※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルザダールパトスとインビュードアイテムについて

サルベージでは、PC1人あたりに最大20種類の「アルザダールパトス」による制限がかかるため、各自が1つずつ制限を解除しながら遺構の奥へと進まなくてはなりません。

アルザダールパトスによる様々な制限は、「インビュードアイテム」と呼ばれる専用のアイテムを使用することで解除できます。インビュードアイテムは、各制限に対応したものが全部で20種類存在し、遺構内のモンスターから入手します。
入手したインビュードアイテムは、そのときのアライアンスの状況に応じて、制限の解除が必要なPCを判断しながら使用していきます。

※あらかじめインビュードアイテムを所持しているPCは、サルベージに挑戦することができません。占有エリアに突入する際は、必ず所持品にインビュードアイテムがないことを確認してください。

インビュードアイテムを適切に分配しよう

遺構内部では、アルザダールパトスによる影響でほとんどの行動が制限されてしまいます。まずはインビュードアイテムをできる限り多く入手し、制限を解除していきましょう。なお、戦利品として入手したインビュードアイテムは、たとえば、優先的に使用したいPCをあらかじめ選んでおき、そのPC間でロットすることで、スムーズな分配が可能です。
また、インビュードアイテムはトレード可能なので、これを使っての配布も可能です。

アルザダールパトスとインビュードアイテムの種類と対応表

おおまかなアルザダールパトスの種類は以下のようになっています。
エンカンバー:武器や防具の装備が不可となる。
オブリビセンス:サポートジョブを制限する。
インペア:ジョブアビリティの使用を制限する。
オメルタ:魔法の使用を制限する。
デビリテート:ステータスを著しく低下させる。
※「エンカンバー」および「デビリテート」のアイコンは、それぞれのカテゴリーに属する制限がすべて解除されるまで消えません。

対応表は以下の通り。最大20種類が弱体されます。アイテムの名前は、できるだけ覚えた方が迅速で良いです。


最初のコッファーについて

各エリアのスタート地点にはコッファーが置いてあり、10個のインビュードアイテムを手に入れることができます。この中身は各エリア共通で以下のようになっています。

  • 武器 2個
  • 魔法 1または2個
  • アビ 1または2個
  • サポ 1個
  • 装備 0~数個
  • ステ 0~数個

テンポラリアイテムについて

遺構内部には、テンポラリ属性アイテムを入手できる宝箱が、数多く設置されています。
ステータスや行動に対する制限の多い序盤では、回復や強化の効果をもつテンポラリ属性アイテムが非常に有用です。
テンポラリ属性アイテムは、入手後にPC間でトレードすることができません。
そのため、各テンポラリ属性アイテムを必要としている本人が宝箱から直接取り出す必要があります。
宝箱は、中に入っていたテンポラリ属性アイテムがすべて取り出された際に消えます。時間経過などによって消えてしまうことはありません。

テンポラリアイテムの種類は以下のようになっています。

Socketについて

バフラウ2層など、各エリアには「Socket」というターゲット可能なポイントがあり、ここに各種真輝管をトレードすることでNMがPOPします。このNMを倒すことで、トレードした真輝管と同じものが2つになります。
また、2個トレードすると4個、3個トレードすると6個と、同じ種類ならば複数トレードでも倍になります。
トレード可能数は最大5個になります。
違う種類のアイテムをトレードすると、一番多いものが優先されます。

Slotとカードについて

バフラウ3層など、各エリアには「Slot」というターゲット可能なポイントがあります。ここに、当該エリアとは異なる、決まったカードをトレードするとNMがPOPし、Lv15胴装備をドロップします。詳しくは各攻略ページをご覧下さい。