こちらはマイク・エンターテイメント・カンパニー社員専用ページです

マイク・エンターテイメント・カンパニー設立の歴史

マイク・エンターテイメント・カンパニーは今でこそ通販会社の王として君臨していますが、元からそうであった訳ではありません。
我々はかつて(もしくは本来は) 守護者でありました。
我々は脅威を集め、留め置き、守っていたのです。
しかし我々は職務を放棄しました。
正当な理由があった訳ではありません。
個人的で矮小な出来事でした。
(しかし私と彼、そして彼女にとって何よりも重大な問題でした。少なくとも我々が守護者の務めを辞める程には)



矮小な出来事は彼女を蝕み、狂気に陥れた。
彼女は正常に戻る為必死に術を探した。
勿論私も、そして彼もだ。
好奇心旺盛で探求以外に興味を抱かなかった彼も彼女の姿はショックだったのだろう。
彼は探求を捨て、守護者の理性を得た。
一方で彼女は守護者の理性を失った。

彼女は脅威を売り正常を求めた、そして勝ち取った。
それからだ、箍が外れたのは。
彼女は我々の封印してきた脅威たちを次々に世に放って行った。
金と引き換えにだ。

次々に売って行く内に彼女は快感を得たのかもしれない。
(もしくはずっとあの出来事を恐れているのだろう)
脅威を利用して永遠に売り続ける策を提案した。
彼女の元に居た者達は、理性を捨てた後も彼女を敬い、慕い続けた。
彼は彼女の行いに腹を立てて出て行った。
理性を捨て去った彼女に彼は失望したのだ。
そして私は、彼女達の守護者になることにした。
かつて人々に身を捧げた者達に報いる為に。

我々は道を分かち、それぞれの道を歩き始めた。
彼は一人で守護者の使命を果たそうとしている。



マイク・エンターテイメント・カンパニーは脅威を利用し、商品を売る通販会社です。
世界に我々が利用する脅威の実態が知られぬ様社員は厳格に務めることを要求します。
なお、この規定に従わぬ社員に対して我々は厳重な処罰を与えます。
(我々が脅威を保有している事実を肝に命じて下さい。貴方を彼らの元へ連れて行きたくないのです)

我が社での活躍を期待しています。 
        
代表取締役補佐 M