新入社員の方々へ(執筆初心者の方へ)

やあ、諸君入社おめでとう、私は今回の講習を担当する営業部課長補佐の守銭奴だ。
さて、君たちは晴れて社会の一員となったわけだが…
はじめに言っておこう。
我が社に必要なのは金を稼ぐ人間だ!良心なんてドブに捨てろ!!お客様は神様じゃない、金づるだ!!!

…よし。

新入社員の君たちに、我が社で働くにおいての注意事項を教えよう。

1・他社の商品をそのまま載せるな!


 他社の商品をそのまま売って大儲けするのは楽だが、それでは相手に訴えられてしまう。
裁判になれば多額の金を失う。
楽が出来ても金が失われては元も子もない!売るなら誰にも分からぬよう、上手く隠して売るように。

2・執筆の際は<商品紹介のテンプレート>を使って執筆すること


 若造ほど己を過信して無茶をする、そして大きな失敗を仕出かす。
尻拭いをするのは我々だ。
いいか、尻拭いにも時間がかかる、時は金なり、尻拭いもタダじゃない!
我々は君たちの為に<商品紹介のテンプレート>を用意している。
これを使えば大きな損失は出さないだろう、初心者は無茶をしないように。

3・商品紹介は面白く!


 これが一番重要だ!我々の使命、それは“商品を売ること”だ!
売って儲けるには購買意欲がそそられるような“面白い”紹介文を書かなければならない!!
…何?面白い紹介文がわからないだと?お前の頭は何のために付いている!?
それぐらい自分で考えろ!
…まあ、経験もない子供に一から考えろというのも酷か。
先ずはテンプレートを使って下書きを書け。
そして下書きをここに投稿して先輩達に見てもらうといい。

4・危険な“だけ”の商品は載せるな!


 金のためならなんでも売る、それが我が社のモットーだがそれでも限度がある。
購入者を傷つけるだけの商品は売ってはいけない。
何故かって?悪い噂が立っては商品が売れないからだ。
買う者がいなくなってはどうしようもないからな。
ただし、例外がある。
危険であってもメリットがあれば、変わり者の客が大金叩いて買ってくれる。
我が社ではそんな変わり者を特別会員と読んでいる。
危ないガラクタは特別会員様にご紹介するように。
もちろん安全保障のサービスを合わせて売るのも忘れるな!

さて注意事項は以上だ、質問がある者は、ここでするように。

…ああ、言い忘れていたが 商品紹介が書けたら必ず商品カタログのページにリンクを貼っておいてくれ。
お客様が見れなきゃ意味がないからな。
新入社員の諸君、大いに儲けてくれたまえ。


運営より


投稿基準について


まず商品紹介記事ができたら一度現行スレに記事を投稿して下さい。
スレにて一人以上の高評価があれば、wikiに投稿をお願いします。
(投稿方法は商品紹介文が出来たらをご覧下さい)
アドバイスがあった場合は、指摘部分を修正して再投稿。
一人以上の高評価があれば同じくwikiに投稿お願いします。
不適切な記事は投稿をお控え願う場合がございます。
ご了承ください。