去人たち improved from AI デモなどのテクスト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

β版のEDやデモ内のテクスト

誤字っぽいのは修正してあります。

β版「道化の臨終」終了時ED

discrete experiments
"KYOJINTACHI" was manufactured very experimentally and exhibited.
This work has not aimed at obtaining sympathy of a user.
Therefore, this work could be called antisociety language game which is going to overthrow the present structure.
However, language does not exist without the present society and relation.
Therefore, this can be called very private - generally it is a useless and nonsense - experiment.
I express gratitude deeply to you, people cooperate with the experiment, and the user who played.

[私家訳]
不連続な実験
「去人たち」は実験的に製作され、公開された。
このゲームは、ユーザーの同情を得ることを目的としたものではない。
だから、これは現在の構造を転覆させることを目的とした、反社会的な言語ゲームとよばれるかも知れない。
しかし、言語は社会との関係なしでは存在しない。
したがってこのゲームは、非常に個人的な実験-役に立たず、ナンセンスな-とよばれるかもしれない。
あなたと、この実験に協力してくれた人、そして遊んでくれた人に、深く感謝する。

去人たちデモプログラム

"KYOJINTACHI" is developed from 1998
by the experimental individual motive.
However, against a developer's expectation,
it was more complicated and became more lyricism.
We exhibited the beta version of that in the network in 2001.

[私家訳]
1998年、「去人たち」は、実験的で個人的な動機によって開発された。
しかし、開発者の期待[予想]に反して、分かりづらく、感情的なものになってしまった。
私たちは、2001年に、ネットワークを通してそのベータバージョンを公開した。

○タツヲ
TATUWO HAYAMI - The phantom ship which drifted ashore
Since the world is constituted, you have to exist.
Although it may be in an imperfect state supposing it carries out or
since it is the existence made for convenience, it must exist.
Such things tend to be forgotten in the tale form which
fabrication nature oozes.

○富絵
TOMIE - Keen insight of non-Mind
There is often a talk that living human being sticks for a man for rancor and
jealousy. One of them can be seen also in a Minamoto Mr. tale.
A ghost leaves flesh, living. However, people cannot separate from
the ghost to flesh because of the feeling of plus.
Therefore, he had to be killed in "AMETSUKI MONOGATARI".
It cannot become a living vagrant spirit because of love.

○安西
YUMI ANZAI - The woven-in thread
She exists in the place already beyond the problem
"what what is right and is not right." A tale is started by the ideal which
they usurped in the narrow-mindedness of people who
lacked imaginative power, and non-tolerance again. moreover,
the tragedy is boiled occasionally, is carried out and can be hung down
also by not a place but the virtue depended on a person's vice
Bravery chivalry cannot be lacked when building the tragedy.
The tragedy comes appropriate for the tragedy more by it.

○ルビ
RUBI KASHIWABA - The confronter of God to death
Progressing the inside of the future whose end is not visible is
continued bold. It has even had an illusion that it is blessed by the world.
But there is not man currertly blessed by the world anywhere.
The world makes a wall absolute before the human being suddenly.
The wall which cannot exceed by any means. A wall is cursed, a wall is
beaten and the language of a curse is thrown at a wall.
But people come to desire the wall unawares for weakness.
Of course, it is crushed by the wall and dies little by little.

○何か
この世界のどこかにある、死者だけが眠る孤島。

その島はちりちりと耳鳴りのような波音をたてる海に隔てられている。

墓の番人である一人の少女。

少女がこれまでに出会ったすべてのものが生きていなかったように、
少女もまた生きてはいない。
だが少女はいまだ死んではいない。

そこへ、倦み疲れた一匹のヴァン猫が泳ぎつく。

少女は円匙で凍えついた地面を掘り返す。

では、その墓穴はいったい誰のためのものか?━━━━━

○その後の。最後の行は中途半端だがここで終わっている
声明は荷電粒子にのせて加速を試行する
例えば、それが光速を超克するならば
声明は過去と未来にも伝播しえる
しかし荷電粒子は、光速近傍でその加速を取り止める
声明としての荷電粒子は過去と未来において意味を存続し得ない
今、此処にいる声明性の荷電粒子は
その意義を存続したまま、時空を超越することに懐疑的である
自身の疑念にとらわれた荷電粒子は物理的制縛と抗弁する
しかし、荷電粒子が本当にそう希求するならば光速度を


○つみびとをしてED
/はそこで切れてる。
「」の「さようなら。 ありす。」だけ三行表示。
それ以外は一行ずつ表示。


やあ、随分と久しぶりだな、ありす。

お兄ちゃん!

お兄ちゃん。お兄ちゃんなんだね。ああ。ほんとに、お兄ちゃ/

戻ってきたよ。

今までどこに行ってたの。ずっとずっと探してたんだよ!

いや、そのへんをうろうろしてただけさ。

あたしに一言も何も言わないでいっちゃうなんてひどいよ。

わりいな。それに、戻ってくるつもりもホントはなかったんだ/

どういうこと?

ううん? さあ、どういうことかな?

……すぐに行っちゃうんだね………?

うん。

そう…

そうだ。

仕方、ないんだよね…。

そうだ。

お兄ちゃん、なんか変わった…

お前は変わってない。変わってなくてうれしいよ。


お兄ちゃん、世界ってこんなに残酷で彩りのないものな/

違う。これは物語だ。世界じゃないよ。

意味がわかんない。

まだ、分からなくていいさ。

じゃあ、これからあたしはどうしたらいいの?

これからは、ありすが物語を作ればいい。

どういうこと?

ただ、見るだけさ。この世界を。

物語をじゃないの?

世界を見るんだ。

うん、分かった。やってみるよ。

お兄ちゃんは、どうするの?

俺は、他のところに行くよ。

他って?

俺の故郷かな…

そこはどこなの?

ここじゃないどこか。

そこにはあたしも行ける?

どうかな…。ただ、たどり着くには大変だろうな。

じゃあ、あたしもいつか、お兄ちゃんのところへ行くよ。

つらいところだぞ。

行く。

そうか。じゃあ、俺はお前が来る日を待っているよ。

じゃ、俺は先に行っている。

ここでさようなら、だね。

ああ。見送りはなしだ。俺もお前を見送りたくはない。

うん。あたしは左、お兄ちゃんは右に一斉に歩き出そう。

そうしよう。

それじゃあ、いつかまた、学校を一緒に駆け回ろうな。

うん。それじゃ、さようなら、お兄ちゃん。

「さようなら。

 ありす。」








お前がもし、俺のところへ戻ってくるようなときがあるの/

それはきっと俺を憎んでのことであろう。

でも、それでも俺はお前を喜んで受け入れる。

だって、それは物語ではないし、ありすは俺なんだから。

そして、そのときが本当の物語の終わり……