MKT-007,008についての報告書


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2004年三月二十日 チェルノブイリ原子力発電所の探索とイーターズ消滅症候群について

ソチ支部チェルノブイリ探索部隊はWMKTCO製放射線特殊防護服を着てチェルノブイリに到着。
チェルノブイリ原子力発電所内で人間と思われる生物を発見捕獲。(以下、奇形人)
奇形人は体長およそ1m60cmほど奇形がひどく声を発することは不可能と思われる。
ソチ支部異常存在研究所███████博士の主導のもと奇形人の研究が始められる。
奇形人はウイルスをもっていることがわかった。
2004年三月二十一日
研究員の一人██████が高熱などの症状を出し始める。
そのソチ支部病院へ転送。
解析後奇形人がもっているウイルス(イーターズウイルス)に感染イーターズ消滅症候群を発症したことがわかった。
集中治療室へ。
一日目の症状は高熱、幻覚、幻聴、熱は41℃ほど。
二日目の症状は一日目の症状に加え腹痛、嘔吐、頭痛など
三日目に脱水症状となる。
五日目に自殺をしようと試みるが失敗。
八日目に死亡した。
解剖すると血が緑になっており内臓の四割ほどが失われていた。
その後病院の看護婦が二人発症し同じ症状を起こし二人とも死亡。
現在ウイルスは南極支部へ転送された。
奇形人は南極支部で厳重保管
  • 何故国境を超えなければならないロシアにチェルノブイリ探索部隊が…?それとも東欧でのMKTはすべてソチ支部が処理しているのでしょうか? -- 名無しさん (2015-08-09 19:20:56)
名前:
コメント: