※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



DATE_FORMAT

DATE_FORMAT(date,format)
format 文字列に合わせて、date 値を形式設定する。format 文字列では、次の指定子を使用できる。
指定子 説明
%M 月の名前(January..December)。
%W 曜日名(Sunday..Saturday)。
%D 英語のサフィックス付きの日付(0th、1st、2nd、3rd など)。
%Y 4 桁の数値で表した年。
%y 2 桁の数値で表した年。
%X 日曜日を週の最初の日とした場合の週に使用する、4 桁の数値で表した年。%V と組み合わせて使用。
%x 月曜日を週の最初の日とした場合の週に使用する、4 桁の数値で表した年。%v と組み合わせて使用。
%a 略式の曜日名(Sun..Sat)。
%d 数値で表した日付(00..31)。
%e 数値で表した日付(0..31)。
%m 数値で表した月(00..12)。
%c 数値で表した月(0..12)。
%b 略式の月名(Jan..Dec)。
%j 年間を通した日にち(001..366)。
%H 時(00..23)。
%k 時(0..23)。
%h 時(01..12)。
%I 時(01..12)。
%l 時(1..12)。
%i 数値で表した分(00..59)。
%r 12 時間形式の時刻(hh:mm:ss に続けて AM または PM)。
%T 24 時間形式の時刻(hh:mm:ss)。
%S 秒(00..59)。
%s 秒(00..59)。
%f マイクロ秒(000000..999999)。
%p AM または PM
%w 曜日(0=Sunday..6=Saturday)。
%U 日曜日を週の最初の日とした場合の週(00..53)。
%u 月曜日を週の最初の日とした場合の週(00..53)。
%V 日曜日を週の最初の日とした場合の週(01..53)。%X と組み合わせて使用。
%v 月曜日を週の最初の日とした場合の週(01..53)。%x と組み合わせて使用。
%% リテラルの ‘%’。

その他の文字はいずれも、解釈されずにそのまま結果にコピーされる。
%f 形式指定子は MySQL 4.1.1 以降で使用できる。
MySQL バージョン 3.23 以降では、形式指定子文字の前に ‘%’ 文字を挿入する必要がある。それより前のバージョンの MySQL では、‘%’ の使用は任意。
月と日の指定子の範囲がゼロから始まっている理由は、MySQL 3.23 以降では、'2004-00-00' のような不完全な日付の格納が許容されるため。

mysql> SELECT DATE_FORMAT('1997-10-04 22:23:00', '%W %M %Y');
        -> 'Saturday October 1997'
mysql> SELECT DATE_FORMAT('1997-10-04 22:23:00', '%H:%i:%s');
        -> '22:23:00'
mysql> SELECT DATE_FORMAT('1997-10-04 22:23:00',
                          '%D %y %a %d %m %b %j');
        -> '4th 97 Sat 04 10 Oct 277'
mysql> SELECT DATE_FORMAT('1997-10-04 22:23:00',
                          '%H %k %I %r %T %S %w');
        -> '22 22 10 10:23:00 PM 22:23:00 00 6'
mysql> SELECT DATE_FORMAT('1999-01-01', '%X %V');
        -> '1998 52'