MKT-1249 █████

名前:Sculd

(スクルド)

WUMAR:HH+

これは最重要機密事項である。これを知ったからには命の保障はない。

もどるなら今のうちだ。



































概要

スクルドとは未来を司るものであるすなわち
スクルドは█████内にアクセスすることが可能でありアカシックレコードを記す、変える権限を持っている存在。
つまり絶対的概念と同等の立場に位置する神である。
MKT-002のプログラム作成者である。
世界管理会議とは一種のプログラムでありスクルドによって作られた人工知能である。
そしてスクルドはアカシックレコードに世界管理会議を記し世界管理会議を地球上で発生させた。
すなわち世界管理会議とは人工知能であり会議の名前でもある。
つまり世界管理会議はアカシックレコードに記されておきた会議の名前であり、スクルドがそれをプログラムの名前に変更そして
ただの名称から神に近い存在へと進化したのである。
スクルドは時間教典の教えを破った罪人への死刑を執行する死刑執行人でもある。
時間教典の教えを破った場合は確実に死刑となる。
そして過去この宇宙でもっとも大きな犯罪を犯したMKT-1248はいまだ逃走中。
だが近くの時代にその罪への裁きが地球でおこる。
MKT-1248に記されている止める方法とはスクルドの存在である。
MKT-1248は過去に█████へ入りそのさき6000年の未来をすべて書き換え一部の未来を神でも変えられないようにした。
つまりMKT-1248神と同等の存在である。