那須専用備品『使用者に優しい地獄(ユーザーフレンドリーインフェルノ)』

当備品は商品開発部部長那須が勝手に開発した物です、外見は長い鎖付きの持ち運びしやすいカンテラです
開発理由は『神を再現する為に悪魔を作ろう、悪魔も神の創造物だし』→『じゃあまず悪魔の住処の地獄作るか』
と言う彼の特有の狂気染みた発想から生まれました、『地獄』の開発は誰にも知らせずに行い開発の過程でこのカンテラが完成しました
開発研究は彼の研究室の周りで不自然な人体発火現象が発生するまで誰にも気づかれませんでした

当備品は通常異常なまでの頑強さを誇る単なるカンテラですが使用すると非常に凶悪な兵器と化します
使用方法は『人間の脂肪をカンテラに入れて燃やす』だけです
この燃えている人間の脂肪は不自然なまでに長く燃焼し続け
燃焼している間、このカンテラを持って居る人物以外の人間は周囲に近付くと焼け死にます
更にこのカンテラを持って居る人物に対して一定以上のスピードで近付く物体は焼失します
この焼失は本来燃える筈の無い、レーザーや電流なども燃え盛り使用者に近付けません

このカンテラは那須部長から取り上げられましたが
那須部長の元から離して13分後に焼失し、那須部長の元に再出現しました
この現象については那須部長の想定の範囲外だったようです
当備品は那須部長の護身用武器として配備される事が決定されました
その代わり『地獄』の開発研究は無期限凍結され、研究資料も全て没収、那須部長には減俸10ヶ月が課せられました
再度無許可での『地獄』の研究が行われた場合、那須部長には解雇処分がなされます


『神の再現』の何が悪いのか私には理解出来ないよ
  • 商品開発部部長 那須 孝典