MKT-073 トンネルネズミのガバメント

名称:トンネルネズミのガバメント

番号:MKT-073

異常存在

概要
MKT-073はアメリカ製のコルト45口径、モデル1911A1である。銃のスライドには12本の線が刻まれ、反対の面には「音楽は暗闇での最高の戦友」(In the dark, music is my best comrade.)と彫られている。また、弾倉の側面には"TGA Sep4 24th"と書かれている。これは"歩兵第24連隊、第4級特技兵"の所属を示していると思われる。分類班はMKT-073がベトナム戦争で使用され、ハノイのブラックマーケット経由で取引されるに至ったと推測している。

MKT-073の弾倉に45口径弾を装填し引き金をひくと、マズルフラッシュや銃弾が発射される代わりに銃口からおよそ62 decibelほどの音量の音楽が流れる。この際、銃弾は喪失し、通常どおりに空薬莢が排出される。MKT-073を続けて射撃した場合、前の音楽は次のものに上書きされ消えることが判明している。流れる音楽は、そのどれもが1973年までに公表されたものであること以外に規則性や共通点は見受けられない。


特筆すべき実験目録
01発目の射撃: Jimi Hendrixの"If 6 Was 9"が流れる。59秒間。

03発目の射撃: Mel Torméの"We've Got A World That Swings"が冒頭から最後まで流れる。ボーカルに対する認識が聴取者によって変化した。研究員の1人は本人が歌っていたとし、別の研究員は女性が歌っていたと報告した。実験主任は、ボーカル部分は明らかに犬の鳴き声から構成されていたと主張した。

05発目の射撃: ‘61年のドクター・プレミアムの口内洗浄液のCMソング。歌詞の"ばい菌どもをやっつけろ"の部分が23秒の間ループし続けた。

06発目の射撃: 既存の音楽データベースでは一致しない曲。女性ボーカルのハード・ロックだが歌詞はなく、"7759 45"という数字を延々と唱え続ける。

07発目の射撃: Ben E Kingの"Stand by Me"がイントロから流れる。61秒間。

08発目の射撃: "Help"という単語と、不明な人物の苦痛を示す叫び声が流れる。15秒間。


-こちらのMKTはマイク・エンターテインメント・カンパニーにより売却されました。

彼は友の元に帰って行った。


  • これ好きやな -- 名無しさん (2015-08-03 16:09:25)
  • ベトナム戦争のゲリラ部隊が元ネタ。中東のゲリラに売り渡そう -- 名無しさん (2015-08-17 11:35:24)
  • ↑作者の方ですか? -- 名無しさん (2015-08-17 11:46:36)
  • 記事を作成した者です。トンネルネズミは米軍がベトナム 兵ゲリラのトンネルを攻略するために派遣された兵士の愛称で、それが元ネタになっています。 -- 名無しさん (2015-09-17 17:42:57)
  • ↑やはりそうでしたか!コメありがとうございます! -- 名無しさん (2015-09-17 21:08:43)
名前:
コメント: