※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

わたしのわるいひと 5話



簡単に言うと、寝ようと思ってうとうとしてたらご主人様が乗ってた。
「何やってんですかご主人様」
「だ、だって師匠がキセイジジツを作れって」
「だからどこの誰ですかその師匠ってのは! ぶっとばしてやる!」
いたいけな若者に変なこと教えやがって。


とりあえずご主人様をベッドの上で正座させる。おれはベッドを降りその前に立っている。
「いいですかご主人様。安易に人のいうことを信じるものじゃありません」
「はい」
「特に性的なことに関しては慎重になりなさい」
「はい。ごめんなさい」
「わかればよろしい」
おれは手を組んでご主人様を見下ろした。

「で、ヨーはしたくないの?」

「……話を聞いていましたかご主人様」
「え? それとこれとは別でしょう?」
それはそうだが。
「いいですかご主人様。おれはヒトですよ。いつ死ぬかもわからない最弱生物ですよ。そんな奴とヤりたいっていうんですか」
「好きだもの」
うん、単純だなああんたは……本当に。
「ヨーって変なの。私のこと好きって言ったのは嘘だったの?」
「……嘘ではないです」
――ただ、拒絶されるのが怖かっただけだ。
みっともない。


「ん……」
身をかがめて、まずは唇を奪う。一瞬逃げようとする頭を捕まえてモフモフと撫でた。
ご主人様の口の中をむさぼるようにかき回す。
向こうの舌がおそるおそる応えてくれる。それに絡ませ吸ってやる。
しばらくして唇を離すと、いやらしい唾液がつーっとつながった。
「怖くないんですか?」
「ヨーに怖いことされても、いいもん」
だからそんなこと簡単に言わないでほしい。
しかし異世界に落ちてきて、散々な目に遭って、もう二度と普通に女を好きにはなれないだろうなと思ってたのに。
気づいたらこうやって人外とキスしてる……おれって一体。
未来ってのはよくわからんな。
そんなことを考えながら、寝巻きをするする脱がした。
「ひっ」
ご主人様がびくりと震える。寒いもんな。
「ちゃんといい子にしててくださいね」
その耳にささやいて、乳首をきゅっとつねった。
「ひゃ、ひゃん」
ご主人様の胸、わりと小さいけど、無くはない……揉みやすい程度の大きさだな。
両手を使ってこねてみると、ぴくぴくと小さい耳が動く。面白い。
北国生まれのせいか肌も白くて綺麗だ。
「そんなに見ちゃいやだよ……」
「見ないとできないじゃないですか」
そう嘯いて、その先端に吸い付く。
「きゃ!」
ちゅーと吸っては離しを繰り返してやると、ご主人様の腹が上下する。
「んあ、あ、あっあ」
かわいい。
頭からばりばり食ってしまいたいくらいかわいいなあ。
おれはご主人様の足の間に割り込んだ。
「ひゃっ! な、なにするの」
「いいこと」
ご主人様の太ももをさすさすしながら、おれはにこにこ笑った。
小さな下のお口はすでにちょっと濡れている。

やべえテンション上がってきた。

ご主人様の割れ目をそーっと撫でる。
「やっ……そんなこと」
「いい子にしてるって言ったでしょう?」
そう言いながら、割れ目の中へくちゅりと指をもぐりこませた。
「だめ、だめだよう」
ご主人様のそこはぬるぬるしていて、やわらかくて、触っていて気持ちがいい。
今すぐ突っ込んでやりたいところだけど、我慢我慢。
ぐちぐちとこすってやると、そのたびにご主人様がいい声で鳴く。
喘ぎが耳から脳みそを回っておかしくなりそうだ。
「ああ、あっ……ヨー、何か変だよ」
やっぱりよく知らずにああいうこと言ってたんだな。予想はしてたけど。
返事をせずにおれはご主人様のぬるつく中に中指を差し入れた。
「うわっ! そんなとこ指いれちゃ……あああ」
第三関節まで深く差し入れると、すぐにぎりぎりまで引き抜いた。
「あっ……あ、きゃあ……んん!」
それだけでご主人様はびくんびくんと体を震わせる。
「すごく狭いですね」
「ひゃあ、あん、あああ」
指をまげて引っかいてみたり、かき混ぜてみたりして、いじくりまわす。
ご主人様は黒い目を潤ませ、息も絶え絶えだ。白い肌が桜色に上気している。
かわいい。
「や、ヨー、ヨー。何か来ちゃう、来ちゃうよお!」
「もういっちゃうんですか?」
ご主人様は切なげにおれの頭を掴んだ。おれは上目遣いにそれを見る。
「大丈夫ですよ。気持ちよくなるだけですからね」
そう答えて指の速度を上げる。聞こえよがしにいやらしい音を立てて煽る。
「えっ……あっ! ひゃ、ああん。あ、っあ!」
ご主人様はひときわ大きい痙攣をしておれにしがみついた。どくどくっと蜜があふれる。


おれはご主人様が落ち着いたのを見届けると、ベッドに押し倒した。
「え、こ、こっちでするの」
「前からのほうがよく見えていいでしょう?」
ひょいとご主人様の足を持ち上げてしっかり開かせると、おれはにやにやと笑った。ご主人様は押し黙る。
すでに準備が整った自分自身をあてがう
「いきますよ」
ご主人様はこくんとうなずいた。
「ヨー」
「何ですか?」
「手、繋いでて」
「はい」
覆いかぶさりご主人様の手を握ると、一気に貫いた。
「きゃあっ!」
奥まで押し込むと、とろっと愛液がにじむ。
「ご主人様?」
ご主人様の様子がおかしいのに気づいておれは尋ねる。
「どうして泣いてるんですか? 痛いですか」
「ん……」
「大丈夫ですか? やめますか?」
「ちが、う……うれしい、うれしいの」


血が逆流するんじゃないかというくらい興奮した。
この人を犯したい。
頭からしっぽまでぐっちゃぐちゃに汚してやりたい。
「……動きますよ」
「う、うん……」
おれはゆっくりと腰を使い始める。
「あ、あ……ああん」
「大丈夫ですか?」
「うん…あ、ああっ!」
少しずつ、ご主人様の声が甘くなっていく。
おれもそれに合わせて、徐々に腰を激しく打ち付ける。
彼女の中は狭くて、暖かくて、すぐに搾り取られそうだ。杭を打ち込むたびに、とろとろと穴から蜜が流れる。
いくのがもったいないくらい気持ちいい。
「ひゃあ、あっあ。ヨー、ヨー」
ご主人様が強くおれの手を握ってくる。おれもそれを握り返した。
シーツにいやらしい液が流れて落ちた。ご主人様の目に涙が浮かんだのを、舌で舐め取る。
荒い吐息が交わって一つになった。
「ヨー、ヨー、また、また、変になっちゃうよお……」
「いっちゃうんですか?」
「うん、いっちゃう、いっちゃうよお」
「おれも、そろそろ……」
最後の力を振り絞ってぐちゃぐちゃとご主人様を犯す。ご主人様は口を閉じることができないのか、ほほをよだれがつっと伝った。
「ああっ……ああ。いくよお」
ご主人様が気をやってしまったのを確かめてから、おれも思いのたけをご主人様の中に放った。
どくどくとご主人様の中を流れて、あまった分があふれ出した。
「いい子でしたね」
おれはご主人様の頭をモフモフなでた。その手の甲に、ぴりりとした痛みを感じた。



十数分後、ベッドの脇。
「ヨー、ごめんね、ごめんね」
「別にたいした怪我じゃないんでいいですよ」
手に絆創膏を貼りながら、おれは答えた。
やっぱり体のつくりが違うんだなあ……。ちょっと爪を立てただけで。
ご主人様はしゅんとしている。耳もしっぽもちょっと垂れている。そんなに気にすることないのに。
「まあ、そこまで言うならまた埋め合わせしてもらいますから」
「うん、わかった」
本当にわかっているのか……まあいい。
ヒトの人生は短い。ご主人様をたくさんかわいがってやろう。
もちろん性的な意味で。


ヨーは眠ってしまった。
星明りに手を透かしてみると、爪に血がこびりついている。
やっぱり私はヨーとは違う存在なんだ。そう思うと悲しくなってくる。
でも、同じ存在だったとしてもきっと悲しい。
なぜなら、私は嘘つきだから。
本当はこの世に存在すべきでない子どもだから。