MKT-008


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

異常存在


name:イーターズウイルス


WUMAR:H


概要

イーターズウイルスは奇形人がもつウイルスの名前である。
感染力が非常に高くウイルスがひとつ体内に入り込むだけでイーターズ消滅症候群を発症
また感染者の半径一メートル以内に近づくだけでウイルスに感染するといわれている。
このウイルスがなぜ発生したということはまだ完璧に分かっているわけではないが、事故後に様々な感染症、伝染病がおこるといくつかのウイルスが同時に人間に感染し
抗原不連続変異が起こりこのウイルスが誕生したと考えられている。
これがなぜ奇形人への害が少ないかは不明である。
ウイルスが入り込むと内臓を壊死させ内臓を食いつくしてゆき内蔵が消滅するかのように
なくなってゆくためこの名前となった。
バイオセーフティレベルは5 
今人間が持ってるのは国際MKT収容機関の南極支部███████博士の研究室のサンプルしかない

症状

症状は約41度の熱。幻覚、幻聴、興奮、吐血、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛、関節痛、呼吸困難、悪寒、運動障害などの症状があり腹痛、頭痛は
自殺するほどの痛さと言われ発症した人間は全員で3人だが全員舌をきるなどの自殺をしようとした。
(動けないため首吊りなどはできない)
そしてこれだけの症状があるのにもかかわらず意識障害などがなくほとんど気絶をするといったことがないためこの病気の苦痛は世界最大とされる。
そして発症一日目でこれらの症状がすべてでて、その苦しみに一週間ほど続く。
なおこの病気の苦痛により一分が一日にも思えるといわれる。

収容方法

収容方法は機密
名前:
コメント: