役職者就任講習音声ログ

やぁこんにちわ、昇格おめでとう
私は代表取締役補佐のMと言う者だ
本名?そんな物はずっと昔に捨ててしまったよ
先代社長に似ている?とりあえず説明をさせて貰おうか、これは一定以上の立場に居る者にされる説明だ
この説明を聞きたくないのなら辞表を書いてくれ
この説明を聞いたのなら辞表を書く事は遺書を書く事と同義になる、それでも聞きたい?

ふむ、聞きたいようだね、まぁ我が社でここまで成り上がった者だ
トンデモな話には慣れている、と言う訳だね?
だがこれは君が聞いてきた、或はこれから聞くであろう話の中で最もトンデモな話だ
まぁ覚悟が有るのなら話そうか、私は嘗てマイク・リーとマイク・リーJrをやっていた者だ
証拠?無いよ、この情報は外に漏れるのは非常に不味い、証拠なんて最初から何一つ残していないよ

最初から話そうか私こと元軍人のM、そして優秀な科学者のK
そしてマッドサイエンティストのTの三人で異常な物品の管理をする組織
君も名前だけは知っているだろう旧MKTを結成したのだ、MKTとは私達三人の頭文字から取った物だよ
何故結成したのか、ただ単純に世界の人々を脅威から救いたかったんだ
旧MKTは様々な危険から世界を守り功績を挙げ各国から認知され、運営も上手くいっていた
しかし悲劇が起こるKがあるMKTによって老化が急速に進む様になってしまったんだ
酷い有様だったさ、同情したよ、Tもショックだったらしく問題児のマッドサイエンティストだった彼は
『自分達が人類を守らなければならない』と自覚し真人間になった

当然Kは酷く恐怖していたよ、高潔な人物で尊敬できる年長者の女性だったが、Kが自身の為に勝手にMKTを使い始めた
普通なら咎められるべき行為だった、しかし私はそれを看過してしまった
私は彼女が今までどれだけ世界の為に尽くして来たか痛いほど知っている、だけど世界は彼女に何もしなかった、いや出来なかった
唯一彼女を救う可能性が有るとすればMKTを使うしかなかった
MKTの個人的使用はTにはばれなかった、彼は前線に出て指揮を執るようになっていたから私やKと会う事も少なくなった

結論から言うと彼女はMKTを使って自身を若返らせる事に成功した
とある外部組織にMKTを渡す見返りに若返りの効果が有るMKTを入手し使用したらしい
そこからなのかKがMKTを販売する会社を思いついた、彼女は様々な学問のエキスパートで経済学なんかも習得していた
彼女は会社設立のビジョンを見せ私とTに相談した、Tは激怒したよ
『自分達の私利私欲の為にMKTを利用するとは何事だ!!世界を守るのが我々の務めではないか!!』とね
私は顔も知らない世界の誰かを守るよりもKを、仲間を守りたい、彼等は誰よりも努力して頑張って来たじゃないか
その彼等に報いたい、彼等に幸せな人生を送ってほしい
そういう思いから私はKの会社立ち上げに乗ったよ
Tとは完全に決別する事になった、彼がKを殺そうとしたから銃で腕をぶち抜いてやった
私はアイツも仲間の一人だと思っていたから殺さなかった、いや殺せなかった
結局アイツは逃げ出して旧MKT残党を率いて幾つかMKTを持ち出して逃げ出した
現在、世界で最も有名なテロリストとして世間を賑わせている

世界各国に私達の会社の売り込みを始めた私とKだが
思ったように上手くいかなかった、売り物が売り物だから上手い具合に理解を得られなかったんだと私は思う
しかし日本の飯國政親が日本の為になると我々を誘致した
そして当時の財界のフィクサーである・・・E氏としておくか
E氏と出会う事が出来た、飯國氏とE氏の協力で起業にこぎつけた我々は社名を決める事にした
旧MKTがそのまま私とKとTの頭文字だったから私とK、飯國氏とE氏の頭文字のアルファベットのアナグラムから
社名をマイクと決めた、マイク・リー云々はカバーストーリーだ、因みにマイク・リーは私の変装だ

太平洋戦争中は当初は製品テストの良い機会だとKは思っていたようだったが
実際には大した事は出来なかった、飯國氏がMKTの実戦投入を行う作戦を立案した
作戦自体は上手くいったがTに勘付かれた、飯國氏は襲撃されその怪我が元で死亡
その後政府とのパイプ役が不在で飯國氏のご子息がその任に就くまで我々は政府と上手くコンタクトが取れなかった
まぁ下手に動かなかったから太平洋戦争終結後にGHQはマイクの存在を認知出来ず何とか解体を免れた、偽装工作も多少はしたがね

この後は我が社は発展の一途を辿る、唯辻褄合わせの為にマイク・リーが何年も生きていたら可笑しいと言う事で
私は若返ってマイク・リーJrとして二代目を襲名した事にした
どうやって若返ったか?それはもう少し君が偉くなってからだ

トップの役を私が長い事演じて来たが、思っていたより結構疲れるんだ
Kに交代したかったが彼女の外見は見ての通りティーンエイジャー
アメリカでは学生企業家も珍しくないが日本では一般的ではない
彼女が歳を取ればいいのだが前述の急速な老化を体験してからやたら老化を忌避し始めた気持ちは分からなくもないが・・・

しかし近年、萌え文化が発達した日本で今の日本の萌え文化が浸透した社会ならば
美少女社長も世間的にアリな感じになるだろうと
私はKにトップ役を交代してもらった、キンバリー・リーって居るだろ?あれがKだ
実年齢百歳は軽く超えているんだ、私と同じくね

さて、君は我が社の真実を知ってしまった
もう君はここから逃げられない、定年まできっちり働いて貰おう
辞める時は葬式の段取りを済ませておきたまえ、経費で落ちるからな

最後に改めて昇格おめでとう、さて堅苦しい話は終わりにして君の昇格祝いに呑みに行くか!!
我が社の系列のキャバレーに予約をしておいた、え?キャバレーは古い?実年齢三桁だぞ流行云々言ってくれるなよ