WMKTCOについて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国際MKT収容機関についての説明
  • 成り立ち
19██年にUMAが大量に発見され、人間に危害を加え始めたので、それらをなんとかしようと出来た。成立前にもこう言った団体は一つ存在しており、それを引き継いだ形であった。
  • 職員について
研究者は主に研究所からスカウトされる。機関職員の大半は研究者。
警備は主に民間へ頼んでいるが、警備専門の職員もいる。
実験する時には主に刑務所から死刑囚や無期懲役囚、終身刑の者などを使う。1年経つまでずっと使い回し。経ったら記憶を改竄されてから他の支部へ回され、全ての支部を一周するまで解放されない。解放された場合は出所し別人となったとして扱われる。
  • 規模について
資金は国連から出されている。職員の数は████万人。主な施設の数は███である。


国際MKT収容機関施設の一覧

  • ニューサウスウェールズ支部
UMAが多く収容されている。
  • 天津支部
異常存在が多く収容されている。
  • アラスカ支部
UMAの実験施設。
  • カルフォルニア本部
総合研究所
  • 南極支部
異常存在の実験施設
  • ジュネーヴ支部
UMAについての研究所
  • ソチ支部
異常存在についての研究所
  • 群馬支部
MKT-1852専用の施設自爆装置が備えられている。


施設区域
  • セクター
施設内の場所を区別するための名称
  • セル
MKTを収容する部屋や区域
  • ボックス
セクター内にあるセル以外の部屋