどく古びた弓矢。


【ジャック・ハンマー御用達薬品セット@グラップラー刃牙】
カイザル・リドファルドに支給。
ジャックのドーピング薬セット。大きな袋3袋分。
薬品についての取扱が記された本も付属している。
強めだが様々な種類の薬品がある。


【セルティのヘルメット@デュラララ】
神楽に支給。
セルティが愛用しているイエローカラーのヘルメット。ネコ耳付き。


※【カードキーについて補足】
第2回放送後にカードキーの使用が可能となる。
研究所のある場所にあるシロという名称のモニターに当カードとルリグカード1枚をかざせば
主催者の元に行くことができ、そこでゲーム(ウィクロイスや麻雀)をする事ができる。戦闘行為は禁止。
ゲームの成績によって特典がもらえる。交渉も可能。ただしゲーム破壊や参加者殺害、優勝者と同等かそれ以上の権利を得る事などは不可。
その際使用したルリグカードは運営に回収される。
一度このシロを利用した場合6時間は使用不可となる。新たなカードキーは会場のどこかに再発行される
このシステムの存在は一度使用した後に腕輪等を通じて全参加者に通知される。


【施設情報・地下通路(墓場)】
第三回放送後、墓場の小屋の近辺に通過した放送局地下に代わる地下通路出入口。
出入口近くには石碑があり、そこに地下通路と地下施設の情報が記されている。
墓場周辺地下に施設があるかどうかなのと、石碑の情報の詳細は後続の書き手様にお任せ。


時系列順で読む


投下順で読む


180:LONELIEST BABY 絢瀬絵里 197:Lostheart(hurt) distorted ROYAL
180:LONELIEST BABY セルティ・ストゥルルソン197:Lostheart(hurt) distorted ROYAL
184:前だけを見て進め アザゼル :[[]]
184:前だけを見て進め 三次夏凛 197:Lostheart(hurt) distorted ROYAL