※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

"How important is rape in Japan?"
「日本でレイプはどのくらい重要なのか?」

June 11, 2008
J@pan Inc Blog
Anna Kitanaka

Today a story appeared on the Mainichi Online front page: Man arrested for raping woman in western Tokyo. The man has been arrested for a rape that happened in early April and there is the suggestion that he could be the wanted suspect for another attempted rape that happened in mid-May in Tachikawa.
今日、あるニュースが毎日オンラインのトップページに載った:男が西東京で女性をレイプした容疑で逮捕。男は4月初めに起こったレイプですでに逮捕されており、5月の半ばに立川で起こった別のレイプ事件でも容疑がかけられているという。

However, even if he is charged for two of rapes, technically he would not be counted as a serial rapist (which is usually three or more), which raises the question—why was this news story chosen over numerous other rapes that happen in Japan? Do the Mainichi reporters know more than they are telling us and suspect him to be a serial rapist? Or with rape cases decreasing in Japan, has this crime become even more important in Japanese society?
しかしながら、彼が2件のレイプ容疑がかけられているとしても、実際のところ、彼は3件やそれ以上の事件を起こす連続レイプ犯ではないようだ。ここで疑問なのは、なぜ日本における数あるレイプ事件の中から、このニュースが選ばれたのかだ。毎日新聞のリポーターは報道した以上のことを知っていて、彼を連続レイプ犯だと疑っているのだろうか?あるいは、日本ではレイプ事件が減っているため、日本社会でこの事件はより重要なものになったのだろうか?

Take the UK for example. Home Office statistics state that there were 13,322 reports of rape (of a female) in 2004/2005.
In Japan, according to the National Police Agency, this number is 2,076 for the same year. And this number has decreased to 1,948 (-6.2%) in 2006.
英国を例にとってみよう。内務省の統計によると、2004年/2005年に(女性の)レイプ事件は13,322件報告されている。
日本では、警視庁によると、この数は同じ年で2,076件である。そしてこの数は2006年には1,948件(-6.2%)に減少している。

In the UK, a crime such as this would not “merit importance” in a national newspaper, as cases like these are all too frequent. However, with low statistics such as these in Japan, is this report actually a reflection of Japan’s safety?
英国では、このような犯罪は全国紙で報じられるような"重要な価値"を持ったものと見なされていない。このような事件はありきたり過ぎるからだ。しかしながら、日本ではこのような事件が統計上少ないため、この報道は日本の安全性の反映なのだろうか?