イントロダクション


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―善良月、一の巡り、星曜日―

 乾いた丘の頂に炎が踊っていた。この丘にも、かしこの丘にも。
 人跡まれなこの荒れ地を、人間たちは竜煙山脈、あるいは竜煙の地と呼ぶ。
 その竜煙の地の中心部一帯、エルシア谷を見下ろす尾根尾根に、大きなかがり火がいくつも焚かれていた。

 そこには数千の戦士たちが集っていた。
 鎧を緋色に染めたホブゴブリン。筋骨隆々たるバグベアの狂戦士。
 ゴブリンのウォーグ乗り、スカーミッシャー(軽装で飛び道具を使う戦士)、弓兵。
 うろこに覆われた者たちもおり、その大きさは往々にして衆に抜きん出ている。
 これらの者たちはみな、長きにわたって互いに戦いあってきた。
 部族は部族と争い、種族は種族と争い、いつ果てるともない戦と争いと裏切りをくりかえしてきた。 

 だが、今は。

 この夜、彼らは一体となり、憎むべき敵と敵とが肩を寄せあい、
 同胞として声を一つに叫びをあげていた。
 彼らは己の力を知り、歌い、踊り、煙にかくれて見えない星々にむかって剣をふり上げた。

  「われらはカルカー・ズールだ!」

 彼らはそう叫んだ。雷鳴のような声は丘陵を揺るがした。

 「竜の民だ! ウイグルス・ナ・ハルガイ! だれにもわれらを止めることはできぬ!」

 けれど、やがて彼らの声は、一部族また一部族と静まっていった。
 鎧をきしませて、戦士たちは“語る者の座”と呼ばれる高台をふりあおいだ。
 軍勢の中から、ただ一人の男が歩み出て、丘のなぞえに刻まれた、
 いつのものとも知れぬ古い石段を、ゆっくりと踏みしめて登ってゆくのだった。
 その背後には、軍勢の掲げる百の戦旗が、槍ぶすまのように立ち並んでいた。
 旗の色は明るい黄色、そしていずれの旗にも大きな赤い手が染めぬかれている。
 旗を掲げるウォープリースト、すなわち兵の恐怖を払う戦の僧侶たちが、
 声低く戦の祈りを捧げるなか、男は石段を登っていった。

 男は百段目で足を止め、将の言葉を待ちうける戦士たちに向きなおった。
 彼は丈高く力強く、ホブゴブリンの長のひとりであった。
 けれど、その肩には鈍い青色をしたうろこがきらめき、頭からは後方に三本の角が伸びていた。
 そして彼は叫んだ。 

「わが名はアザール・クル、竜の子アザール・クル、
 聞け、カルカー・ズールの戦士たち、明日われらは戦に出で立とうぞ」

 戦士たちは同意のしるしに大音声をあげてこたえ、足をふみ鳴らし、槍を盾にうちつけた。
 アザール・クルは無言で両手をあげ、人々の静まるのを待って、ふたたび言葉を継いだ。

 「“滅びの手”のウォープリーストたちがわれらに道を示してくれた。
 彼らはわれらに教えてくれた、名誉を、規律を、服従を、そして力を。
 もはやわれらは互いに争いあって空しく血を流すことはない。
 われらはエルフの、ドワーフの、人間の土地を取ってわがものとしよう。
 滅びの赤き手の旗のもと、

 進軍し(進軍!進軍!進軍!)、

 勝利し(勝利!勝利!勝利!)、

 征服しよう(征服!征服!征服!)。

 カルカー・ズールの戦士たちよ、おまえたちが今夜ここに集ったことを、よくおぼえておくがいい。

 これからのちの百代にわたって、
 おまえたちの子、また孫は、おまえたちが剣をもって流した血と、かちえた栄光のことを、
 夜の物語に語るだろうから。

 時はきた、兄弟たちよ─われらは戦に行こう!」

 将の呼びかけにこたえてカルカー・ズールの軍勢は雄叫びをあげた。

 その声は大きく、大きく、燃える丘よりもなお大きかった。