ガトー討伐

 

 

 ナルトとサスケもやっと木登りができるようになり、修行六日目から護衛となった。

 原作より一日ほど早いが、まぁ、大丈夫だろう。

 修行途中の夕飯の席で、無理やり食べていた二人には説教しておいた。

 全く、もう少しコントロールをしてほしいものだ。

 自分がその日に食べれる量くらい、把握しておいてくれ。

 

 修行が終わったことにより、護衛の人数を増やせたと思ったのだが、ナルトが起きなかった。

 木登りに体力を使ってしまったらしい。

 

 こうして、ナルトはツナミさんとイナリ君に預けたまま、護衛に着くこととなった。

 と、いうわけがなかろう!

 私は威守上忍としてカカシ君のサポートに分身を置き、上居バージョンの分身はナルトにつけてある。

 で、本体の私はというと、再不斬たちのところにいたりする。

 

『で、今言っていた方法でいくから。ちゃんと隠れているように』

「……」(再不斬)

「……」(白)

『納得いかない?』

「ああ」(再不斬)

「ええ」(白)

 

​ 生存ルートにもっていくつもりで、彼らには隠れていてもらうつもりなのだが……

 やはり止めとか、ケジメとかちゃんとしたいらしい。

 

​「仕留めるのはこちらでやる」(再不斬)

​『だと、思いましたよ。まーそういうことしたいと思ったからねぇ。一応プランは用意したけど……』

​「そっちにしろ、今すぐ」(再不斬)

『了解しました。一応、危険レベルは低レベルですし、死亡フラグは立っていないでしょう』

 

​ 立っていたら困る。

 

​「では——」(白)

​『死なない程度に、ガトーが出かけたら仕掛けておくから、ガトーの始末だけよろしく。ま、後から追いつくのだけど』

 

 

 ​結局、頑固な二人に原作沿いルートをとらざるを得ず、私は一人でガトーカンパニーの幹部を暗殺していた。

 

 

​「ぎゃ!」(幹部1)

​「うぁ……」(幹部2)

 

​ 淡々と仕留め、さっさと会社を後にし、橋へと向かう。

​ 到着すれば、ちょうど白くんがナルトに吹っ飛ばされるとこだった。

 


 

​ おいおいおいおい!

​ こういう事になるんじゃないかって思ったから、行かせたくなかったんだよ原作ルート!

 

​『ナルト!!待ったぁ!』(上居)

 

​ 上居の分身で二人に割り込む。

 

​「上居!」(ナルト)

​『事情が変わったわ!その子と一緒に来て!』(上居)

​「でもサスケが!!」(ナルト)

​『大丈夫、そこの白くん。彼は死んでないでしょ?』(上居)

​「……バレていましたか」(白)

​「え……」(ナルト)

『味方に対しても、あんな方法で庇ったくらいです。少し遠くから観察していましたが、あなたの攻撃に殺気はありませんでした。おそらく、仮死状態にしただけでしょ』(上居)

​「それで、状況が変わったというのは……」(白)

​「そう、それだってば!」(ナルト)

『ガトーの会社が実質的に倒産しました。ガトー自身はまだ知りませんが、ね』(上居)

​「!」(白)

​「それどういうことだってば?」(ナルト)

​『ガトー本人に依頼料を望めないということですよ。つまり依頼は自然消滅です。さて、カカシさんたちも止めてしまいましょう』(上居)

​「あ!でも」(ナルト)

​『サスケくんならば、サクラさんに任せましょう。それに、カカシさんたちを止めれば、大人の手も借りれてサスケ君の救命処置をもっと早く出来ます』(上居)

​「じゃぁ急ぐってば!俺先にサクラちゃんのとこ行く!」(ナルト)

​『では、私は白くんとカカシさんたちの方へ』(上居)

​「ええ」(白)

 

 うなずき合い、二手に分かれる。

​ ナルトはサクラとタズナさんのところへ。

 私と白はカカシさんたちのところへ。

 

​「あなたはなぜ、ここまで!」(白)

​『全ては一件落着してから!とりあえず、二人を止めないと!』(上居)

 

​ 驚きを隠せない白の横で、瞬身で飛ぶ。

 原作ならば、彼がするであろう技をこちらが使うのだが、私はカカシには貫かれていない。

​ なぜなら、彼はまだ雷切を発動する前であり、二人とも組み合っている最中であったのだ。

​ そして、瞬身して私のとった行動は、二人のバランスを崩すというもの。

​ 一方的に状況を悪くするわけでもなく、味方もしなければ敵にもしないという立ち位置。

 

​「「なにっ!」」(カカシ、再不斬)

 

​ バランスを崩された二人は、身体能力がもともと良いこともあり、すぐに体勢を立て直した。

 

​『二人とも止まって!この任務の意味が別物になった!』(上居)

​「どういうことだ、お前は裏切ると?!」(カカシ)

​『あほカカシ!ガトー・カンパニーは潰れたんだ!』(上居)

​「やられた借りは返さなければ」(カカシ)

​『お前は、子供か!ちゃんと自制しろっての!大体が、この任務はおとりだってことわかってくれよ!』(上居)

 

 カカシをそうして止めている間に……

 

​「フハハハハハ!情けない!いまだにやっていないというのか、再不斬よ」(ガトー)

 

​ 哀れなバカ社長が来た。

​ もちろん、優秀な護衛をたーくさんつけてだ。

 

​『もう来たか』(上居)

 

 私の言葉にカカシが振り向く。

 遅いっての。

 

​「なるほど、俺は捨て駒だったというわけか」(再不斬)

​「ふん!お前くらいの手練れ、金さえあればいくらでも雇えるのでな!」(ガトー)

 

 さて、割り込むか。

 

​『おあいにく様。先ほど、情報が入ってきたわ。ガトー、あなたの会社は事実上倒産したわ。お前のほうが捨て駒だったわね、経済という名の世界での』(上居)

​「上居、お前」(カカシ)

​「ほう、餓鬼がずいぶんなことを……」(ガトー)

 

 ガトーの言葉を遮り、足音が近づいてくる。

 それは、私がわざと残した生き証人(一般社員の一人)だ。

 

​「社長!幹部がすべて息絶えて!」(一般社員)

「なんだとっ!?」(ガトー)

『言ったでしょう。倒産だと』(上居)

​「この餓鬼がぁ!」(ガトー)

 

 

​『餓鬼ごときにムキになるなよ、このバカ社長』(威守)

 

 

​ 上忍姿の私(本体)に再不斬の目の前現れて、ガトーの頭をはたいた。

 

​「がっ!」(ガトー)

​『まったく。カカシ君も、もう少し落ち着いてくださいよ。マジで倒産していました。上居、サスケ君の回復よろしく』(威守)

​『了解しました』(上居)

 

 分身の方には、ナルトたちを見ていてもらう。

 

​「ここは俺にやらせろ」(再不斬)

​「……ああ」(カカシ)

​『異存はありません』(威守)

 

 

​「ハハハハ!こちらには手練れが控えているのだ、行けい!!」(ガトー)

​『もういないわよ、君の味方なんて』(威守)

 

 

 命じるガトーの背後にはもう誰もいなかった。

 先ほど知らせに来た一般社員でさえ、どこかに消え失せている。

 

​「なぜだぁ!」(ガトー)

​「誰も、倒れる塔の中に居たくはないでしょう」(白)

「共倒れどころか、死ぬからな」(再不斬)

 

 抜け忍の彼らは交互にそう言い、ガトーに迫る。

 ガトーはどうやら運動などしていないようで、すぐに足をもつれさせてその場に倒れこんだ。

 明らかなメタボだもんなぁ。

 

 すぐに決着がつき、抜け忍の彼らはその場を去った。

 

 

 

​ 次ページ:橋の……

 

 


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|