心の内

 

 その次の日。

 私の目が覚めると、なぜか目の前にザンザスがいた。

 

 …………はい?

 

 なんで、横にザンザスの寝顔があるのか分からない。

 身を起して周りを見ると、広い部屋の中心にあるソファにスクアーロらしき銀髪が見えた。

 

 どーいう状況ですか?

 誰か、説明を下さい。

 

 呆然としていると、スクアーロが目を覚ましたらしく、ゆっくりとこちらへ歩いてきた。

 

「起きたようだな」

『それは、君もだね。で、これはいったいどういう状況?』

「昨日。お前は一週間後に帰ると言ったそうだな」

『うん。言った』

「それに動揺してた」

『……マジか』

「意外か?だが、お前はそれほどの事をしてるんだ。いきなり現れて、いきなり確信を当てられて、問題を解決しちまった」

『やっぱり、唐突しすぎた?』

「まぁな。俺らのような普通じゃない奴らには免疫があるが……」

『……こんな唐突に出てきた人物なんだけどなぁ』

「だが、ザンザスはお前を大切だと思っていやがる。……もう少し引き延ばせねぇか?」

『出来なくもない。ただ、その間にお母さんの身の安全が』

「そこは大丈夫だ。考えてもみろぉ。お前は門外顧問の娘だ。で、その母親ということは――」

『あ、既に秘密裏に護ってるって事か』

「そーいうこった。んで、どうする?ボスはお前を嫁にもらう気だぞ?」

『へ?マジで?七歳くらい歳離れてるんだけど』

「成長したら、お似合いじゃねーか」

『うわー、もう未来予想図で語ってるのね……』

 

 こんな会話をしていても起きる気配のないザンザスを見る。

 それほどに眠りは深いらしい。

 

『そこまで、考えてなかったよ』

「だろーな。もっともザンザスは考えていたようだがな」

『とりあえず、起きて身だしなみ整えようかな?それからでいいかな、考えるの』

「そーしろ。お前は考えすぎると知恵熱が出るからな」

『……本当は出ないはずなんだけど。この姿になってから出たから、体の年齢に関係してるんだと思う』

 

 言いながらベッドを下りて、着替えを取り出す。

 スクアーロとはつい立を隔てているので、居ても別に大丈夫だ。

 

「まったく、てめーは変わってるな」

『まぁ、精神年齢は二十四歳だし。本来、死んでもうこの世にいないはずの人物ですから』

「ザンザスの怒りがおさまった」

『でも、強さはそのまま。怪我もしてないし、心も壊れていない』

「もし……もしだ。あのまま進んでいたらどうなっていやがった?」

『……もう分かってるんじゃない?』

「ちっ、予測通り、あのじじいとやらが死んでたか」

『違う。もっと彼らにとって酷な未来になっていたよ。ザンザスは氷の中に閉じ込められ、時と自由を奪われる。ティモッテオおじいちゃんはそれをして後悔しながら、生きながらえなければならない。双方たくさんの仲間を失って』

「……最悪のシナリオか。知ってるか?俺が奴とあったのはここで催したパーティーだ」

『うん。それも知ってるよ。スクアーロってさ、ザンザスの事好き――』

「おい俺は男色じゃね―ぞ?」

『って、そういうことじゃないって。でもさ、気にいってしまったんだろ?』

「わかってるじゃねぇか。……マーモンから聞いた。忠告ありがとな」

 

 つい立越しに着替えを終えて、スクアーロの反対側のソファに座る前に紅茶の用意をする。

 朝は喉が渇くのだ。

 

『スクアーロもいる?』

「……俺は珈琲派だ」

『んじゃ、それもいれよう。モカ?』

「いやグアテマラだ」

『えっと、あった。んじゃ、いれとく』

 

 部屋に用意されていたそれらの嗜好品を、それぞれ最適にいれていく。

 身長が足りていないから、椅子を使ってだが。

 

『はい、どうぞ』

「……大丈夫なようだな」

 

 彼は珈琲を渡すと一度匂いを嗅いでから、飲みはじめる。

 

『?』

「ああ、こりゃあ癖だ。こういう仕事をしていると、毒を盛られることもあるからな」

『職業病みたいなものだね』

「んで、お前はラベンダーアールグレーか?」

『あら、鼻がいい。そうだよ』

 

 そうして、二人で飲み物を飲みながら、ザンザスが起きるのを待った。

 

 

 


 

 

 

 結局、ザンザスが起きたのはそれから一時間後だった。

 

 現在の時間、十時ちょいすぎ。

 

『おはよう』

「起きたかぁ~?」

「……俺は」

『って、寝ぼけてる?……ザンザスも、珈琲いる?

「もらう。キリマンジャロ」

 

 ああ、タンザニア産の野性味あふれるコーヒーか。

 なんか納得。

 スクアーロのグアテマラは酸味とコクに優れ、香気も良好で全体的に華やかさとキレのいい後味である。

 が、ザンザスが注文したそれは強い酸味とコクが特徴だ。

 今入れているのは中煎りだが、深煎りだと上品な苦み主体なものとなる。

 

『中煎りのだけど、どうぞ』

「ああ」

 

 受け取ると、彼もスクアーロのように一度嗅いでから飲みはじめる。

 

 ヴァリアーメンバーは皆こんな感じかな?

 確かあの家庭教師はエスプレッソだったよ~な……。

 あ、やばい。

 今のうちにエスプレッソマシンとか買っておかなくちゃ。

 

 十二年後の事を考えて、脳内の買い物リストにそれを書きこんだ。

 

 

 この日。

 私はずっとザンザスの膝で過ごすことになった。

 この状態を見たティモッテオおじいちゃんが、目を丸くしていた。

 

 

 ……いろいろフラグが立ってる気がするが、害無いからいいよね。

 

 

 

 

                               次ページ:手作り

 

 

 


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|