三頭犬の名前

 

 朝、5時ごろに校内を歩く。

 早めに運動を切り上げて、私は思考の海におぼれていた。

 

 

 どうしようかしら、単純な名前は嫌だと言われたし……

 

 

 考えているのは、三頭犬の名前である。

 もちろんフラッフィーという名前が既についているのだが、よくよく聞いてみれば、三者三様の名前が欲しいらしい。

 そもそも意志が三つに別れているのだ。

 確かに、三匹とも同じ名前というのは嫌だろう。

 

 

 えーっと、一匹目は少しさわやか真面目の性格。

 この子がフラッフィーで満足してるって言ってたわよね?

 で、二匹目が年長者みたいな物知りな性格。

 最後の三匹目が食いしん坊、っと。

 

 え、真面目にどうしましょう。

 あの三匹を示す言葉がフラッフィーでいいとしておけばいいのかしら。

 それとも、本当に最初の一匹目にその名前を割り当てればいいのかしら。

 ………………う~む、悩む。

 

 

<あ~ら。どこの寮の子?考え事しながらこんなとこに来ても面白くないわよ>

 

 ん?

 

 響く声に思考の海から意識を引きずり戻すと、なんか暗そうな場所に辿りついていた。

 

『あれ?ここどこ?』

<気づいていなかったのぉ~。ここは、トイレよ>

 

 って、ちょい待て。

 さっきから聞こえてくる声と、ここがトイレだという事を総合して考えると、ココって!

 

『え、ついさっきまで一階の廊下を歩いていたつもりなのに、なぜに三階にいるんですか、私。そんなに長い間悩んでた?!』

<へぇ……そんなに長いこと考え事してたのね。何を考えていたのかしら>

『えーっと、ちょい珍しい種類の犬の名前を……。貴女はマートルさんですか?』

<珍しい犬?ええ。そうよ私がマートル>

『……噂って当るもんじゃないですね。けっこう可愛らしいじゃないですか』

<あら、嘘つかなくてもいいのよ?私って……私って?!>

 

 あ、ヤバいヒステリー起こしそうになってる。

 

『嘘じゃありません。本当に可愛いですよ。そんなことを言う人は見る目がなかったのです』

<言うじゃない。貴女って、変わり者?>

『そうですね、変わり者の孫ですし。確かに変わり者です』

<?孫?>

『はい。私は現在の校長、アルバス・ダンブルドアの孫になった、禪・蔡塔といいます。現在は一年生です』

<あ、貴女、校長の孫?似てないわね>

『まぁ、養子みたいなものです』

<ああ、なるほど。そういうことね。で、犬の名前を考えていたの?>

『ええ。ここの森番が飼っている三つの頭を持った珍しい犬の名前を』

<え、あの森番……ハグリッドなら既に名前つけてるはずでしょ?>

『もちろんついてはいたのですが、どうも聞いてみたら、意志が三つあってそれぞれに名前が欲しいっていうんですよ』

<まぁ!…………というより、よく犬の声なんて聞こえるのね>

 

 ああ、そうか。

 説明しておかねば。

 

『私自身確かに変わり者ですが、扱う魔法も少し変わっていましてね。その変わっている魔法の中に”翻訳魔法”というのがあるのですよ。対象にしたものを翻訳してくれる魔法なのですが、動物の声を対象にすれば、意志疎通可能です』

<なるほどね。面白いわね、貴女>

 

 そろそろ座ろうかなと思ったが、トイレの中だから椅子はない。

 

 しかたない。

 

 私は杖を取り出して、一振りした。

 すると、窓際にベンチと机が現れる。

 

<うそ。もう無言呪文が使えるの?!>

『まぁ、変わり者ゆえです。確か、幽霊でも座れはするのでしょう?なら、座りませんか?』

<本当に変わっているわ>

 

 そう言いながらも、マートルはベンチに座る。

 

『このトイレはいいわね。静かで考え事するには落ち着くわ』

<でしょう?だからあたしもずっとここで考え事してるのよ>

 

 ”死について”でしょうね、もちろん。

 まぁ、死因が死因だし仕方ないかも…………。

 

『さぁて、考えなきゃ』

<あたしも考えようかしら?どんな子なの?>

『一匹目はちょいさわやか真面目君で、二匹目は物知り年長者、三匹目は食いしん坊です。三匹とも安直な名前は嫌だそうです』

<さわやかに、物知り、食いしん坊……>

 

 

 

 ………………

 …………………………

 

 

 少しの間、二人とも無言になる。

 

<難しい注文ね。印象でつけたいくらいなのに>

『やっぱりそう思います?ちなみに印象だけでつけたら?』

<さわやかが”リック”、年長者”エンディミオ”、食いしん坊”ブーラム”>

 

 うん、なんか色々突っ込みどころ満載だね。

 てかエンディミオって、セーラー○ーンの主人公のフィアンセか!

 

『そこら辺になるよね。ちなみに私が適当につけると、さわやか君が”爽(そう)”、年長者が”詳(しょう)”、食いしん坊が”糧(りょう)”』

<え?>

『あ、もしかして可笑しいです?』

<ううん、そうじゃなくて、その名前ひねってあるように聞こえるわ>

『そうなのですか?!日本では適当すぎる名前なんですけど……、”爽”はそのままさわやかという意味。”詳”はくわしい。”糧”は食料とかのことを意味するんだけど……』

<それでいいのではないかしら?こちらの名前をつければ結構高度な名前を付ける……例えば、長い名前にするとかね、そういう事を求められるけど、その貴女の母国?かしら、その――>

『日本語』

<そう!その日本語とやらでつければ、意味が深くなるから条件クリアなんじゃない?>

 

 そういうもんなんだろうか?

 まぁ、確かに漢字と使用しているので、それなりにいいネーミング(?)にしてあるとは思うが……

 

『……一度、それで聞いてみましょうかね』

<是非そうするべきよ!>

『ええ?でも……』

<そうするよね?>

 

 

 熱弁するマートルに、私はこくりと頷くしかなかった。

 

 

 

 

 その日の授業後にそれでどうだろう?と三頭犬に聞きに行くと、あっさりと通った。

 うん、意外だったよ。

 

 

 

 

 ちなみに、三頭犬の呼称だけフラッフィーという事になった。

 また、マートルと結構仲良くなったため、すぐにでもそこで魔法薬を調合する事ができた。

 

 

 まぁ、セブルスの介入により調合場所を変えられることは、別の話である。

 

 

 

 

                           END:三頭犬の名前

 

 


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|