ユルシュール・ディ・サヴォイア PL:水樹沙阿


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■パーソナルデータ
【名前】ユルシュール・ディ・サヴォイア  
【PL名】水樹沙阿
【性別】女 
【コードネーム】意味を識る者(センセイション) 
【ワークス】宗教家 
【カヴァー】灰色狼 
【年齢】不詳(戸籍が無い為) 
【外見】金髪翠眼で、明らかに発育不全とも思える小さな肢体。 

■基本データ
【シンドローム】ノイマン/ノイマン
【消費経験点】(能力値: 特技: 装備: コネクション:)

■能力値
【能力値】 肉体:1 感覚:3 精神:6 社会:2
【HP】14 
【イニシアティブ値】12 
【侵食率】31 

■技能
【肉体】<精密作業>
【感覚】<知覚>
【精神】<意思3><RC>
【社会】<交渉3><情報:噂話>

■ライフパス
【生まれ】疎まれた子
【経験1】海外生活
【経験2】被害者
【覚醒】生誕
【衝動】飢餓

■エフェクト
リザレクト
ワーディング
アドヴァイス
生き字引
戦術
天性のひらめき3
プロファイリング
マインドリーディング

■装備品


■ロイス
 ・ヴィクトリカ ・親近感/嫉妬
 ・ブロワ公爵 有為/・隔意
 ・院長 尊敬/・食傷

■設定
ヨーロッパの小国、ソヴュール王国の小さな教会に住んでいる小さな少女。
戸籍が無く、身内は一人もいないため、年齢も来歴も全てが謎に包まれている。
不思議なことに、そんなユルシュールに纏わる噂には、必ず含まれている単語が一つだけある。
それが、「灰色狼」という言葉である。
教会の規則で、外には一歩も出られないにもかかわらず、世界情勢を知り尽くしているかのような言動をし、訪れた人間の秘密を次々言い当てたりするため、伝説の灰色狼そのものなのではないかと言われているのである。

もっとも、ユルシュール自身も自分の来歴は知らないし、またそんなに興味も無いらしい。
だが、ブロワ公爵はこの謎めいた少女の真実を知っているかのようなそぶりを見せている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。