去人たち improved from AI ケイ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「すべてはコンピュータの解釈です」

人物

電網研所属の研修生。年齢は二十歳手前。ブロンドの髪色は白人系の血筋である証拠か?かわいい。

ヘッドマウントディスプレイとウェアラブルキーボードで仕事をしている。

踊るような奇怪な腕の動きによるジェスチャー入力はワタナベ曰く「想像を絶するほど間抜け」。

舎密部のずさんな組織状態ブラックな労働環境の犠牲となり、寝る間もないほど働き続けていて、立ち絵ではヨダレが垂れ流れている。かわいい。

役柄

斑猫を追う任を受けたワタナベに協力、情報屋からデッドフィールドのサポートまでこなす。

台詞抜粋

「前にあたしにこう言ったよね。手を引いた方がいいって。正直、あたしも手を引いたほうがいいなって自分でも思うんだけどね、それがね、面白くてたまんないんだ。うふふ。世界最大のバカアトラクションを目の前にしている気分。犯人は都会の真ん中でキリンを隠そうとしているみたいなね。隠せる場所がないからって、キリンサイズの巨大金庫を作ってその中にキリンを隠そうとしてるの。そしてキリンが隠れた金庫を隠すために同じ形の金庫を何十個も作って置きまくるようなことが起こるなんて、なんていうバカゲーム。んふふっ、っていうかこんなバカゲームには付き合うしかないでしょうって感じ」

事件に対する姿勢を窺える台詞。夕食の奢りでワタナベに協力する辺り彼女のフットワークは軽い。

 

「ヒトは大人になると人間という病にかかってしまいます。この病は1つでもとても重篤な症状を引き起こすのです、でも、実際には二重三重に罹患することもあるんです。するとヒトはその病で死んでしまう。半開きになったEQCの扉からその病が忍び込んでワタナベくんを殺してしまうってわけです。」

ワタナベの自殺未遂を見咎めた際の台詞。自殺を起こすほどに動揺した彼の心理状況に構わず、この台詞の後に「デッドフィールドで死ぬ人がまた一人増えるだけ」と言い捨てるあたり、彼女のあっさりとした性格が窺える。それは本人も自認しているらしく、後の章で「あたしは機械っぽい」と言っている。ドリル