MKT-013 難民

WUMAR基準:U

概要:MTK-013は複数の人型実体達の総称です
複数の国の主要都市に発生します、発生が最初に確認されたのは18■■年のアメリカです
普通の人間との差異は認められませんが使用する言語は既存の物ではなく
意志疎通は困難です、加えてジェスチャーも通じず常識も我々の物とは異なっています
判別する方法はDNA検査のみです


研究の結果、彼等の知能指数は我々人類と差異の無い事が分かった
WUMAR引き上げを要求する、普通の人間と差異が無いからこそ危険だ-谷口研究員、201■年4月7日

却下です、彼等を難民として受け入れ監視する程度で大丈夫です-藻谷主任研究員、201■年4月8日

谷口研究員が交通事故で死んだ為、新しい研究員を要求します-藻谷主任研究員、201■年4月9日

要求は承認されました-人事部、201■年4月18日


ISO27001基準セキュリティ:極秘


MKT-013の具体的な発生条件が判明し我々は無尽蔵の人的資源を得ました

人間とはDNA、しかも人種が違う程度の差異位の違いが無いので『パーツ』及び『モルモット』として利用する事を提案します
但し文化的な、例えば映画や書物などの情報に対しては人類とは有ったく別の反応をするので
見たら呪われる類の物の『モルモット』には不適格です
更に奴隷の様に使うのも意志疎通が出来ませんから不便です、反乱の危険も有ります-MKT013元担当藻谷

ふむ、確かに便利ですね、MTK-013の利用を許可します、が
『モルモット』や『パーツ』集めはこればかりに頼らない方針で行きます
発動条件がお金はかかりませんが時間がかかりますし、何しろ倫理的に完全ブラックです
MTK-013を知っている者は少数に限らせて頂きたい-M

この作品についてのアンケート、この作品は
選択肢 投票
つまらない (3)
面白い (3)

名前:
コメント: