エリクサーの出来た経緯

 

 『えーっと、これを入れると……あ、変な色になってる。じゃ、もう少し入れたら……ふむ、微妙な色合いだね』

 

 

 新学期早々、私は必要の部屋で魔法薬の調合を繰り返した後。

 マートルのトイレで調合を始めていた。

 

<あ~ら、禪じゃない。今日は何を作っているの?>

 

 ココの主であるマートルがふわりと近づいてきて、聞いてくる。

 

『ああ、マートル。今、回復薬作ってるところ』

<回復薬?>

『ええ、この世界の魔法薬って、状態異常しか治せないんですもの。そこで、体力だけの回復をする薬を作ろうと思いましてね』

<へぇ>

 

 ぐるりと辺りを見渡すマートル。

 

<こんなことろでいきなり調合するって言った時は、驚いたわよ?しかもその後、空間を魔法で広げたり、衛生防御魔法なんてもの、いきなりかけたりするんだから、もっと吃驚よ>

 

 ああ、うん。

 ですよねー。

 

『まぁ、そこは――』

<変わり者だからでしょ?>

『って、言われたし!ま、そういうことです』

 

 既に”変わり者”っていうのが、免罪符みたいになっているが、まぁしかたない。

 本当にそうなのだから……。

 

『さて、じゃこれを入れれば……あ、色が安定した』

 

 鍋の中で、綺麗な青色がきらめいている。

 

『成功?んーでもなんか違う気がする』

 

 そこら辺で捕まえてきたネズミを実験台として、薬を飲ませてみる。

 

 

 ……なんか、走り回った後に自らの顔をかきむしり始めた。

 

<失敗?>

『みたいね。これ、”絶望”するみたいね』

<絶望?>

『うん。えーっと、何もかもに拒絶されて、行き場所がなくなって、自らを攻めまくるっていう意味での”絶望”』

<なんか、嫌ね>

『まぁね。とーっても嫌よ。私は既に体験したことだし……』

<え?>

『この薬、私の深層心理が反映してしまったのでしょう』

<……>

 

 何とも言えない雰囲気が流れる。

 

『次は別の調合を始めますか』

 

 

 

 次の調合で、見事、回復薬は出来た。

 

 しかしそれは未完成な状態でしかなかった。

 

『あとは、私自身の意識を変えるしかないのね』

 

 

 心理に反映する魔法薬を見ながら、棚に収めた。

 

 

 

                        END:エリクサーが出来た経緯

 

 


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|