ルールなんてあってないようなもの ◆X8NDX.mgrA

 DIOと別れて地下通路を進む悪魔、ラヴァレイ。
 無言のまま歩き続けて、地下闘技場まで到達したところで立ち止まり、息をついた。


 一瞬、駅に戻ろうかという考えが頭をよぎる。
 蒼井晶やカイザルが、高坂穂乃果を連れて帰還しているかもしれない。
 あるいは本部が一目置いていた戦士であるランサー。彼もまた放送で呼ばれなかった以上、駅に戻ってくる可能性はある。
 彼らを放送局へと向かわせるのは簡単だ。
 腹の内に思惑を抱えている、晶を誘導するだけでいい。
 そうすれば、カイザルやランサーは年長者として、間違いなく同行を申し出るだろう。
 晶の心が折れる瞬間に興味がある身としてはおいしい話だ。
 しかし、無駄足になる可能性も捨てきれない。


「考えどころだな」
 ラヴァレイは、低い声で呟きながらポケットに手を突っ込んだ。
 疲れてやれやれと言わんばかりのその顔、そしてその声は、まぎれもなく『空条承太郎』のものだ。
 目の前には入ってきた扉がある。開ければ地下闘技場へ繋がっている。


 晶を誘導させるための動機はある。
 彼女の思惑が具体的にどのような内容か、そこまでは不明だが、他人に隠す時点でやましい気持ちがあることは明白だ。
 この殺し合いで生き残り、優勝するための算段を立てていると考えるのが妥当だろう。
 そこで放送局という場所が活きてくる。
 放送局で出来ることは何か。言うまでもなく放送だ。
 キャスターが流した放送によって参加者が集まれば、混沌とした戦場が開かれるのは必至。
 人が多ければ多いほど、混乱に乗じて他者を殺害することは容易になる。
 もし頭数が足りなければ、二度目、三度目の放送をすればよい。
 その事実にさえ気づかせれば、晶は目的を果たすために、自ずと向かうはずだ。


「ならば、やはり戻るべきだろうか」
 『花京院典明』はいよいよ扉に手をかけようとしたが、少し躊躇うとその手を戻した。
 端正な顔、その顎に片手を添えると、眉根を寄せて考え込む。


 しかし、晶がその事実に気付いていないとは考えにくい。
 彼女と出会い、別れるまでの行動や発言を、全て思い返してみる。
 彼女は巧く猫を被り、カイザルを完全に騙していた。
 察するに、何らかの形で利用する算段だったのだろう。かなりの演技派であることが窺える。
 馬鹿や阿呆に演技はできない。
 表向きは無骨な騎士を演じながら、裏では聖女の暗黒化に手薬煉を引くようなことは。
 内心で相手を嘲笑いながら、表面上は優しい言葉で慰めるようなことは、知能の足りない者にはできないのだ。


「あいつはバカじゃあねぇ」
 マルチネにラヴァレイ、はたまたジル・ド・レェ。
 複数の顔と名前を使い分けて暗躍する悪魔は、『ジャン=ピエール・ポルナレフ』の顔でそう独白すると、口角を少し上げた。


 そう、蒼井晶は馬鹿ではない。
 加えて言うなら、彼女は自分やカイザルとは違う常識の中にいる。
 『駅』や『電車』について、詳しく述べていたのがその証拠だ。
 状況が状況だったために詳細こそ聞けなかったが、彼女は『テレビ』についても知っていた。
 世界観の差異については、今はどうでもいい。
 ただ、彼女は「この殺し合いにおいて放送局が大きな火種となりえること」も、自分などより速く理解していただろう。
 誰かに扇動されるまでもなく、火をつけて燃え上がらせようとするはずだ。
 すなわち、駅に戻るのは時間の無駄である。


「しかし、なぜ私はここまでアキラ嬢を気にしているのだろうか」
 リーゼントヘアーの『カイザル・リドファルド』が、首を捻って不思議そうに呟いた。


 共有した時間も短く、交わした言葉もそう多くない。
 にもかかわらず、蒼井晶について、自分はやけに執心だ。
 考えられる理由としては、在り方が似ていると感じたから、だろうか。
 自分も彼女も、嘘を吐いて、あるいは仮面を付けて、他人を騙して生きている。
 立場や身分は違えども、その在り方は似ていると言える。
 そんな輩は、広い世界には掃いて捨てるほど居るだろうが、重要なのは、この特異な場で遭遇したということだ。
 ある種の親近感すら湧く。是非とも折れる姿を見たいものだ。


「ま、これ以上考えても意味はねぇや。
 それより、とっとと放送局に行かねえとなァ~!」
 ガンマンらしい風体の『ホル・ホース』は、帽子をクイッと上げると、扉から離れ、放送局へと向かう通路に向き直った。
 先程は引き返した窓だらけの道を、悠々と歩き出す。


 やはりホル・ホースは真似しやすい。
 一度DIOとの会話で、その口調や思考を真似したこともあるだろう。
 それに加えて、ひょうひょうとして心を読ませない態度も、演じやすさに一役買っている。
 もとより誰かと徒党を組んだ上で、実力を活かして生きる男。
 彼の人生哲学は、他者の下につき、時には利用して生きることが全てだ。
 こういう腹を見せない手合いは演技がしやすい。というよりも、相手にそれが演技だと悟られにくいのだ。
 逆に言えば、裏表なくまっすぐに生きる人間は、らしく演じることは難しい。


「あとは、女の真似をするのも無理かなぁ。アキラッキー!」
 それまで男の声しかしなかった地下通路に、突如として可愛らしい声が響いた。
 背の低い『蒼井晶』の姿になったラヴァレイは、更に顔を歪めて『高坂穂乃果』へと姿を変える。
 そうして己の姿をひとしきり眺めると、もとのラヴァレイの姿へと立ち戻った。


 変身にも練習は必要だ。
 空条承太郎とその仲間、それと今までに合流した人物は把握した。
 ホル・ホースに化けてDIOと情報交換をしたように、今後も他人の姿を利用することがあるかもしれない。
 この殺し合いには、知り合い同士が数人ずつ呼ばれているようだから、尚更だ。
 そう考えると、容姿や声をすっかり別人にできるのは利点だろう。
 しかし、それは決して容易なことではない。
 容姿や声は完璧だと自負している。
 問題は、声の調子や喋り方。あるいはその人物特有の仕草だ。
 実際に話している様子を知らない人物は、演技しようと思っても無理がある。


「ディルムっつぁんとやらの姿は一応聞いたが、流石に無理だな」
 浮浪者めいた姿の『本部以蔵』は、腕組みをして呟いた。
 使い古した服を見て、少しばかり顔をしかめる。


 キャスターやセイバーと繋がりのある、ランサーことディルムッド・オディナ。
 伝聞でしか姿を知らない彼にまで変身することは、悪魔であろうとも不可能だ。
 適当に変身してランサーと偽ることは可能だ。
 しかし、見る人が見れば偽物と看破されてしまう変身、それでは意味がない。
 完璧主義というわけではないが、口調から抑揚の付けかたから、全て模写してこそ完全な変身だ。
 もちろん限界はある。深い質問をされれば、誤魔化すしかない。
 だからこそ、他人に疑念を抱かせないほど上手く変身できるように、演技を練習しておく必要があるのだ。


「しっかし、面倒な制限を付けてくれたぜ」
 愚痴るようにそう言ったのは『ファバロ・レオーネ』だ。
 右手をひらひらと振って、いかにも面倒くさそうな空気を醸し出す。


 身体能力の低下という制限に気付いたのは、ついさっきだ。
 屈強な男の姿であれば、普段とさほど変わらない動きができるが、女の姿ではそうはいかない。
 蒼井晶や高坂穂乃果の姿で、軍刀を振り回すのは難しいだろう。
 限定的で地味ながら、面倒な制限だ。
 女になりきるのは、時と場合を考えなければ危険と考えた方がいい。
 そういう状況になるか否かは別として。


「フン、まあいい。このDIOにとっては少しの枷にもならん」
 そう結論付けた『DIO』は、自信に満ちていた。
 地下通路を悠然と歩くその姿、まさしく威風堂々、悪の帝王。カリスマスキル持ち。


 変身能力だけでなく、情報も活用したいところだ。
 つい先程、DIOには嘘の情報を伝えて欺くことができた。
 一条蛍がどのような人物かは知らないが、DIOは無意味な警戒をするだろう。
 問題はこの情報が更に伝播するかどうかだが、DIOは夜までホテルに居座る以上、その可能性は低いと見た方がいい。
 そうなると、他の参加者にも、嘘の情報を与えて都合のいい方向に動かしたくなる。
 さながら国王シャリオス13世を騙して、聖女を捕らえさせたように。
 それに似た行動が取れるかどうかは、状況次第だが。


「ここにあったか」
 ラヴァレイが元の姿に戻った丁度そのとき、近くの窓がひとつ、開いていた。
 それをちらりと一瞥して呟く。目には感情が宿らない。
 結局、数秒見つめただけで、それまでと同じように歩き続けた。


 聖女がどの時期から呼ばれたのか。
 戦場を、まるで軍神の如く駆けていた頃かもしれない。
 国王に糾弾され投獄されながらも、けなげに祈りを捧げていた頃かもしれない。
 守護天使に裏切られたと知り、精神が暗黒面に堕ちた後かもしれない。
 いずれにせよ、死亡した今となっては、そんなことを気にしても仕方がない。
 それは分かっているが、だがしかし。


「――まったく、期待外れだ。ジャンヌ・ダルク」



【C-2/地下通路/一日目・午前】
【ラヴァレイ@神撃のバハムートGENESIS】
[状態]:健康
[服装]:普段通り
[装備]:軍刀@現実
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(10/10)、青カード(10/10)
    黒カード:猫車 拡声器@現実
[思考・行動]
基本方針:世界の滅ぶ瞬間を望む
0:放送局へ向かう。
1:本部の末路を見届ける
2:蒼井晶の『折れる』音を聞きたい。
3:カイザルは当分利用。だが執着はない。
4:DIOの知り合いに会ったら上手く利用する。
5:本性は極力隠しつつ立ち回るが、殺すべき対象には適切に対処する
[備考]
※参戦時期は11話よりも前です。
※蒼井晶が何かを強く望んでいることを見抜いています。
※繭に協力者が居るのではと考えました。
※空条承太郎、花京院典明、ジャン=ピエール・ポルナレフ、ホル・ホース、ヴァニラ・アイス、DIOの情報を知りました。
※上記のヴァニラ・アイス以外の全員、そして今までに出会った人物に変身可能です。
※変身時には身体能力に若干の制限がかかります。


時系列順で読む


投下順で読む


128:悪魔と吸血鬼! 恐るべき変身! ラヴァレイ 146:退行/前進