※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

"'Erotic sushi' bar serves up tantalizing treats"
「エロ寿司屋で舌なめずりするようなご馳走」

2003年1月7日配信



Ero Sushi-ya commences service from 8 p.m. From the outside, its sign reads "sushidokoro" and it appears no different from any other sushi establishment. Upon entering, the visitor is welcomed with a warm "irrashai." And just as in any conventional sushi shop, its interior decor features a counter with stools.
The resemblance, however, ends there: Behind the counter, the visitor will not see chefs brandishing knives or applying dabs of wasabi to balls of vinegared rice, but rather, encounter a smiling madam and a half dozen fetching females clad in happi coats with nothing underneath.
"Hi," greets the madame warmly. "Are you a tourist? The course at our shop provides 40 minutes, including 'honban' (the 'real thing' i.e., intercourse) for 10,000 yen."

(全文はみつからなかった)

この記事を紹介したブログのコメント

なんじゃこれ!っとびっくりした。記事は北海道の風俗店の体験記であり、どういう意図で掲載したのか
理解し難い。何でも北海道には寿司屋を偽装した風俗店があり、「40分食べ放題10,000円」などと
チラシで宣伝しているそうだ。一応外観も寿司屋を装っているが、入店すると受付のオバちゃんの
お勧めに従って、マグロ、蛸、海老などのニックネームで指名する。で、この記者はとこぶしを
召し上がったそうだ。本番アリで40分一万円である。彼は張り切って40分でとこぶしを「二人前」
召し上がったそうだ。元気ですね。って、スポーツ新聞の風俗体験記とどこが違うねん!
さすがクオリティーペーパー、英字版で地道に反日活動にいそしんでる。