※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



GET_FORMAT

GET_FORMAT(DATE | TIME | TIMESTAMP, 'EUR' | 'USA' | 'JIS' | 'ISO' | 'INTERNAL')
フォーマットの文字列を返す。この関数は、DATE_FORMAT() 関数や STR_TO_DATE() 関数と組み合わせて使用したり、サーバ変数 DATE_FORMAT、TIME_FORMAT、DATETIME_FORMAT を設定したりするときに役立つ。最初の引数には 3 つの入力可能値があり、2 番目の引数には 5 つの入力可能値があるため、結果として返されるフォーマット文字列は全部で 15 通りある(使用される指定子については、DATE_FORMAT() 関数の説明に含まれている表を参照)。
関数呼び出し 結果
GET_FORMAT(DATE,'USA') '%m.%d.%Y'
GET_FORMAT(DATE,'JIS') '%Y-%m-%d'
GET_FORMAT(DATE,'ISO') '%Y-%m-%d'
GET_FORMAT(DATE,'EUR') '%d.%m.%Y'
GET_FORMAT(DATE,'INTERNAL') '%Y%m%d'
GET_FORMAT(TIMESTAMP,'USA') '%Y-%m-%d-%H.%i.%s'
GET_FORMAT(TIMESTAMP,'JIS') '%Y-%m-%d %H:%i:%s'
GET_FORMAT(TIMESTAMP,'ISO') '%Y-%m-%d %H:%i:%s'
GET_FORMAT(TIMESTAMP,'EUR') '%Y-%m-%d-%H.%i.%s'
GET_FORMAT(TIMESTAMP,'INTERNAL') '%Y%m%d%H%i%s'
GET_FORMAT(TIME,'USA') '%h:%i:%s %p'
GET_FORMAT(TIME,'JIS') '%H:%i:%s'
GET_FORMAT(TIME,'ISO') '%H:%i:%s'
GET_FORMAT(TIME,'EUR') '%H.%i.%S'
GET_FORMAT(TIME,'INTERNAL') '%H%i%s'

ISO 形式は ISO 8601 ではなく、ISO 9075。

mysql> SELECT DATE_FORMAT('2003-10-03', GET_FORMAT(DATE, 'EUR')
        -> '03.10.2003'
mysql> SELECT STR_TO_DATE('10.31.2003', GET_FORMAT(DATE, 'USA'))
        -> 2003-10-31
mysql> SET DATE_FORMAT=GET_FORMAT(DATE, 'USA'); SELECT '2003-10-31';
        -> 10-31-2003
GET_FORMAT() は MySQL 4.1.1 以降で使用できる。