Lostorage/記憶の中の間違ってない景色 ◆7fqukHNUPM





















『紅林遊月』は、とっくにその場を去っていた。
しかし。




















――おねえちゃん、たすけて




















『ココアおねえちゃん』は、助けにきた。




















蛍の身体を押し倒したのは、銃弾では無かった。

チノのことを、思い出した直後。
蛍が静雄の真正面に回り込むことに間に合ったのと、ちょうど同時だった。

蛍の回り込みをちょうど真横から妨害するように、横合いの木陰から飛び出してきた人影に、突き飛ばされたのだ。
人影は、蛍にも見覚えのある――チノの部屋でベッドインする前に見せてもらった、ラビットハウスの制服を着ていて。
急激に傾いていく視界の中で、丈の長いスカートが衝撃で翻って。

そして、蛍の眼には。
飛び出した時にも持ち続けていた両手の灯りが、そのまま少女の背格好を照らしていて。

だから、本来はもっと暗い色をしていたのだろうその制服は、

真っ暗に近い森の中で、白カードの光と、それよりは明るい色をしたスマートフォンからのライトに、集中的に煌々と照らされて、蛍の眼には、もっと鮮やかな色に見えて。

――そう、『桜色の、ラビットハウスの制服を着た少女』が割り込んできたように、彼女の眼には見えた。

そして。

「オー――!」

少女が、どこか聞き覚えのある声で何かを叫ぼうとして。

蛍の見上げた少女の身体に、血しぶきが爆ぜた。



時系列順で読む


投下順で読む


190:少女/芝居と師弟 天々座理世 191:姉/姉妹と姉弟
190:少女/芝居と師弟 紅林遊月 191:姉/姉妹と姉弟
190:少女/芝居と師弟 平和島静雄 191:姉/姉妹と姉弟
190:少女/芝居と師弟 一条蛍 191:姉/姉妹と姉弟