甲皇国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


国名

骨(ダヴ)統一真国家 甲皇国
通称武骨の国


歴史



政治

政治方針

帝国主義を方針としており、亜人種を蔑む「人間至上主義」を掲げている。[1]
少なくとも甲皇族と丙家は戦闘行動を望んでおり、両一族の掲げる「帝国主義」は武力行使を伴うものを指すと思われる。他方、交戦数を減らすことに尽力し和平派とされている乙家だが、こちらの標榜する「帝国主義」も必ずしも武力行使を伴わないものであるとする明確な根拠はない。

政軍関係

説明図では政治機関・軍事機関はそれぞれ独立して存在している(政軍一致してない)ように見受けられるが、「各家が議員を務め、軍が政権を掌握し、行政にあたることは民事で」(トトココ)、「どんな国でも文民は居る」(猿)と企画者間で見解は分かれており、軍隊と政治の優位関係含め公式設定は定かではないものの、少なくともパラレル(個別の作品内に限った設定)では政治と軍隊の分離を許容している。[2]

ミシュガルド開拓

企画主である猿氏投稿『ミシュガルド聖典~序~』における『甲皇国の悪意』では、「皇帝より、ミシュガルドの調査及び開拓と監視は全て軍人であるホロヴィズ将軍に一任する」となっている。


軍事

世界で一番多くの精強な軍隊を所持している。[1]



地理



経済



社会

主に工業に力を入れており、三大国の中で一番「機械に」精通している。[1]
ただしそれが経済に生かされているかは今のところ不明。


交通

「飛行機より飛行船のがかっこいいかも。」[2]
「動力工学の存在などは設定しておらず、骨国は結構原始的なイメージ。スチームパンク程度は許容。」[3]としているが、機械兵に使われている科学水準が工学が存在しないレベルで原始的どころの騒ぎじゃないのでもうこれわかんねぇな。科学でカバーできない部分は魔法ってことでいいんじゃないですかね。(適当)


国民



文化



出身者