キャラクター設定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主人公

ある組織から村の調査のため派遣されてきた16歳の少年/少女。
誰とでも仲良くなれる不思議な魅力の持ち主。
※プレイヤーの選択肢によって性格が変化するシステムを入れたいので、無個性。

守りの一族の代表者

神社を中心とした、各干支の方角の村境に家がある、代々禍を封じて管理してきた一族。
ただ、長い間平和だったせいで、風習も形骸化してきているところがある。
神官役となるのは一族の10~20才の若者で、家ごとに一つ特別な力を持つ。

根上優

12才男。メガネの天才少年。

潮田昴

クールで思慮深い。人とあまり関わろうとせず、基本的に単独行動。話しかけても無視か、軽くあしらわれる。
最近の異変や村の風習についても独自に調査をしている。
プレイヤーを疑心暗鬼にさせるスケープゴート役。

16才男。友人枠。
飄々として掴みどころのない、しかし底抜けに明るい、軽くて気のいい奴(に見える。)

17才女。ツンデレ枠。現代的で、常識人で、苦労人な先輩。
村の風習を「時代遅れ」と罵り、20才になったら村を出て都会に行きたいと思っている。

18才男。筋骨隆々とした巨漢で、とても未成年には見えない。コワイ。
いつの間にか地元の悪たちから崇められる存在になってしまったが、本人は流されてしまっただけで、
周囲の人間から怖がられることについて真剣に悩んでいる、不器用な男。

三波結

落ち着いた雰囲気のある、20歳の女性。
若者で構成される十二支のまとめ役で、責任感が強い。
物語の導入役でもあり、村の事情の多くを把握している数少ない人物。
村の地下に封印されている禍の存在や、ここ最近の異変についても認知しており、主人公の組織に調査を依頼した人物でもある
今年で守りの役目を終えるため、その前にどうしてもやりたいことがあるらしい。
第一の犠牲者(決定事項)

三波舞

14才。結の妹であり、結の死亡によって新しく巳の一族の代表者になった。
姉が何か村について重大な事項を隠していたことを知っている。
真面目すぎるほど真面目。姉のように上手に人付き合いできない自分に強いコンプレックスを抱いている。

19才の男性。スポーツが得意で、特に陸上の短距離に打ち込んでいる、さわやかかつストイックな好青年。
常識人であり、常識やモラルから逸脱する行動を好まない。

15才女。大人しくて地味な印象。

13才男。THE中学生男子。フゥー!!そんな感じ。

14才女。元気だけが取り柄な、ややあほの子。細かいことは気にしないが、ガサツで自由すぎる振る舞いが周囲を困惑させる。

10才の小学生の女の子。いい子すぎるほどいい子。
今年守りの役目についたばかりで、とてもプレッシャーを感じている。
親が教育に厳しく、普段から自分の思いを吐き出せずにいる。

井口ほのか

ふわっとした癒し系の女性。19才。結と仲が良い。
クトゥルフ的にはSAN0の狂人ポジション。

長老会

村の運営方針について決定権を持っている。
村の風習と禍についてなにかを隠しているようだ。