※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



論理演算子

SQL では、すべての論理演算子は、TRUE、FALSE、または NULL(UNKNOWN)を返します。 MySQL では、これは 1(TRUE)、0(FALSE)、NULL として実装されています。ほとんどの場合、これらの値は異なる SQL データベース間で共通していますが、場合によっては、TRUE に対してゼロ以外の値が返ることもあります。


NOT , !
論理 NOT。 オペランドが 0 の場合は 1 を返し、ゼロでない場合は 0 を返し、NOT NULL の場合は NULL を返す。

mysql> SELECT NOT 10;
        -> 0
mysql> SELECT NOT 0;
        -> 1
mysql> SELECT NOT NULL;
        -> NULL
mysql> SELECT ! (1+1);
        -> 0
mysql> SELECT ! 1+1;
        -> 1
最後の例の場合、式が (!1)+1 と同様に評価されるため、1 が返る。


AND , &&
論理積。 すべてのオペランドがゼロでも NULL でもない場合は 1 を返し、1 つ以上のオペランドが 0 の場合は 0 を返す。それ以外の場合は NULL を返す。

mysql> SELECT 1 && 1;
        -> 1
mysql> SELECT 1 && 0;
        -> 0
mysql> SELECT 1 && NULL;
        -> NULL
mysql> SELECT 0 && NULL;
        -> 0
mysql> SELECT NULL && 0;
        -> 0

注意: 4.0.5 より前のバージョンの MySQL では、NULL が検出されると、使用可能な 0 値をチェックするプロセスが継続されずに、評価が停止される。そのため、これらのバージョンの場合、SELECT (NULL AND 0) では 0 ではなく NULL が返る。 バージョン 4.0.5 では、引き続き可能な限り最適化を図る一方で、常に SQL標準で規定されたとおりの結果になるようコードが再設計されている。


OR , ||
論理和。 いずれかのオペランドが非ゼロの場合は 1 を返し、いずれかのオペランドが NULL の場合は NULL を返します。それ以外の場合は 0 を返す。

mysql> SELECT 1 || 1;
        -> 1
mysql> SELECT 1 || 0;
        -> 1
mysql> SELECT 0 || 0;
        -> 0
mysql> SELECT 0 || NULL;
        -> NULL
mysql> SELECT 1 || NULL;
        -> 1


XOR
排他論理和。 いずれかのオペランドが NULL の場合は NULL を返す。 NULL 以外のオペランドに対しては、奇数個のオペランドが非ゼロの場合は 1 を返し、それ以外の場合は 0 を返す。

mysql> SELECT 1 XOR 1;
        -> 0
mysql> SELECT 1 XOR 0;
        -> 1
mysql> SELECT 1 XOR NULL;
        -> NULL
mysql> SELECT 1 XOR 1 XOR 1;
        -> 1

a XOR b は数学的に (a AND (NOT b)) OR ((NOT a) and b) と等価。
XOR はバージョン 4.0.2 で追加された