OVA Gate-X登場人物


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

OVA版 朝食戦隊スイハンジャー -GATE X- 登場人物


天海春香/スイハンストロベリー モーガ値:983

「万能無敵!スイハンストロベリー!」
本編ではテラスイーツ首領アマーミ・ハル閣下として登場。
ヤシロオサによって悪の女帝へと変えられた彼女だったが、今作では洗脳を受けず、16歳の歳まで平穏な暮らしを続けていた。
しかし、「この世界」のヤシロオサの侵略が始まり、テラスイーツが世界で猛威を振るうようになった時、
危機に陥った彼女は秋月博士の同僚である金田プロデューサーによって命を救われる。
彼によって、モーガニックエナジーの素養を見出された春香はそのままスカウトされ、スイハンジャーの一員として
テラスイーツと戦う戦士となった。
命を救われた金田Pへの淡い恋心を胸に、春香は2人の仲間と共に世界の危機に立ち向かう。

こちら側のスイハンジャーにおいて、ムードメーカーとしての役割を与えられた春香のモーガニックエナジーの色は、
熱い情熱を秘めたレッド。
専用武器はモーニングブレイド・B&F。モーニングソードから分岐発展したとされる一対の剣である。
一方は切断力と破壊力を強化した、TYPE:Break。もう一方は速度と取り回しに特化した、TYPE:Fast。
性質の違う二刀を上手く使いこなせば、多彩で隙のない攻防が可能。
必殺技はストロベリージェラシー。
高めたモーガニックエナジーを剣と全身に行き渡らせ、重く速く切れ目のない連続攻撃で相手を滅多斬りにする。
また、二本の剣を組み合わせ合体させる事で起動する一撃必殺の大剣形態、ツヴァイハンダーモードがあるらしいが、
この機能はまだ春香が扱えていないので詳細不明である。

「ねぇ…千早ちゃんはその、プロデューサーさんの事、どう思うかな?べっ、別に変な意味じゃないよ!?」

天海春香/スイハンペチカストロベリー モーガ値:1966↑(推定で通常値の二倍以上)

「爆誕!満を持して!スイハンペチカストロベリー!」
OVAにて登場。
春香のテンションがMAXまで上昇した(ブースト状態)時、スイハンチェンジャーより「Limit Break!」の電子音声が発声されて変身可能となる。
アーマー自体の性能は無印OVAのペチカとおおよそ同等。
しかしテンションMAXに達した“心の力”は計測値の二倍を超すモーガ値を発揮させるとされており、
強化変身によってこの状態を強制維持するペチカの実戦闘力はそれ以上に高い。(無論、負担や消耗も爆発的に増大しているが)
武装は普段と同じくモーニングブレイド・B&Fだが、Type:Break、Type:Fastに加えてTYPE:Break-Fast(通称ツヴァイハンダーモード)の使用が解禁される。



如月千早/スイハンブルーベリー モーガ値:1016(エナジー発生器によりモーガ値+800

「疾風最強!スイハンブルーベリー!」
本編では如月助手として登場。
最大の違いは過去に起こったシアン・ブージンの侵攻によって弟を亡くした際、自身も重傷を負ったこと。
この時アンナと同様に人工モーガニックエナジー発生器を組み込まれて生きながらえたことにより、副作用的な形で変身能力を得ている。
侵略に対する憎しみが強いところは如月助手と同一だが、自分で戦える力を得てしまった分、本編以上に心を閉ざしているところがある。
真っ先にスイハンジャーとして選抜されたこともあってリーダーに任じられる。
最初は形ばかりで逆にチームワークを乱してしまっていたが、仲間と共に苦難を乗り越えていくなかで成長し、
名実共にリーダーとして力を発揮するようになって行く。

スイハンジャーのリーダーを務める千早のモーガニックエナジーの色は、弟を失った悲哀と絶望の色。空の蒼、ブルー。
専用武器は背中に装着した、鳥の翼を模した青色の盾兼用の剣「ロワゾー・ブルー」(ジェットマンの羽の大きなもののような感じ)。
鳥の翼そのものの形をしており、意思をモーガニックエナジーを介して伝達し、体を包み込んで防御したり、腕に添わせる形で切りつけて攻撃する。
飛行は出来ないが短時間なら滑空することも出来る。

「ダメよこんな事じゃ・・・!私が2人を引っ張っていかなきゃ、世界が、みんなが、・・・あの子が。きっと私を許してくれない・・・。」

菊地真/スイハンブラックベリー モーガ値:861

「豪腕爆砕!スイハンブラックベリー!」
本編ではテラスイーツの鬼神将軍フルマッコとして登場。
大首領に戦士として育てられた彼女だが、こちらではとあるレーサーの家庭に引き取られて成長した。
その家の姓が『菊地』であり、付けられた名が『真』だったことは運命のいたずらとしか言いようがない。
テラスイーツに対する純粋な正義感だけで、スイハンジャーに志願して戦いに参加する。
父親からは反対されているが、彼女自身はスイハンジャーとして人々に必要とされる事でその父親に
今の仕事を認めさせようと思っている。それが父親への甘えとは気付かずに・・・
余談だが春香とは親友同士である。お互いに相手がスイハンジャーをやっていると知ったときには驚いたとか。
その所為か第一話の時点でストロベリーと息の合ったコンビネーションを見せている。
最初は千早の、自分達に何も言わず進めてしまう所に苛立ち、反発していたが、
千早の過去を知り、自分と同じテラスイーツに人生を歪められた者と知り、和解する。

正義の戦士としてその剛力を優しき心で振るう真のモーガニックアーマーの色は、力強く、また女の神秘の色のブラック。
専用武器の豪槍・ブラック蜻蛉切でテラスイーツを薙倒しつつ戦場を駆け抜ける姿はこちらでも鬼神の名を欲しいままにしている。
そしてその豪槍から繰り出されるブラックベリーラッシュはまさに驚異の一言である。
また万が一に武器を壊された場合の隠し技としてリズムを取るように右足を地面に何回もだんだん速くしながら叩きつけ
エナジーを急速に右足に集中させて一撃必殺技の威力まで高めた後、
綺麗なフォームから繰り出すトラースキックをエージェント・ブラックベリー・ミュージックと呼んで使用する。

「あ、春香またほっぺたにご飯粒つけてるよ?とってあげるね。はい…パクッと、へへ!食べちゃった、やーりぃ♪」
「1、2、3、4、5、6…せやッッ!!!」

金田上一郎/プロデューサー モーガ値:255(実際は765)

秋月博士と共に、スイハンジャーを指揮する組織の若き「プロデューサー」。
経験の浅いスイハンジャーのメンバーのレッスンを指導し、戦士へと導くのが仕事である。
また、素質のある人材を発掘し、スイハンジャーのメンバーにスカウトする事もある。
しかし彼自身もまだ未熟なプロデューサーであり、何度も失敗しては博士にたしなめられている。
命を助けた春香にそれとなく言い寄られているが、本人は鈍感な為に全く気がついていない。
でも突然現れ、教え子である春香に色々と教えているスイハンオレンジの存在に、ちょっとやきもきしている。
本来モーガニックエナジーに対する先天的な適合力はそれなりなのだが、社会人の常か徹夜仕事や不安定な食生活が染みついており、
それが祟って数値が減退している。
スイハンジャー達の訓練・状態管理のため更なるハードワークをこなしている今現在は、モーガニックアーマーを纏うこともままならない。

+ネタバレにつきクリックで表示します
OVA後半、彼は暗黒女王雪歩様に捕らえられ、洗脳されてテラスイーツ幹部としてスイハンジャーの前に立つことになる。
眠っているモーガニックエナジーを限界まで引き出され、ブラックセバスと名乗り、かつてない強敵として
スイハンジャーに試練を与えていく。

「何を言ってももう「やるしかない」。ここは、そういう世界なんだ。」

スイハンオレンジ

オレンジ色のモーガニックアーマーを纏った謎の戦士。ゴーグルに隠されたその素顔は窺い知れない。
年端もいかない少女の外見で、何故かスイハンジャーと同じ装備を所持しており、圧倒的な力で戦場に現れた。
イレギュラーと呼ばれ両陣営から恐れられている。
スイハンジャー、テラスイーツに強敵を見出し両陣営に挑戦してきたり、
後に戦士として苦悩する春香の心を励まし踏み出せない一歩を踏み出す勇気を教え成長を促したり
スイハンジャーと共に行動したりとなぜか敵なのか味方なのか解らない不可解な行動をする。
主な必殺技はオレンジクラッシュ。
両手を広げ二本の剣を呼び出し数回二刀で斬りつけた後、「オレンジ…クラッシュ…!」の掛声と共に
一気に両手を振り上げ上段から電光石火叩きつけるように高速で斬りつける。
ただ単に戦いだけを楽しむような人物ではなく誇り高い戦士であることは間違えないのだが、
はたしてその正体は…?

+ネタバレにつきクリックで表示します
正体は劇場版第二弾ラストでシアン・ブージンに戦いを挑んだスペーシモヤシである。
ラストのその後において、シアンとの激突でもう一つの世界があることを知り
その世界の高エネルギー体にも挑戦すべく次元を越えてやってきた。(シアンがどうなったかは不明)
侵略の意思はなく、自分を上回るような強者との戦いを望む。
本編でやよいの姿や思考をコピーしたこと、死闘の末の敗北、やよいとの間に芽生えた友情などの影響で、
43話時点よりほんの少しだけ他者を思いやるようになったとはいえ、強者とみると挑戦するクセがあるので
迷惑なことにはあまり変わりない。
よく似たこの世界では自分を破ったオレンジ(やよい)が戦士ではなくただの少女であることを感知。
「私がもう一人いれば」というかつての願いを今更実行すべく、もう一人のオレンジとして動きだす。
趣味と実益を兼ね、他の戦士の成長を促すといった行動もとる。そしていつかどれだけ成長したかを
確認するため勝負を申し込む予定である。
おそらくオレンジクラッシュは自分を破ったオレンジダイナミック・初段~三段目を破るため
オレンジダイナミック返しとして自ら改良開発した技であると考えられる。
なお、やよいをコピーした所為なのか、本人同様たまに「る」が「れぅ」に聞こえるなど、少々滑舌が悪くなっている。
スペースモヤシ自身は、嬉しいような悲しいような複雑な気持ちらしい。

「春香、君は友人や家族の笑顔をどう思う?『ただ守りたい』。それだけでいい。それが強い心となる…。私は友達にそう教わった。」
「私が知る限り、スイハンジャーとはもっと強い者達のはずだ。身も、心もな…」


新生テラスイーツ

暗黒女王雪歩様

ヤシロオサを頂点とする新生テラスイーツ総司令。本編ではゲルマン忍術とドリルを駆使してテラスイーツと戦った、スイハンライスことアンナ・Y・ホッテンマイヤー。
性格は冷酷非情な女王様で、基本的に部下や怪人、戦闘員は使い捨てだと思っている。
部下や敵を「豚」と呼ぶ。後半、豚呼ばわりされて怒り狂った春香との激戦は、今作屈指の名場面である。
妄想にふけり、よく自分の言葉を聴き忘れたりするサンダーボルぴょを、そのたびに自室に引きずり込んで鞭打っている。
だがその能力は高く評価しており、信頼を置いている。
洗脳前の姿は、Bランク二人組アイドルユニット「D-LOVE」の一人、萩原雪歩。
もう一人のユニットメンバーの水瀬伊織も洗脳済みだが、アフリカ戦線に投入されており、作中には登場しない。
暗黒女王雪歩様はこの洗脳した伊織を通じてこっちの世界の水瀬財閥を裏から掌握しており、これこそが
本編に比べて遙かに短い期間で新生テラスイーツが組織としての基盤と高い技術力を確保した理由に他ならない。

今作では、ゾーリンゲンにヤシロオサの体組織を組み込んだ暗黒液体金属ナムコメタルで作られた鞭「シュヴァルツテイル」を使用する。
流体金属である為、形状を自由に変えることが出来る(ただし、「鞭」というカテゴリ以外には変更できない)
必殺技は鞭を相手の首に巻きつけて自分の足元引きずり寄せ、鞭で滅多打ちにした後ヒールで踏みにじる「Call me Queen」

「『お前』ぇ?分際を弁えなさい、豚!暗黒女王雪歩様お呼び!」
「お前が無能だから、私が直々に倒しにいくんでしょうが!」
「お仕置きが必要ね、サンダーボルぴょ……」
「そこの醜い赤豚、貴方はどんな声で鳴くのかしらね?聞いてみたいわ」

妄将 サンダーボルぴょ

新生テラスイーツ将軍。年齢不詳。不詳ったら不詳。
本人は知将と呼ばれたいらしいが、一度スイッチが入ると、なかなか妄想の世界から出てこないためにこう呼ばれるようになった。
だがその能力は高く、作戦立案・戦闘指揮に特に優れるが、自身の戦闘力も高い。
普段はかわいらしい感じの年上のお姉さん風だが、戦闘時は大人の色気あふれるちょっと不思議で過激なお姉様になる。
実はサンダーボルぴょとしては二代目である。

戦闘スタイルは、スピードには欠けるものの、近接航空支援機の様なパワフルな武装を使用し、敵を蹴散らす。
鎧の右腕部と一体化した打撃武器「F.A.E.ナックル」と、鎧の両肩と一体化した鉄球の変わりに30mm機銃弾を一斉に発射する対人地雷を転用した「アヴェンジャークレイモア」が主武器。
ダッシュで相手の懐に飛び込み、F.A.E.ナックルで相手を宙に浮かせ、アベンジャーブラストで追撃する必殺技「ジョーカー」を持つ。

「うゅぅゅぅゅ……はっ!?……すいません、妄想してました」
「分の悪い賭けは、嫌いじゃないの……!」
「全弾、持っていきなさい!」

ブラックセバス

新生テラスイーツ第三の幹部。普段は灰色の背広を着ている。
気性は激しく、猛々しい。自分より上に立つものに激しい敵愾心を抱く。
スイハンジャーを倒して力を奪い、その力で雪歩様とヤシロオサを下し、唯一の絶対者となることを目論む。
モーガニックエナジーを使いこなし、戦闘時には背広の上に禍々しい形状のモーガニックアーマーを纏う。
卑劣な戦術を好み、敵の絶望と苦痛の表情を見る事が生き甲斐。



you-i(ゆーい)

本編の¥迎獣にあたる。メタボリック獣人を巨大化させることが出来る。
ユニットメンバーは ぶんたもにょあしげちゃん
作中の活躍が少ない事と、¥迎獣の印象が強すぎることもあり、非常に影が薄い。
巨大化の合言葉は「ジャイアント for You!」


たかはしさんと今井さん

根強い人気を誇る深夜放送ラジオ番組「オールナイトジューシー」でパーソナリティを務める二人
春香も熱心なリスナーの一人で、投稿が何度か採用されている(恋愛相談とか)



  • ova2は高槻やよい(アイマス)が高槻やよいに扮するスペースモヤシを演じるってことになるんだろうな。ややこしいw -- 名無しさん (2008-08-24 22:25:09)
  • ↑やよいがやよいを演じるってことで多分ウルトラセブンXのセブンって感じになると思うぜ -- 名無しさん (2008-08-25 03:30:30)
  • あえてのブルーベリーリーダー説を唱えてみる。ストロベリーはムードメーカーな感じで -- 名無しさん (2008-08-27 19:07:47)
  • 春香と言えば、Pへの淡い恋じゃね?という先入観で設定立ててみた。金田Pか泰Pか、公式P2人で悩んだけど…こういうのでいいかな -- 名無しさん (2008-08-27 19:29:37)
  • P名は難しいな。何とも言えない。しかし淡い恋心とか言われると、Pが中盤で操られて敵のネームド化な展開とかやりたくなるわけですがw -- 名無しさん (2008-08-27 19:44:34)
  • ↑うん。当然考えてた!w どうせなら千早とトライアングラーだったら更に盛り上がるんだが・・・あれ、真じゃないか。何しn -- 名無しさん (2008-08-27 20:09:25)
  • 流石にトライアングラーはやめとくべきだろうなー。物語の重心が『スイハンジャーの三人』から『P』に移動してしまうし、それだと本末転倒っしょ -- 名無しさん (2008-08-27 20:27:29)
  • 真の軸が思いつかないねぇ・・・まこゆきは使用済みだし、どういうキャラにするべきかな -- 名無しさん (2008-08-27 21:44:31)
  • ならば逆にゆきまこ、と考えたけどanother story で献身的に世話してるから・・・難しいねぇ -- 名無しさん (2008-08-27 21:59:50)
  • ↑じゃあいっそりつまこにしちゃおうゼ☆で、折角のパラレルだしメガネつけて脳筋キャラ脱却しようゼ☆……ごめん、脳みそ通さずに発言したorz -- 名無しさん (2008-08-27 22:11:56)
  • とりあえず真=カップリングの発想から一旦離れようぜ。戻ってくるのはいつでも出来るw -- 名無しさん (2008-08-27 22:16:35)
  • 逆転の発想で、天涯孤独の設定とか!・・・もう真じゃないな。。 -- 名無しさん (2008-08-27 22:25:11)
  • ↑↑「戻ってくるのはいつでも出来る」…確かにw -- 名無しさん (2008-08-27 23:03:21)
  • やよいと伊織が存在抹消前提ってどうよと思って弄った。反論は認める -- 名無しさん (2008-08-28 03:20:08)
  • ↑まあ、スペースモヤシを贔屓にする理由も必要性も特に感じなかったし。いいんじゃね?きっとやよいはのどかに農ドルやってるんだな・・・w -- 名無しさん (2008-08-28 06:59:46)
  • キサラギ粒子吹いたww -- 名無しさん (2008-08-28 22:35:45)
  • 後々項目が増えたりコメントが混在する事を考えると、another story と-GATE X-は個別にした方が良いような気がしてきた -- 名無しさん (2008-08-28 22:45:24)
  • 編集乙、wikiなんだし存在抹消前提を納得できる設定に弄るのもおkだろ。GJ。 -- 名無しさん (2008-08-29 03:33:40)
  • 春香で考えていた設定を投入してみた。専用武器云々は名前含め穴だらけだと思うので再構成よろ(;´д`) -- 名無しさん (2008-08-29 07:31:12)
  • やはり真はカップリングから離れられないのか…w まこはる!まこはる! -- 名無しさん (2008-08-29 07:38:03)
  • せんせー! 無色のモーガニックエナジーだとアーマーがシースルーになってしまいます! -- 名無しさん (2008-08-29 13:42:49)
  • ↑↑初期段階で春菊のラインが成立しているということは、しばらく二人がかりで千早の心を開かせる(と書いて攻略すると読む)流れになりそうだ -- 名無しさん (2008-08-29 15:38:00)
  • ↑↑そ、それは想定外だった・・・ッ!!原作没個性っぷりをスイハンジャーで生かせないかと思ったんだケド。ダメか、消すのか。。 -- 名無しさん (2008-08-29 17:16:58)
  • 海の水が青く見える理由みたいなもの、とはまた違うかw>無色のモーガニックエナジーが赤く見える理由 -- 名無しさん (2008-08-29 19:05:41)
  • まああれだ。無色って没個性どころかむちゃくちゃ特殊だよな -- 名無しさん (2008-08-29 19:19:42)
  • 黒春香白春香赤春香を、何とか表現したかったんだがなぁ・・・。無色消しておく -- 名無しさん (2008-08-29 20:32:10)
  • メニュー編集してくれた人( ´ω`)ノ アリガト! -- 名無しさん (2008-08-29 20:53:51)
  • 真→春香→金田Pって・・・結局トライアングラーじゃないかw -- 名無しさん (2008-08-30 07:33:01)
  • 蜻蛉切…「とんぼぎり」と「かげろうぎり」、どう読ませるかで結構印象が変わりそうだ。やっぱり前者なのかな? -- 名無しさん (2008-08-30 10:08:14)
  • そりゃトンボでしょ。戦国最強、本多忠勝の武器だしw あっちが呂布イメージだったから、こっちは忠勝なんだなきっと。 -- 名無しさん (2008-08-30 10:12:36)
  • 千早の専用武器はなんだろうねぇ・・・バイアネットはオシャレすぎるし、斧ってイメージでもない、剣は使用済み、鳥形のブーメランとか考えたけど、無理矢理かねぇ・・・。 -- 名無しさん (2008-09-01 01:07:47)
  • トンボだろうなぁ。つまり本編フルマッコと戦ったら「度し難い人だ…。テラスイーツに属した方が獲物が多い。それだけの理由でヤシロオサに従うのか!」「フン。さぁ、最高の獲物よ!ボクを楽しませてみろ…!」ですね、わかりm -- 名無しさん (2008-09-01 03:27:58)
  • 千早の専用武器…うーん。蒼い鳥の翼ってことで某○ダムの光の翼なんかどうだろう。翼で斬れるしそれで防御もできる、鉄壁的な意味で。 -- 名無しさん (2008-09-01 04:43:44)
  • 商品化、それにそれで遊ぶとなると手持ちがいいと思うんだよなぁ。OVAだから意識しなくていいとは思うけど、そこは伝統だし -- 名無しさん (2008-09-01 07:20:33)
  • ↑×3それなんてスイハンジャーオロch -- 名無しさん (2008-09-01 07:25:20)
  • ステラ出てきちゃったけど盾的なイメージあったなぁ。もしくは後方支援の射撃型。ビームシールドなんかどう?応用でピンポイントバリアパンチしたり、生み出したフィールド投擲できるとかで -- 名無しさん (2008-09-01 15:13:45)
  • って↑↑↑の意見と思い切りかち合うな。一応ブレスレットか籠手の発生器で考えてたから -- 名無しさん (2008-09-01 15:43:27)
  • 千早の武器……手持ち、後衛、誰も使ってないということで背丈くらいあるビーム砲なんて考えてみた。ただ千早に似合うかといわれると微妙。 -- 名無しさん (2008-09-09 00:14:55)
  • 千早はロッドかな?後はスイハンジャーなだけに「モーニング・スター」なんちゃって。 -- 匿名希望 (2008-09-18 03:29:58)
  • ちょいいじってみた。 -- 名無しさん (2008-10-05 10:00:37)
  • ブラックセバスチャンより縮めてブラックセバスにしたほうが語呂いいんじゃないかと言ってみる -- 名無しさん (2008-10-10 07:16:14)
  • 立場は違うけど「ブラック」を冠するのが2人いることになるのか -- 名無しさん (2008-10-27 10:32:46)
  • ダークにしたほうがいいのかね・・・。元の作成者がいなくなったから俺もどこまでやっていいのやら・・・。まぁ好き放題に追加したわけだが。セバスの元はラディゲと気づいた人はいるだろうか。 -- 名無しさん (2008-10-29 01:57:50)
  • リーダーが最初空回りするってのが良いね。レッドと反発するブルーみたいなのを体現してて -- 名無しさん (2009-09-23 22:06:50)
  • 真の必殺技で元ネタが分かっちゃいました。 -- 偽HBK (2009-10-26 19:06:14)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。