忍者の定義


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【忍者と忍術】

 忍術を使える者を「ニンジャ」と定義します。
 忍術とは「人間の精神的な力で奇跡を起こす力・ニンジャティックパワー・NJP」を使い、「常人には真似できない異様な力」を行使する人々です。
 ただしNJPは、「NJPを持たない一般の人の視線にさらされると発揮できない」ため、
 彼らは常に忍ぶ必要があります。

 NJPを使えば、前述のビーム兵器やロボットの原動力にも使えますが、
その秘密が一般人にばれると無効化してしまいます。
 ロボット忍者たちもまた、忍ばねばならぬ定めにあるのだ。

【忍者の基本的な力】

 PC・NPC共通しているスペックですが、
  • 常人には察知できないスピードで歩け、気配を消せる
  • 空は飛べないが、20メートル程度の垂直ジャンプはほとんどの忍びには可能
  • ただし腕力や筋力、防御力は特化していない限り常人と同じ(故に武器や手甲を使う)
  • 銃弾を直撃すれば死ぬが、一般人の放つ銃弾程度ならば気配を察知してかわすことができる(忍者銃使いの場合は、その限りではない)