※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



あついしぼう

相手の炎技・氷技の 威力 0.5倍

いかく

登場時に相手2体の 攻撃ランク-1
「みがわり」状態の萌えもんには無効。
特性「クリアボディ」「しろいけむり」「かいりきバサミ」の萌えもんには無効。

いしあたま

すてみタックル、とっしん、じごくぐるま、ボルテッカー
の反動ダメージを受けない。「わるあがき」「とびげり」「とびひざげり」はこの特性の効果を受けない。

エアロック・ノーてんき

場の天候の影響を全て無くす。(特性、技の威力、技の命中率、など)
「影響を無くす」だけなので、天候を消すわけではない。

かそく

毎ターン終了時に 素早さランク+1

がんじょう

「ハサミギロチン」「つのドリル」「じわれ」「ぜったいれいど」によるダメージを受けない。

きゅうばん

「ほえる」「ふきとばし」を受けない。
自分で入れ替えたり、「バトンタッチ」で入れ替わったりするのは制限されない。

しぜんかいふく

「スキルスワップ」によってこの特性を失った状態で引っ込んでも発動しない。
「スキルスワップ」によってこの特性になった状態で引っ込んだ場合は発動する。

しめりけ

この特性を持つ萌えもんが戦闘に出ている間は、「だいばくはつ」「じばく」が失敗するようになる。
技を選ぶことはできるので、「しめりけ」の萌えもんが引っ込むターンに選択した「だいばくはつ」「じばく」は失敗しない。

シンクロ

  • 相手の技によって毒・麻痺・火傷の状態異常になった時、技を使った相手も同じ状態異常にする。
    この時、自分の状態異常が治るわけではない。
  • 相手の技によって「もうどく」になった場合は、技を使った相手を「どく」状態にする。
  • 相手の特性(どくのトゲ・せいでんき・ほのおのからだ・ほうし)によって「どく」「まひ」「やけど」になった場合も、その特性の相手を同じ状態異常にする。
  • タイプ・特性・既にかかっている状態異常による無効化が優先される。
  • 「しんぴのまもり」によって防げるかどうかは不明。
  • 「クラボのみ」「モモンのみ」「チーゴのみ」「ラムのみ」を持っている場合、相手を同じ状態異常にしてから持ち物を消費して回復する。
  • 「みがわり」状態の相手にも有効。

だっぴ

ターン終了後に一定確率で発動し、自分の「どく・もうどく」「ねむり」「まひ」「やけど」「こおり」状態を治す。
発動確率は1/3(未確認)
「ねむり」状態が治った場合、「あくむ」状態も同時に解除される。

ちからもち・ヨガパワー

こうげき2倍

ちょすい

水技を受けた時にダメージ・追加効果を無効化し、 最大HPの1/4 回復
水タイプの「めざめるパワー」「ウェザーボール」に対しても発動する。

てんきや

天気によってポワルンのタイプと見た目が変化する。
ポワルン以外の萌えもんがこの特性になっても効果が無い。
「トレース」されない。
基本的に、天気が変わった直後に発動する(萌えもん交換・技使用時・ターン終了後)
特性の効果が失われた場合、その時点でのタイプ・見た目が継続される。
天候 タイプ
ひざしがつよい ほのお
おおあめ みず
あられ こおり
その他 ノーマル
※ウェザーボールにはすなあらし状態でいわタイプになる効果があるが、特性「てんきや」には無いので注意。

トレース

登場時に発動し、相手と同じ特性になる。
相手2体の特性のどちらをコピーするかはランダム。
「ふしぎなまもり」もコピーできる。
「てんきや」はコピーすること自体できない。

ねんちゃく

無効化できる
どろぼう、ほしがる、はたきおとす、トリック

はやおき

眠りターンの消費が倍になる。

はりきり

こうげき1.5倍
物理攻撃技使用時、命中率が 0.8倍 (「カウンター」等にも命中率の影響が出るのかは不明)

ふくがん

自分の技の命中率が 1.3倍

ふしぎなまもり

「トレース」でコピーできる。
「スキルスワップ」「なりきり」は無効。

無効化できないもの
自分に効果が抜群の技(抜群であれば固定ダメージ技も含む)
みらいよち・はめつのねがい
「こんらん」による自傷ダメージ
わるあがき(自傷ダメージ、相手の攻撃両方)
相手の技によるダメージ以外(あられ、やけどなど)

ふゆう

地面タイプの攻撃技(「じわれ」を含む)によるダメージ・追加効果を受けない。
「まきびし」のダメージを受けない。
特性「ありじごく」の効果を受けない。

以下の場合には特性の効果が無い。
「ねをはる」状態。

プレッシャー

自分に技を使ってきた時、その技のPPを1多く減らす(=2減らす)
この効果は味方にも及ぶため、例えばダブルバトルで味方がじしんを放った場合、ダメージを無効化したか否かに関わらずじしんのPPを2減らす。
「にほんばれ」など萌えもんを対象としない技(の一部?)に対しても効果がある。
※ダブルバトルで相手2体の両方がプレッシャーだった場合はPPが3減る。

ヘドロえき

すいとる、メガドレイン、ギガドレイン、きゅうけつ、 やどりぎのタネ

で自分がダメージを受けた時、受けたダメージの1/2だけ相手のHPを減らす。
「ゆめくい」には無効。

へんしょく

ダメージ技を受けると、その技のタイプに自分のタイプを変化させる。
変化技を受けた時や、攻撃が外れた時・効果が無かった時はタイプは変化しない。
自分のタイプの技を受けたときもタイプは変化しない(タイプを2つ持っている萌えもんでも、1タイプだけにはならない)。
「めざめるパワー」などタイプが変化する技に対しては、変化後のタイプで判定される。
「わるあがき」によるダメージを受けてもタイプは変化しない。

ぼうおん

以下の技の効果を受けない。

いびき、いやしのすず、いやなおと、きんぞくおん、くさぶえ、さわぐ、なきごえ、うたう、ちょうおんぱ、ほえる、ハイパーボイス、ほろびのうた

ほろびのうたを受けた萌えもんからのバトンタッチを受けても、ほろびのカウントは無効化されずに引き継ぐ。

もらいび

炎技を受けた時にダメージや追加効果を無効化し、「もらいび」状態になる。
「もらいび」状態では、炎技による ダメージ が1.5倍になる。

「もらいび」状態は交換するとリセットされる。また、「バトンタッチ」では引き継げない。
「もらいび」状態でも炎技のダメージや追加効果は無効化される。

「おにび」に対しても発動する。
炎萌えもんがこの特性を持っている場合も、「おにび」に対して発動する。
「シンクロ」などで「やけど」状態になった場合は発動しない。
「こおり」状態の時は発動せず、炎技のダメージや追加効果を受けてしまう。

めんえき・ふみん・やるき・じゅうなん・みずのベール・マグマのよろい・マイペース・せいしんりょく・どんかん

それぞれ、以下の状態になるのを防ぐ。
特性 防ぐ状態異常
めんえき どく・もうどく
ふみん ねむり
やるき ねむり
じゅうなん まひ
みずのベール やけど
マグマのよろい こおり
マイペース こんらん
せいしんりょく ひるみ
どんかん メロメロ

すでに状態異常の萌えもんがこれらの特性になった場合、状態異常はその瞬間に治る。
特性「ふみん」「やるき」の萌えもんが「ねむる」を使うと失敗する。
特性「ふみん」「やるき」の萌えもんは「あくび」状態も防ぐことができる(未確認)
特性「マイペース」の萌えもんが「いばる」「おだてる」を受けた場合は攻撃アップ・特攻アップの効果のみ受ける。

どくのトゲ・せいでんき・ほのおのからだ・メロメロボディ・ほうし・さめはだ

相手の直接攻撃(物理・特殊を問わない)を受けた時に一定確率で発動する。
特性 発動確率 効果
どくのトゲ 30% 「どく」状態にする
せいでんき 30% 「まひ」状態にする
ほのおのからだ 30% 「やけど」状態にする
メロメロボディ 30% 「メロメロ」状態にする
ほうし 10% 「どく」「まひ」「ねむり」のいずれかの状態(ランダム)にする
さめはだ 100% 最大HPの1/8 ダメージを与える

タイプ・特性・既にかかっている状態異常・「しんぴのまもり」・性別などによる無効化が優先される。
直接攻撃を受けてもHPが減少しなかった場合(残りHP1で「こらえる」を使った場合など)、これらの特性は発動しない。
これらの特性を持つ萌えもんが「みがわり」状態の場合は発動しない。
逆に、「みがわり」状態の萌えもんが直接攻撃をしてきた場合には発動する。
自分が相手の直接攻撃によって「ひんし」になった場合にも発動する。
連続攻撃に対してはダメージ毎に判定がある。技の途中で技を使用した萌えもんが「ねむり」「ひんし」になった場合、技は中断される。

しんりょく・もうか・げきりゅう・むしのしらせ

残りHPが最大HPの1/3になると発動。対応するタイプの技の 威力 が1.5倍になる。
特性 タイプ
しんりょく くさ
もうか ほのお
げきりゅう みず
むしのしらせ むし

カブトアーマー・シェルアーマー

急所参照。

プラス・マイナス

特性「プラス」がいれば特性「マイナス」の萌えもんは とくこう1.5倍
特性「マイナス」がいれば特性「プラス」の萌えもんは とくこう1.5倍

すいすい・ようりょくそ

特性「すいすい」は「おおあめ」で、 すばやさ2倍
特性「ようりょくそ」は「ひざしがつよい」で、 すばやさ2倍

あめうけざら

「おおあめ」で、毎ターン 最大HPの1/16 回復

すながくれ

相手の技の命中率に補正がかかる。「すなあらし」で、 0.8倍 |
特性「すながくれ」の萌えもんは「すなあらし」によるダメージなし。

クリアボディ・しろいけむり・するどいめ・かいりきバサミ

相手の技の効果によるランク低下を無効化する。
特性 防げるランク低下
クリアボディ 全て
しろいけむり 全て
するどいめ 命中
かいりきバサミ 攻撃

「いかく」による攻撃低下も防ぐことができる。
既にランクがマイナスになっている状態でこれらの特性になっても、ランクは元に戻らない。
自分の技の追加効果による能力低下は防げない。

かげふみ・ありじごく・じりょく

相手の萌えもん(以下の条件を満たす)は入れ替えることが出来ない。
味方には 無効
特性「にげあし」の萌えもんにも有効。
「かげふみ」は特性「かげふみ」の萌えもんには 無効
「ありじごく」は飛行タイプの萌えもん・特性「ふゆう」の萌えもんに 無効
「じりょく」は鋼タイプの萌えもんにのみ有効(鋼タイプ以外で特性「じりょく」の萌えもんには無効)
「バトンタッチ」「ほえる」「ふきとばし」による交換は制限されない。
入れ替えを選んだターンにこれらの特性を持つ萌えもんを出されても、入れ替えは制限されない。

りんぷん・てんのめぐみ

てんのめぐみ……自分の技の追加効果の発動確率2倍。

「てんのめぐみ」の影響を受ける技
どくばり、スモッグ、ヘドロこうげき、ヘドロばくだん、ダブルニードル、ポイズンテール、どくどくのキバ
ほのおのパンチ、ひのこ、かえんほうしゃ、だいもんじ、ねっぷう、かえんぐるま、せいなるほのお、ブレイズキック
れいとうパンチ、れいとうビーム、こなゆき、ふぶき
かみなりパンチ、のしかかり、でんきショック、10まんボルト、したでなめる、 でんじほう 、スパーク、りゅうのいぶき、かみなり、ボルテッカー、とびはねる
まわしげり、ずつき、かみつく、ホネこんぼう、たきのぼり、いわなだれ、ひっさつまえば、ニードルアーム、おどろかす、じんつうりき、
ゴッドバード、いびき、たつまき、ふみつけ、 ねこだまし
サイケこうせん、ねんりき、ピヨピヨパンチ、 ばくれつパンチ 、シグナルビーム、みずのはどう
トライアタック
オーロラビーム
アイアンテール、かみくだく、いわくだき、ブレイククロー
ミストボール
ようかいえき、サイコキネシス、シャドーボール、ラスターパージ
バブルこうせん、からみつく、あわ、 こごえるかぜがんせきふうじマッドショット
どろかけ 、オクタンほう、だくりゅう、
ひみつのちから
青字 は元々の発動確率が100%の技。

「てんのめぐみ」の影響を受けない技
「おうじゃのしるし」により「ひるみ」の追加効果が付加された技

ちくでん

電気技を受けた時にダメージ・追加効果を無効化し、 最大HPの1/4 回復

「でんじは」に対しても発動する。また、「みがわり」「しんぴのまもり」状態でも「でんじは」に対して発動する。
電気タイプの「めざめるパワー」に対しても発動する。
地面タイプの萌えもんがこの特性になった場合、電気技を受けても発動しない。

ひらいしん

味方の電気技にも効果がある。
「このゆびとまれ」の効果が優先される。

ひらいしんは「でんじは」にも効果あり。
「めざめるパワー」には効果なし。

ダブルバトルなどで複数の萌えもんがこれらの特性を持つ場合、処理の順番で最初に処理される萌えもんに技が当たる。

こんじょう・ふしぎなうろこ

「ねむり」「どく」「まひ」「やけど」「こおり」のとき、それぞれ 攻撃・防御1.5倍 になる。
特性「こんじょう」の萌えもんが「やけど」になっても、物理技によるダメージは0.5倍にならない。

ひでり・あめふらし・すなおこし・ゆきふらし


ものひろい・にげあし

それぞれ
「戦闘終了時にランダムでアイテムを拾ってくることがある」(ものひろい)
「野生の萌えもんに対しての逃走成功率100%」(にげあし)
などの効果を持つが、通信対戦では一切効果が無い。

登場時発動特性

特性の種類によって発動順に優先順位が決められている。
詳しくは、バトル中の処理の順番参照。