大阪大学


1998 大和物語 右馬の允藤原の千兼といふ人の妻には
1999 とはずがたり 尾張の国、熱田の社に
2000 増鏡
2001 堤中納言物語
2002 戴恩記
2003 榻鴫暁筆 中昔、片田舎に男ありけり。
2004 大和物語 下野国に男女住みわたりけり〜あからめもせで添ひにける
2005 伊勢物語
2006 枕草子能因本奥書 枕草子は人ごとに持ちたれども
2007 うたたね
2008 平家物語・小宰相身投 すでに三とせになりぬれば〜おちざらめやは
2009 十訓抄 白河院の御時、天下に〜仰せ含められける
2010 堤中納言物語 大納言の姫君〜いちらうたく児めきたり
2011 栄花物語 かくて四条の大納言殿は〜このごろはおはしましける
2012 都のつと 過ぎにし三月の十日余り〜身にしみわたる白河の関
2013 今鏡 大殿の伏見へおはしましけるも〜となむ詠み給ひける
2014 宿直物語 近き頃、加茂の社の歌の会に〜ひじりにておはすらめとぞ言ひける
2015 古本説話集 今は昔、女院、内裏へはじめて入らせおはしましけるに〜など申したまひける
2016 平家物語 高野に年ごろ知りたまへる聖あり〜高野の聖とぞ申しける
2017 発心集 中ごろ、朝夕帝に仕うまつる男ありけり〜いとめでたかりける心なるべし

文以外
1998 唐木順三「日本人の心の歴史」
1999 鈴木一雄「たったひとりの世の中」(讚岐典侍日記)
2000 渡辺実「大鏡の人々」
2001 平家物語
2002 閑田文草
2003 北辺随筆 あがりての世には、人のこゑ
2004 琴後集 暮れぬれば河づらに向かひ居て〜川波の音のみ高う澄みわたりぬ
2005 毘沙門の本地
2006 南畝莠言 檜垣の嫗の歌
2007 百人一首一夕話
2008 伊曾保物語
2009 俊頼髓腦
2010 宇治拾遺物語 天竺に留志長者とて
2011 帰家日記 宿の女房すきものにて
2012 ささやき竹 人知れず思ひそめし事なれば
2013 今物語 嘉祥寺僧都海恵といひける人の
2014 今昔物語集 震旦の魯州に兄弟二人の人ありけり
2015 小島のすさみ 老蘇の杜といふ所は
2016 庚子道の記 宇津の山越えに
2017 浜松中納言物語 内裏よりしきりに召しあれば〜下り給ふままに舞踏し給ふ