ティルフィング

正式名称:XG-25-OVL3 Tyrhung  パイロット:ブロル・フェーディーン
コスト:3000  耐久力:780  変形:×  換装:○(リミッター解除/CALコネクテッドブレード)
射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 CALビームライフル 8 75 3000相応のBR
CS コネクテッドロングビームライフル -(2秒) 130 弾速・誘導の優秀な単発ダウン武装
覚醒中CS サテライトキャノン -(2秒) 290 1覚醒1回、着弾地点に爆風を発生させる極太ビーム 発生が遅く判定が太い
サブ射撃 ブレードイグニス【射出/CALコネクテッドブレード】 1 146 レバーNで射出、レバー後で装備・格闘が変化
特殊射撃 CALバズーカ 2 164 弾数2の照射ビーム、発生は遅めで銃口補正が良い
特殊格闘 リミッター解除 100 - 20秒間機動性・全武装の当たり判定強化、耐久力が徐々に減少(4/1s)
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 CALブレード&CALビームサーベル NNNNN 228 [246] 高威力だがコンボ時間が長い
派生 斬り下ろし NNN前 190 [205] ↑より早く終わる
派生 斬り上げ→CALダガー投擲 N後N
NN後N
162 [167]
198 [206]
ヒットストップで敵を拘束する
派生 斬り上げ→ブレードイグニス射出 N後射
NN後射
193
215
ブレードイグニス展開orコネクテッドブレード時は不可
前格闘 CALブレード突き 78 コネクテッドブレード時に性能変化
CB時前格闘 突き刺し投げ [140] 発生が遅いがコンボに繋げる
横格闘 横薙ぎ→斬り抜け→斬り抜け 横NN 157 [186] よく回り込み、よく動くが伸びは少ない
派生 ヒートワイヤー→CALダガー投擲 横後N
横N後N
162 [167]
190 [199]
拘束時間が長い
派生 ブレードイグニス射出 横N射 202 ブレードイグニス展開orコネクテッドブレード時は不可
後格闘 ジャンプ斬り 90 [95] 斬り下ろし
BD格闘 斬り抜け→斬り上げ→斬り上げ BD中前NN 168 [190] 上方向へ吹き飛ばす
覚醒時BD格闘 七大天使の剣 BD中前NNNN 267[292] 斬り抜け×4→CALブレード突き 最終段は多段Hit 強制ダウン
バーストアタック 名称 入力 威力 備考
七大天使の剣(コンビネーション) 3ボタン同時押し 340 斬り抜け6連→CALブレード突き→サテライトキャノン接射
【更新履歴】
15/9/09 記事作成

解説&攻略

『クトゥルフ+メタリックガーディアン』より、オーバーロード級機体ティルフィングが参戦。
パイロットは戦いのプロことブロル・フェーディーンとその裏人格。
特格時のダメージがある代わりに、素の耐久は780と平均よりやや高め。

リミッター解除とコネクテッドブレードモード、覚醒中CSによる爆発力が売りの格闘寄り万能機。
どちらも開幕直後から使用可能だが、リミッター解除時は純格闘機並みの機動性を得る代わりに耐久力が徐々に減少していき、
コネクテッドブレードモード時は格闘威力と範囲を強化するが貴重な牽制射撃武装であるブレードイグニスを失うというデメリットがある。
特に耐久力減少は1回につき80(=BR1発分強)と馬鹿にならず、開幕から1落ちまでにリロードを挟んで2回使用するとなると実質的な耐久値は620。
コスト2500どころか2000レベル分しか耐えられない計算となるので、効果時間中に少なくとも1回は格闘コンボをきっちり決めていかないとジリ貧になりがち。
裏を返せば先落ちしやすくなるという利点もあるが、この効果によって耐久力が0になることはなく、1で止まることに注意。
格闘にさえ持ち込めば火力は高く、メインを布石としてBD格、CB時には前格からのコンボで大きくダメージを稼げる。
覚醒中+リミッター解除時のスピードはまさに神速。積極的に場を荒らし、試合のペースを掴んでいこう。
サテライトキャノンは覚醒時にしか使えず隙も大きいものの腐らせるには勿体無い性能。CALダガーによる拘束コンボの〆にもギリギリ間に合うので、
カットに注意しつつ一気に敵の耐久を削りたい。

平均的なBRと単発CS、回転率がよく牽制用として優秀なN特射、リロードは遅いが2発撃てる照射ビームとある程度の射撃戦は可能。
組んだ機体との相性や試合展開によってはリミッターを解除しないで耐久力を温存する選択肢もある。
ただしその場合3000としては平均的な機動力とダメージ不足、メインの弾数不足に悩まされる。必ずどこかで格闘を仕掛ける必要が出てくる上、
機動力の低さでダメージを受けてしまっては元も子もない。
総じて他機体以上に慎重に、かつ大胆な運用を心掛けなければならない上級者向けの機体。