ギャンブラー

ギャンブラーについて


職業のステータス
ステータス 初期値 最大値
LV 1 99
体力 6 594
攻撃力 5 495
防御力 5 495
すばやさ 5 495
回復力 5 495
うんのよさ 15 1485
火属性 0 0
水属性 0 0
地属性 0 0
光属性 0 0
闇属性 1 99
転職に必要なステータス
  • おこりっぽさ:40
  • けちくささ:50
  • ずるがしこさ:60
合計150点(ランク4)

===攻撃スキル===

スキル名称 硬直時間 攻撃補正 命中補正 会心補正 属性 体勢補正 コンボ補正
勝つこととは 02:00 1.5 0.5 1 無し 無し
真剣勝負 01:50 1.5 0.4 1 無し 無し
金の重み 02:10 1.5 0.6 1 無し 無し

===回復スキル===

スキル名称 硬直時間 効果補正 体勢補正 コンボ補正 効果
チャンス到来 01:20 1 無し 無し 回復
種銭 01:40 1.2 無し 無し 回復


===ログ一覧===
+ ...



===取得可能なステータス===
+ ...


99レベルまで推定 103,947 文字
※ ネタバレ回避のため白い文字で書いています。反転させて見てください。

補足
上級職。そして、最も予測できない職業といえる。
無職+α程度のステータス・・・に、ひとつだけ勇者以上のトンデモナイモノが付加されている。
HPをはじめ、基礎的な性能は下級職と変わらないが、クリティカル発生率は単純計算でほかの職業の3倍近い。
つまり、失職前提で戦闘に参加し、誰も予想しなかったクリティカルヒットを発生させる、文字通り「ギャンブラー」だ。無論、クリティカルが出なければその性能は無職程度しかない。
根本的に問題があるとすれば、攻撃スキルはいずれも命中補正が強くかかり、無職の攻撃と比較すると命中率は半分。
転職要件は商人をはじめ多くの下級職で取得できる。

会心率が見直されてから元から低かったギャンブラーの立場がさらに危うくなったが、相手の能力を下げるスキルは運の良さに影響を受けるので、もしそのようなスキルが追加される装備が実装されればギャンブラーが脚光を浴びるかもしれない。逆に被減少分も抑えられるのだが、元々の能力が低いのがつらいところ。

ところで、ログで「言った!」と書かれているのは「チャンス到来」だけであるが、モノローグであることを強調しているのだろうか。また、三点リーダがこれだけ全角だったりする。

また、ギャンブラーのために用意されていると思われる装備がいくつか用意されているわけだが、そのどれもが素早さを2割犠牲にして運の良さを4割増加させるものとなっている。これらを全て装備すると、運の良さがなんと1万6千を超える。素早さを確保したい場合は、運の良さが少し下がるが一部をおみくじ装備で代用するといいだろう。
もちろんそこまで運の良さが高くても、会心の一撃でダメージが1.5倍ということに変わりはない。
仮にこちらの攻撃が全部会心となったとしても当たらなければどうということはないのだが、元の攻撃力もそこまで高くないので、当たってもそこまでダメージを与えられない。
さらにいうと、ギャンブラーの耐久力は無職並みなので、相手が会心の一撃を出さなくてもすくに倒されてしまうことだろう。
要するに運の良さだけに頼って戦うことは現実的ではないのだが、そうなるとギャンブラーの存在意義自体が怪しくなってくるわけで……。
といっても遊び人と同じく職業なのかどうか怪しいのだが

+ 元ネタについて



コメント

  • 合計経験値103947であること確認しました - 名無しさん 2015-09-06 23:04:51
名前: