猿の夢 ◆gsq46R5/OE



  そも、どこから歯車が狂い始めたのか。


  ジャック・ハンマーというファイターは、狂人の一種だ。
  彼は幻の世界に身を委ね、そこへ居場所を求めるような真似はしない。
  居もしない神を盲信し、信仰を称して虐殺を是とする奇特な価値観も持ってはいない。
  その狂気は、ただとある一点。
  範馬勇次郎を超えるということのみへ、莫大な熱量と時間をもって注がれてきた。

  日に三十時間の鍛錬という矛盾を条件に存在する肉体。
  それを維持するための拷問にも等しい十数年を耐え忍び、人の身で強化薬物を超越した魔人。
  当然、強靭な意志力のみで適う芸当ではない。
  強化薬物が人体へ与える影響は言うまでもなく甚大だ。
  良い意味でも、悪い意味でも。
  ジャックほどの領域で投与を行えば、寿命を爆速的に縮めることになるのは言うまでもない。

  そもそも彼が常人なら、既に死んでいる。
  十数年を耐えることもできずに、最初のオーバードーズの時点で終わりを迎えていてもおかしくない。
  人体の道理に反して生存を可能としているのは、果たして彼の生まれ持つ強さ――その体に流れる『範馬の血』がもたらした頑健さ故なのか。
  それはきっと、人体生理学に精通した学者でもなければ判別不可能な題目だろう。
  しかし一つだけ、確かに言えることがある。


  ――ジャック・ハンマーはこの地で、全く別な次元の狂気へと足を踏み入れたのだ。


  摩訶不思議な強さを持った繭なる少女の手によって、世界は一変した。
  四方を海に囲まれた絶海の孤島にて行われる、ルール無用の殺し合い。
  刺殺、射殺、撲殺、毒殺、謀殺、呪殺……あらゆる殺戮が許可される、史上最悪のデスマッチだ。
  主催者への反目を誓う者、あるいは願いを叶えるという口車に乗る者、様々な思想が参加者の間に渦を巻く。
  ジャックの場合は、この状況を踏み台として利用することにした。
  宿敵にして実の父親たる男、史上最強の生物、範馬勇次郎を乗り越える為の踏み台に。
  この世のどんなハードトレーニングでも身に付けられないものを獲得することで力を得、勇次郎の高みへと上り詰めるべく奮起。彼は手段を選ばぬ戦鬼と化した。

  そこまではよかった。

 「……ヤツは死んだ」

  勇次郎が、死んだ。
  あろうことか、序盤も序盤で。
  何処の馬の骨とも知れない輩の手で、勇次郎は殺された。
  範馬勇次郎がそう簡単に死ぬ筈がないと、現実逃避することなら幾らでもできる。
  しかし、彼は言葉でなく、心で理解してしまったのだ。

  勇次郎は、己の父は死んだ。
  異郷の地で、その猛威を知らしめることなく塵と消えた。
  そしてその現実を、ジャック・ハンマーは許せない。

 「ならば、母の無念を誰が晴らすッ」

  ジャックの母は、範馬勇次郎に敗れた。
  戦士としての生き方を全うすることもできず、勇次郎に陵辱され、挙句牢獄へと叩き込まれた。
  その無念を晴らしたい。それこそが、この『範馬』の原風景。
  彼が屈折の末に志した目標は、範馬勇次郎を打倒すること。
  決して代えが利かない親子の繋がりと因縁がそこにある。
  勇次郎の死は、ジャックの人生を否定することと同義だ。
  彼は顔も知らない殺人者の手で、生きる意味を奪われた。

 「なあ、誰がッッ」

  このまま燻って終わるなら、最早それは『範馬』でも、ファイターでもない。
  運命の苛酷さに膝を屈した、哀れで愚かな救いようのない敗残者だ。
  負けた者はリングを降りるしかないというのは、古今東西あらゆる格闘技に共通して存在するルールである。
  それに則るならば、きっとジャック・ハンマーに生きる価値はない。
  筈だった。しかし彼は、敗北を是としなかった。

 「誰が、その役を担えるというッッッ」

  平和島静雄に負けた。
  勇次郎を殺した何者かに負けた。
  そして先程、またも自分は平和島静雄に負けた。
  日に二度、どころの騒ぎではない。
  既に三度だ。
  三度、己は負けたのだ。

 「俺しかいないッッッッ」

  痛む頭と、目眩。
  押し寄せる疲労感。
  内臓のダメージも恐らく大きい。
  これ以上の継戦は、間違いなく自殺行為だ。
  ましてやジャックのように、明日を捨てた戦闘スタイルを取るのならば尚更のこと。

  それでもジャックは立ち上がった。
  休息はもう十分だと、痛む肉体へ鞭を打つ。
  勝利よりも多い敗北を重ねても、惨めに可能性へ縋り付くその様。
  ジャックはヒートアップしかけた思考を冷水の冷たさで沈静化させ、水面に映る自分の姿を見据える。

 「……成程」

  そんな自分を見ても、不思議と心は静かだった。
  屈辱感の断片すらも覚えることなく、凪のように平静を保っている。

 「俺はもう、ファイターとしては終わったらしい」

  それでも――ずしりと。

  肩へ伸し掛かってくる、透明な重みがその言葉にはあった。
  勝敗に頓着することなく、願いという明日の光に全てを懸けるジャックは最早ファイターなどではない。
  今の彼は、ただの殺人者だ。
  父の蘇生という願いだけを胸に、自己を強化する目的でなく、私欲の為に人を殺す。
  誇りも何もない、ただ残虐で、非道で、救いようのない悪魔だ。

 「だが」

  ケタケタと、
  クスクスと。
  背後から、嗤う声がした。
  振り返れば、そこにあるのは幻影。
  父の姿を象った半透明の幻が、軽蔑と嘲りを帯びた顔で嗤っている。

 「……構うものか」

  ジャックは一度だけ奥歯を噛み締め、歩き出した。
  まだ全身のダメージは取れないが、腐っても彼は戦士。
  類稀なるスタミナと精神力を前にしては、そんなものは瑣末に等しい。

  彼は往く。
  自分を負かした相手への雪辱を最後に回し、より多くの屍を積み上げるべく舵を切る。
  その足取りは、西へと向かっていた。
  戦えもしない父の幻影を視界の隅へ残したまま、ジャック・ハンマーは剣ヶ峰を登り続ける。


  もし、彼が願いを叶えたとして。
  そこに舞い降りる範馬勇次郎は、最早地上最強の生物などではない。
  彼の願いは汚された。
  よしんば父への勝利を成し遂げたとしても。
  その栄冠は二番煎じ――元通りの輝きには程遠い。
  光なき道を往く殺人鬼が見る夢は、もはやただ寂しく、煤けた色に燃えるばかりだった。


【G-4/エリア南東端/一日目・昼】

【ジャック・ハンマー@グラップラー刃牙】
[状態]:疲労(中)、頭部にダメージ(小)、腹部にダメージ(中)、服が濡れている、範馬勇次郎の幻影を見ている
[服装]:ラフ
[装備]:喧嘩部特化型二つ星極制服
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(9/10)、青カード(9/10)
     黒カード:なし
[思考・行動]
基本方針:優勝し、勇次郎を蘇生させて闘う。
   0:島を時計回りに周回する
   1:人が集まりそうな施設に出向き、出会った人間を殺害し、カードを奪う。
   2:平和島静雄との再戦は最後。
[備考]
※参戦時期は北極熊を倒して最大トーナメントに向かった直後。
※喧嘩部特化型二つ星極制服は制限により燃費が悪化しています。
 戦闘になった場合補給無しだと数分が限度だと思われます。


時系列順で読む


投下順で読む


132:One after another endlessly ジャック・ハンマー 159:Vivid Survivors(前編) 引き合うように重なる拳