九州学生将棋連盟では、毎年春、夏、秋、冬に一度ずつ、計4回大会を開催しています。

 

**1 春季学生九州将棋大会

 

 例年ゴールデンウィーク期間中に、団体戦2日間、個人戦2日間、計4日間の日程で行います。個人戦と並行して、本年度より女流戦も行います。場所は主に福岡大学で行っています。参加資格は大学の学部6回生までです。団体戦は5人制で、優勝校は9月に東京で行われる富士通杯争奪大学対抗将棋大会に、準優勝校は8月に大阪で行われる西日本大会に出場できます。個人戦は上位2名が5月に東京で行われる全日本学生将棋名人戦に、3位以下数名が西日本大会に出場できます。

 

 

**2 夏季理事長杯(旧北九州大会)

 

 例年6月中旬に、団体戦個人戦各1日、計2日間の日程で行います。場所は主に福岡大学で行っています。参加資格に制限はなく、大学の学部生はもちろん、大学院生やOBの方も出場できます。団体戦は3人制です。個人戦はA,B,Cの3クラスに分かれて行います。大学間の親睦を深めることを主な目的としています。団体戦は他の大学の人やOBなどと自由に組むことができます。上位表彰のほか、チーム名のネーミング賞もあります。例年北九州市で開催するのかという質問が相次いでいるため、大会名称の変更を検討しています。

 

 

**3 秋季学生九州将棋大会

 

 例年10月上旬に、団体戦2日間、個人戦2日間、計4日間の日程で行います。場所は主に福岡大学で行っています。参加資格は大学の学部6回生までです。団体戦は7人制で、優勝校は12月に三重県で行われる学生王座戦に出場できます。個人戦は優勝者が12月に同じく三重県で行われる全日本学生十傑戦(学生王将戦)に出場できます。

 

 

**4 冬季北九州大会

 

 例年12月上旬に、団体戦個人戦各1日、計2日間の日程で行います。場所は主に福岡大学で行っています。方式は夏季理事長杯と同じです。

 

 

 参加者、参加校を募集しています。詳しくは、連盟のツイッターまたはメールアドレスまでお問い合わせください。