※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この花弁は悪意 ◆DGGi/wycYo


――真実は偏に、カードの裏/表


 ✻  ✻  ✻


犬吠埼樹が死んだ。

いつかこうなると、分かっていたこと。
皆が死ぬというのも、覚悟していたこと。
もうどうにもならないと、諦めは付いていたこと。

「……そう、か」

だが、私はいい。勇者部の皆はどうだろうか。
友奈、風、夏凜。私同様にこのゲームに呼ばれている彼女たちは。
特に風。先刻あの旅館で話をしたところだが、感情的な彼女のことだから今頃大泣きしているかも知れない。
或いは……吹っ切れて、どこかで暴れているだろうか。

夏凜と友奈はどうだ。
風は夏凜と遭遇したらしいが、何があったかまでは聞いていない。
“ただ、一緒に戦うとなると、勇者部の皆を思い出しちゃう、っていうか”
こう言っていたくらいだし、大方逃げてきたというところだろう。
そもそも、夏凜が殺し合いに乗るような性格だとは思えない。
遭遇したら……殺すことになるだろう。

友奈は……友奈は。
きっと、風同様に泣いているに違いない。
友奈も殺し合いには乗らないだろう。彼女も、手にかけることになるだろう。
――なるのだろうか。

優勝し、願いを叶えて世界を滅ぼしてしまえば、どうせ皆死んでしまうのに。
友奈までも、殺すのだろうか。

「(……駄目)」

これだけは、白黒つけることが出来ない。
きっと樹のように、他の誰かが勇者部の面々を、友奈を殺してくれる。
死ぬ姿なんて見たくない。心のどこかで、そう願っているのだろう。

どんな環境で育ったからとはいえ、幾ら覚悟を決めたとはいえ。
東郷美森にとって、親友を、友奈を殺すということ。
それだけは、割り切ることが出来なかった。
いつかそんな局面が起こるかも知れないというのに。

考えているうちに、大きな建造物が前方に姿を現す。
地図を見る限り、『アナティ城』だろうか。

友奈たちのことを思考の隅に追いやり、東郷は一度アナティ城へと寄り道をする。
支給されている黒カードがスマホしかない以上、普段の自身は丸腰、それも車椅子だ。
何か今後に役立つ物資が欲しいところではあるし、何より少々疲れた。


 ✻  ✻  ✻


放送を淡々と聞き終えた浦添伊緒奈は、アナティ城を物色しているうちに薄暗く狭い部屋に来た。
その手には厨房から持ち出したナイフが握られて、背中には兵士たちの武器庫から失敬した弓矢を担いでいる。
武器庫には大剣もあったが、“ウリス”ではなく“浦添伊緒奈”の身体で扱うには少々無理がある。
鎧を纏うかどうかも少々悩んだが、機動力が落ちることも考えた結果やめた。

彼女にとって、死者の読み上げなど心の底からどうでも良いものだった。
最初に殺した男の名前などとうに忘れたし、次に会った空飛ぶ男の名前は知るつもりもない。
強いて気掛かりだったのは禁止エリアの件だったが、幸いこの近辺は安全そうだ。
だからこうして堂々と物色に勤しんでいたのだが。

「ほんっと、カビくさい城ね……ん?」

異様な雰囲気を放つその部屋は、毒々しい色をした茸、今にも叫び声を上げそうな植物、何かの臓器……。
城の備品と言う割には、随分と物騒な物に溢れていた。
一際目に付くのは、部屋の隅に描かれた魔法陣らしきもの。
それらはまるで。

「黒魔術の工房……?」

とりあえず役に立ちそうなものがないか、手当たり次第に棚を探る。

空っぽ、よく分からない物、空っぽ、何かの材料。

埃まみれの棚には、まるで使えそうな物が見当たらない。
もし仮にあったとしても、魔術や薬学に精通していない伊緒奈にとっては無理な相談だった。
テーブルの上も全て、何かの材料や実験道具らしき物に溢れている。

「……クソったれ」

一言、そう結論付けるには十分すぎた。
最終的な戦果はナイフと弓矢だけ。やはりあの空飛ぶ男に奪われたマシンガンが非常に惜しい。
部屋を去ろうとして……伊緒奈は、城に誰かが足を踏み入れる気配を感じた。
気取られないように、物陰から気配の正体を探る。

車椅子に乗った少女が周囲を警戒している姿が目に入った。
そのままどこかへ向かう少女を観察し、ニヤリと笑みを浮かべる。

今までに遭遇した2人は、いずれも道具にする価値もない程度の相手だった。
だが、ここに来てようやくの獲物になり得る人間だ。逃がすわけには行かない。
手に持っているそれを持ち替え、こっそりと少女の後を付けた。


 ✻  ✻  ✻


城内の狭い通路を移動していた東郷美森は、朝日の差し込む大きな広間に出た。
羽の生えた像に囲まれ、中央にでかでかと位置するのは巨大な龍の像。
青カードから出した「はるかす」を飲みながら目を凝らすと、龍の頭部には鎧の騎士が跨って剣を突き刺している。

まるで勇者ではないか、と思わず苦笑した。
龍/バーテックスからの侵略を防ぐために、剣を抜いて戦う騎士/勇者。
羽の生えた像は……神樹か大赦にあたるだろうか。

「もっとも、そんなに綺麗事ではないけれどね……」

そう。いかにもありがちな御伽話なんかと違い、東郷たち勇者の真実は――。

少し時間を無駄にした。
先を急ごうとする東郷の右耳に、コツン、とわざとらしい革靴の足音が聞こえて来た。

「!!」

この時、東郷の身に降り掛かった不運が3つある。
後方からの不意打ちに驚いたあまり、思わずスマホを取り落としそうになってしまったこと。
もたついた一時のタイムラグを縫って、相手が左目に赤い何かを飛ばしてきたこと。

「ッ――!」

そして、思わず左目を押さえてしまったその隙に、素早い動きで右手首を掴まれ、

「ご苦労様」

――スマホを、奪われてしまったこと。

「始めまして、私は浦添伊緒奈。あなたは?」
「……東郷…美森」

伊緒奈と名乗った相手が持っていたのは、赤い光を放つレーザーポインター。
成る程、これで目潰しをして時間を稼いだということか。

「何をそんなに睨んでいるの? 奪われたコレが惜しい?」
「……」
「それとも……奪われたら困るだけの『秘密』があるのかしら」
「……っ」

あくまで表情を一貫させていた東郷が、この時ばかりは少しだけ顔を顰めた。
伊緒奈は、それを見逃しはしなかった。
そして、嘲笑を浮かべると、スマホの画面をタップし――

――薄青紫の花弁に包み込まれた。


東郷は目を疑った。
まさか、勇者部以外にそれを扱える者が居ようとは。
或いは、誰でも扱えるように主催者が何かテコ入れをしたのかも知れない。

花弁が飛び散ると、更に目を疑う様相が展開されていた。
ついでに言うなら、伊緒奈自身も驚きを隠せなかった。
よく知っている姿と違う点として、全体的に青みを帯びているが。

その姿は紛れも無く、ウリス――ルリグのそれと、何ら変わりなかったからだ。
右肩にはロベリアの花があしらわれ、武器は東郷のそれとまったく同じ、複数の銃。
伊緒奈はその内の1つを手に取ると、彼女の額に押し当てる。

「バイバイ」

動作1つに手間取った結果が、これか。
抵抗することもなく、大人しく目を閉じる。
思い返すのは、これまでの行動全て。これが走馬灯というやつか。
それでも、失われていた2年間の記憶はどこにも見当たらないのだな、と苦笑いしたくなる気分に駆られ。


……一向に引かれない引き金に、痺れを切らして目を開けた。

「なんて、言うと思った?」

既に伊緒奈は変身を解き、スマホ片手にケラケラと笑っていた。

「……馬鹿にしているのかしら」
「そんなつもりはないわ。ちょっとした“取引”をしましょうっていうのよ」
「取引ですって?」

怪訝な顔を露にする東郷を意に介さず、伊緒奈は続ける。

「あなた、知人の誰かが殺されたでしょう。
そして、あなた自身も既に誰かを殺している」
「……!」

培った勘があるとはいえ適当にカマをかけたつもりだったが、どうやら図星だったらしい。

「どう? 私と組んでみないかしら」

それは、悪意に満ちた誘いだった。

「なにぶん私もこのゲームに勝ち残りたいクチなんだけど、いかんせん手札が悪くてねえ。
これなんかもこの城で調達したってワケ。そこで「いいですよ」

伊緒奈の言葉を遮ってまで誘いに乗った東郷の顔を、しげしげと見つめる。

「いいですよ。一時的になるとは思いますが、共同戦線を張りましょう」
「……そう、なら話は早いわね。とりあえず、食堂で朝食にしながら情報交換と洒落込みましょうか」


 ✿  ✿  ✿

食堂、というよりはパーティー会場に近いホールで黙々と朝のエネルギーを摂る2人。
東郷はうどんを啜り、伊緒奈は片手間で食べられる握り飯を頬張る。

ここまで東郷が提供した情報は、
  • 伊緒奈の言うように、既に2人以上殺した
  • 知り合いと温泉旅館で出会い、互いに協定を結んだ
  • スマホで変身すると、複数の銃器を扱える

対する伊緒奈は、
  • 1人と遭遇、後に別れた
  • 次の遭遇した男に襲われ、一時意識を失っていた
  • スマホを奪った理由は、ただ手に持っていたから程度のもの

元いた世界や他の知り合い等踏み込んだ話は一切せず、教えるつもりのない情報は全て隠し、嘘偽りで塗り固めた。
2人はそれ以上話もせず、付け入ろうともしなかった。

「御馳走様でした」
「じゃあ、今後の方針だけど」

朝食が終わると、伊緒奈は背負っていた弓矢を差し出してきた。

「あなた、こういうの出来るかしら」
「大丈夫ですよ。車椅子なので少々不安定ですが、アーチェリーの要領でどうにかなると思います。
身体には染み付いているので」

記憶は無いけれど、と心の中で付け加える。
当時の知り合いだった乃木園子曰く、失われた2年間の間に愛用していた武器、らしい。
ならば、記憶が散華していようとも身体は覚えているだろう。
無論、車椅子でも安定して撃てるように試し撃ちは必要だろうが。

「ならこれはあなたにあげるわ」
「スマホは預かっておくつもりなんですね」
「必要になったら返すわよ。あくまで『契約料』といったところかしら」
「……では、必要な場面で」

やけにすんなり引き下がったな、と不審がりつつも、伊緒奈は続ける。

「目的地は?」
「私は当初の予定通り、市街地に向かうつもりです。
風先輩との協定もありますから」
「奇遇ね。じゃあ決定」

会話がひと段落した後、東郷は軽く弓の試し撃ちをする。
ホイールが動かないようにロックを掛けてしまえば、存外どうにかなるものだった。
スナイパーライフルよりは精度が格段に落ちるが、極端に困るという程ではない。

「車椅子の方は大丈夫かしら」
「結構です。一人で大丈夫なので」

こうして2人は、アナティ城を後にした。

 ✿  ✿  ✿

【side:東郷】

上手く隠し通すことが出来た。

スマホの主導権を握られてしまったのは手痛いが、このまま伊緒奈に戦わせるのもいいかも知れない。
満開の代償を恐れている自分にとって、それを代理してくれる“生贄”の存在は非常に好都合だ。

彼女の満開ゲージは0だったが、自分は4。
神社での一件もあったお陰で、変身を躊躇する理由にするには十分過ぎた。

「(いつだって、犠牲になるのは何も知らない者ばかり)」

だから、勇者の実態を知らない浦添伊緒奈を利用する。
やっていることがまるで大赦そのものだな、と苦い顔をした。


【side:ウリス】

妙にあっさりしている女だな、と思った。
スマホの件もそうだが、同盟に至っては言葉を遮ってまで同意して来た。

「(……随分と手の掛かる手札を引いちゃったかもね)」

彼女もこちらを利用する腹積もりか。
どちらにしても、とスマホを弄る。

6時から解放されたというチャット機能と名簿を見比べながら、文面を打ち込んで行く。
“風先輩”とは“犬吠埼風”のことだろう。そして、同じ苗字であり赤いバツ印のついている“犬吠埼樹”。
こんな苗字がそう簡単にあるものではないし、血縁者、ひいては東郷美森の知り合いと見ていいだろう。

『東郷美森は犬吠埼樹を殺害した』

だから、電子の海中にその文言を放り込んだ。

 ✿  ✿  ✿

互いに相手を利用するつもりでいる2人。
悪意の花は、まだ開花したばかり。


【G-4/アナティ城/朝】
【東郷美森@結城友奈は勇者である】
[状態]:健康、両脚と記憶の一部と左耳が『散華』、満開ゲージ:4
[服装]:讃州中学の制服 [装備]:車椅子@結城友奈は勇者である、弓矢(現地調達)
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(9/10)、青カード(9/10)
[思考・行動]
基本方針:殺し合いに勝ち残り、神樹を滅ぼし勇者部の皆を解放する
     1:南東の市街地に行って、参加者を「確実に」殺していく。
     2:友奈ちゃんたちのことは……考えない。
     3:浦添伊緒奈を利用する。
[備考]
※参戦時期は10話時点です


【浦添伊緒奈(ウリス)@selector infected WIXOSS】  
[状態]:全身にダメージ(軽度)
[服装]:いつもの黒スーツ
[装備]:ナイフ(現地調達)
[道具]:腕輪と白カード、赤カード(9/10)、青カード(9/10)      
     黒カード:うさぎになったバリスタ@ご注文はうさぎですか?
     ボールペン@selector infected WIXOSS
      レーザーポインター@現実
     東郷美森のスマートフォン@結城友奈は勇者である
[思考・行動]
基本方針:参加者たちの心を壊して勝ち残る。
     1:東郷美森を利用する。
     2:使える手札を集める。様子を見て壊す。
     3:"負の感情”を持った者は優先的に壊す。
     4:使えないと判断した手札は殺すのも止む無し。    
     5:蒼井晶たちがどうなろうと知ったことではない。
[備考]
※東郷美森が犬吠埼樹を殺したという嘘をチャットに流しました。
※変身した際はルリグの姿になります。その際、東郷のスマホに依存してカラーリングが青みがかっています。


時系列順で読む


投下順で読む


072:クラッシュ・オブ・リベリオン 東郷美森 125:スコープ越しの怪物
084:その覚醒は重畳 浦添伊緒奈 125:スコープ越しの怪物