キングクロス駅→ウィーズリー家

 

 揺られる車内で色々とお菓子を買う。

 

「百味ビーンズ、いいの当らないなぁ

『それ何味でした?』

「カタツムリ味」

『あー、それエスカルゴでしょ。一応高級食材だからいいやつですよ』

「でも、普通がいいよ。そういう禪は?」

『ローズ味』

「うわぁ!そっちがよかった!!」

 

 

 意外と私はお菓子に関しては運がいいらしい。

 

 ちなみに、この列車内にいるバスなので、双子は先に宣戦布告しておいた。

 

『しかし、本当に乗車時間長いんですねぇ。まだ先が長そう』

「あと、2時間かな」

『長っ!まぁ、風景も結構いいですからいいけどねぇ』

 

 というか、この列車どうやってマグルの目をかいくぐってるんだろ……

 入口はあれだろーけどさぁ……

 ?

 もしかして、ここいらが異次元空間か、魔法族のみの地帯か……

 いや、前者はないな。

 一か月後に、ハリーとロンが車で追いついてるし……。

 じゃ、後者かな?

 

 


 

 

 トランプやウノをしつつ、お菓子を食べて田園風景見ていたら意外と時が速く過ぎていった。

 

『おお、着いたー。結構いろいろやってると早いもんですねぇ』

 

 きっちり私服に着替えて、準備万端でホームへと降りる。

 

「そう言えば、禪。君荷物とかはいいの?」

『そこは、魔法使いの本領発揮ですね』

 

 ポケットからポーチを取り出す。

 

「なにそれ?」

『魔法のアイテム。中には、冷蔵庫一つ分のスペースがある収納空間となっております』

「……?!いいなぁ!僕らはこんなにたくさんの荷物があるのに!」

『まぁ、反則みたいな技ですけど、ペットだけは変わりませんねぇ。ケージに入ってないだけです』

 

 そう、庸と皓の二匹はしっかりついてきていた。

 

『ロン、どのあたりにご家族がいるのかしら?』

「えーっと……ともかくゲートを出よう。数人ずつのはずだ」

『ああ、対策ね』

 

 人の波に押されながら、ゲートまで到達する。

 近くまで行くと本当に数人ずつ出されているのがわかり、主人公組と、私とネビルの組に別れてゲートを通った。

 ハリーはこの間、どうやら知らない生徒たちに声をかけられていたらしい。

 有名人も疲れる。

 

 ゲートをくぐり、辺りを見渡すと、そこには、明らかにロンの家族とおぼしき人達がいた。

 

『あれかな?』

「うん、そうだよ」

 

 そう確認する間も、バラバラと生徒が家族の元へと帰っていった。

 

「あ、おばあちゃんだ。禪、僕行くね!また新学期に!」

『ええ、元気でね!ネビル』

 

 ネビルが無事おばあちゃんのところへといった。

 

『ハーマイオニーは?』

「えーっと、そこよ。ほら、ちょうど二人並んでこっちに来ている人達」

『ハリーの親族は……あれか』

「ああうん、そう……」

 

 ダーズリー家のバーノンおじさんだろう。

 映画の中でも、原作でもうざいことこの上なかった。

 

『ハリー、何とかかいくぐって一度は会いに行きますから……』

「うん。ありがとう、禪」

 

 さすがに見過ごすことはできないだろう。

 というか、あの態度や表情から見て、ハリーには酷だ。

 

「ハリー・ポッターよ。ママ、見て!わたし見えるわ!」

「ジニー、お黙り。指をさすなんて失礼ですよ」

 

 おぅ。

 原作通りに、ジニー・ウィーズリーとロンのママが会話している。

 

「忙しい一年だった?」

「ええ、とても。お菓子とセーター、ありがとうございました。ウィーズリーおばさん」

「まあ、どういたしまして」

『私も、お菓子とセーター、ありがとうございました!』

「あら、貴女は……禪って子ね?校長先生の孫だと聞いてるわ」

『はい!禪・蔡塔です!』

 

 元気よく返事をして、挨拶する。

 

「禪、ロン、ハーマイオニー。僕そろそろ行くよ」

 

 ハリーが、小声で言ってくる。

 どうやらバーボンおじさんとやらがしびれを切らして、近づいてきたようだ。

 

『またね』

「!?」

「ハリー……」

 

 私は知っていたので、驚かずに健闘を祈るように言ったが、ロンとハーマイオニーには結構ショックを受けている。

 

 まぁね。

 あんなふうに人目をずっと気にして、自慢をし続けるなんて嫌でしょうよ。

 

「準備はいいか?まったく。鳥籠なんぞ、ぶら下げよって、しかも中身はふくろう。ここをどこだと思っておるんだ」

 

 ほら、言わんこっちゃない。

 

「ハリーのご家族ですね」

「まぁ、そうとも言えるでしょう」

 

 ウィーズリーおばさんが問うと、一時的に丁寧語に戻し、ハリーを見やる。

 

「小僧、さっさとしろ。お前の為に一日を潰すわけにはいかん」

 

 そう言って踵を返した。

 彼の進む方には、ペチュニアとダドリーが見える。

 

 ま、居候より、実子の方が可愛いわな。

 

「じゃあ、夏休みに」

「たのしい夏休み……あの……そうなればいいけど」

『大丈夫よ、ハーマイオニー』

 

 私は意味ありげにハリーに頷いて見せる。

 すると彼はその意味が分かったらしく、笑顔で手を振ってゆっくりとバーノンおじさんの後を荷物を引きずって帰っていった。

 遠ざかっていき、見えなくなって気配も消える。

 

 

「今のどういうこと?」

 

 

 ハリーの笑顔に驚いて、ハーマイオニーが聞いてくる。

 ロンもその横でしっかりと驚いた顔でこちらを見た。

 

『少しアドバイスしておいたんですよ。確かに魔法は公で使ってはいけないし、見られても、知られてもいけないけれど、親族は含まれないって』

「でも、それで大事になったら!」

『その心配もありません。釘を刺しました。”見せる”のではなく、”匂わせろ”と』

「……殆ど脅しね」

『ハリーにも言われましたね。けれど、今までの状況よりかは改善できるでしょう』

 

 育児・教育での第三者介入は、マグルでもよくあることだ。

 私のいた世界でもそうだった。

 

「でも禪。ハリー、ちゃんと食べていられるかな……」

『……ロン。心配は分かりますが、そこもなんとかしておきます。これでも一度は訪問すると、ハリーに言っておきましたし』

「行くの?!禪が?あの人たちのところに?!」

『まぁ、何とか気づかれずに行きますよ』

 

 ロンの言う事はもっともだ。

 あの人たちネグレクトぎりぎりだし……早いうちに会いに行ってしまおう。

 遅くて困る事はあっても、早くて困ることなど、そうそうないのだから。

 

 


 

 

 

『さぁて!双子覚悟はいい??』

 

 ハーマイオニーも両親の元へと帰り、残るは、ウィーズリー一家と私のみ。

 

「「姫!ご勘弁を!」」

『すると思う?』

「「思いません」」

 

 笑顔でグーを作りながら近寄れば、双子は身体を小さくする。

 

「禪さん、いったいどうしたの?」

 

 事情が飲み飲めないウィーズリーおばさん。

 

『ああ、少し怒りが……。でもご心配なく、さすがに駅ではしません。あ、そうでした。はい、ウィーズリーおばさん。ダンブルドア校長からです』

「あら!手紙ね。えっと……ん?貴女が明日の昼まで家に来るのね!」

『突然になってしまうのですが、よろしいでしょうか?』

「構わないわよ!」

 

 こうして私は、夏休み最初の一日目をウィーズリー家ですごすこととなった。

 

 

 

 ちなみに、その日。

 双子の頭にたんこぶがついたのは言うまでもない。

 

           

 

 

  

 

 

            END:序章・Harry Potter and the Philosopher's Stone

 

 

 

 

 *一巻終了となります。しばらく、短編を書いて、それから二巻に行こうと思っております。

 

 

 


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|