商品開発部部長 那須 孝典


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:那須孝典
性別:男性
誕生日:7月3日
階級:商品開発部部長
年齢:外見年齢20歳
国籍:日本(祖父はアメリカ人)
特技:商品の開発・作成
好物:胡瓜の漬物
趣味:研究・開発、物品の作成、読書、TRPG

概要:生家は教会で牧師の息子
信心深いが神を見た事が無いので
神を見る為に望遠鏡や双眼鏡で色々な場所を見て神を探す変な子供だった
この「神」はキリスト教に限らずに万物の創造主の事を指しているらしい

神学を学んだ父は神を見つけられなかったので別アプローチとして
科学的に神を探す為に科学者の道に進み高名な大学に進学する、マッドな才能はここから開花し始めた

論文で『神話的生物の科学的考察』と言う神話の生物に対する科学的な考察で
神話の生き物は実在し得るか否かと言う論文の中でとあるMKTと酷似した存在を推論した事から旧MKTから目を付けられる

論文自体は一笑にされ、反動で研究に没頭し知識は膨れ上がり神の再現を行うと言う危険思想にとりつかれ
MKTを造り出そうと試みる、しかし資金不足で頓挫し、旧MKTからは危険人物とみなされた
大学卒業後に旧MKTから雇用すると言う連絡で誘き出され確保されかけたが自身の作成物のMKTの出来損ないを使い逃走した
旧MKTをマークしていたマイクの警備部に保護され出来損ないとはいえMKT作成の技術を見込まれスカウトされて現在に至る
本当ならもっと高い地位に居ても可笑しくないが危険な実験を無許可で行い降格を繰り返している

交友関係
木曜とは関係は良好、良く失敗をカバーして貰っている
見返りとして作りたくも無い物を研究させられたりなどある意味ストッパーにもなっている

イモリとは何度かパソコン越しに会っている、論文発表後にイモリから接触してきた様だ
彼からはもっとまともな事をしろと悟られたがイモリが口を滑らせたせいでMKTの存在が有ると確信しMKT製造を開始した
イモリの事は『神の贈り物を独り占めする連中の1人』『MKTを否定しているくせにお前がまさにそれでは無いか』
とあまり良くない感情を持って居る、イモリからもかなり嫌われていて何度か襲撃を受けている
だが今では腐れ縁の様な関係にもなっている



半分以上木曜日さんに作ってもらった様なキャラです
ありがとうございます


旧MKT
MKT095

SS
大魚