助っ人

 

 

 すぐ出発して波の国に1時間で着いたのに、機動力が意外と良かったのか一行は見つからない。

 

 

 

「霧で見えないね」(レイスケ)

『感知できればいいんだけど……あー、やっぱここの詳細な地図を貰ってくるべきだったなぁ』

 

 ただでさえ、南国特有のマングローブが生い茂る国だ。

 貧困層多めというとこで治安も悪いが、地図案内板なんて親切なものは存在しない。

 せめて、あの鬼お兄さんが来るとこで割って入りたいんだが…………

 

「うーん……」(レイスケ)

『……レイスケ?』

「えっとね、今相手の動き考えてるんだ。もしも、こういう霧のなかなら、まずどこへ対象が行くか考えるんじゃないかな?」(レイスケ)

『ええ、どうせこの波の国の交通手段は船。つけるのは桟橋でしょう。ですが、こうも霧が濃いとマーカーや臭いでは特定できないでょうね』

「なら、桟橋はいくつあるの?」(レイスケ)

『規模はいろいろとありますが、軽く100は超えています』

「じゃぁ、見つかりにくい所を更に警戒していくにはどうする?」(レイスケ)

『!そういうことか。じゃ、20くらいに減るわ、候補。分身で対処できちゃうじゃん』

「答えは、マングローブだよね?この世界で、それがどう呼ばれてるか知らないけど」(レイスケ)

『呼び方は一緒だよ。ありがとう、レイスケ。ごちゃごちゃ考えなくて済んだ』

「行こ!」(レイスケ)

『ええ』

 

 回り道も含め、候補のすべてに分身を放つ。

 答えはすぐさま帰ってきた。

 

「見っけた?」(レイスケ)

『いたわ。もう戦闘中。カカシ君たら情けない。水牢の中じゃないの』

「え、捕まってるの?!」(レイスケ)

『あのバカ、気ぃ抜いたね。みっちり特訓してやろうかしら?』

 

 ナルト達が戦闘を開始する。

 カカシ救出作戦だ。

 

 私はレイスケに合図して彼らの近くまで移動する。

 移動したときには、桃地再不斬は不意を突かれカカシが自由の身となっていた。

 

『行くわよ』

「うん」(レイスケ)

 


*ここから上居ルイと威守瑠威が同時に出てきますので、混乱なさらぬように。

 一応、上居ルイの時は(上居)と表示し、威守瑠威の時は(威守)と表示していきます。

 

 

 

「「水遁:水龍弾の術!!」」

 

 水がナルト達に襲い掛かる。

 

『なーに、余波を弟子に流してんのよ!』(上居)

 

 私はそれを依頼人を守るナルト達の前で防ぐ。

 もちろん、上居の姿で結界を張ったのだ。

 

「「「「!!」」」」(一同)

 

『吃驚させてしまったかしら?零班の上居よ』(上居)

「ナルト!応援に来たよ!」(レイスケ)

「!レイスケ!」(ナルト)

 

「ほう、応援が来たか。木の葉にしては早いな」(桃地)

『あら、これは抜け忍の方じゃないですか。しかもレベルもいい具合の』(上居)

「上居!煽るな!!」(カカシ)

 

 私たちの方に放たれた分身が襲ってくる。

 それを私は大人の自分(本体)で防いだ。

 

「!」(カカシ)

『可愛い弟子に、よく刃を向けてくれたわね?レイスケ、ルイ。ナルト達をお願いね?』(威守)

「『了解!』」(レイスケ&上居)

 

 瞬身で移動して桃地の頸動脈をとらえ、手刀をたたきこむ。

 それに反応し、相手は体勢を崩しながらも避けた。

 水中に逃れてしまう。

 

「はやい!」(カカシ)

『カカシ、アンタが遅いのよ。あとで、みっちり鍛えなおしてやるから覚悟しろよ、元部下』(威守)

「ひぃ!」(カカシ) 

 

 会話をしている間に、桃地の奴は水面に立った。

 うーん、あれが本体かどうか怪しいとこだな。

 

「上忍が二人か」(桃地)

『怖気づいて逃げてくれると助かるのだけど?』(威守)

「ぬかせ」(桃地)

「そーなるよねぇ~」(カカシ)

 

 いつもの額当てがズレているってことは、もう写輪眼発動中。

 長々の戦闘は無理。

 

『仕方ないなぁ。んじゃ、さっさと戦闘不能になってくれます?』(威守)

 

 一般人の目の前で、下忍がドン引きするような速さで桃地の両足に千本を刺した。

 イッキに瞬身して刺したんだが、なぜにカカシまで吃驚してんの。

 

「グぁ!なに?!!」(桃地)

「「「「「!?」」」」」(一同)

 

 刺された桃地は再び水中へ沈んだ。

 ちっ、弱いなぁ。

 よく抜け忍になんかなったよね。

 

『あちゃ~、逃げられたかなぁ』(威守)

「……いや、違うと思う」(カカシ)

 

(((だよな!違うって絶対!)))

 

 カカシの突込みに、ナルト達の心は一致で賛成した。

 レイスケはいつも通りだからか、ため息をついただけである。

 

「くそが!」(桃地)

 

 マングローブの根にしがみついた桃地が低い声でうなるように言った。

 

『遅い君がいけない。いや、この依頼を受けてしまった君がいけない』(威守)

「……」(カカシ)

 

 カカシは何も言わずに術を用意している。

 

 

 

 その時だった。

 必死にマングローブの上に這い上がった桃地の首に、千本が大量に突き刺さったのは。

 

『!』

「「「「「「?!」」」」」」

 

 私でもびっくりだ。

 来るのは知っていたが、気配たちすぎだろう!

 ふぬけな暗部や上忍どもに見習ってほしいくらいだわ!

 

 千本の軌道をさか読みしていけば、すらっとしたお面の子がいる。

 カカシはハッとして、桃地の脈がないことを確認した。

 

 全く、シナリオなんて言う運命は本当に面倒だな!

 

「ありがとうございました。再不斬を確実に殺す機会をうかがっていた者です」(お面)

「そのお面……霧隠れの抜け忍追いか」(カカシ)

「ええ。助かりましたよ。あとはボクが処理しておきますので」(お面)

『ふぅん、結構な才の持ち主が霧隠れにもいたのね』(威守)

 

 お面は礼を言うと、桃地を担ぎ去っていった。

 

 後ろでナルト達がわーぎゃー言っているが……ま、カカシ君に任せよう。

 

 

 さて、どうしようかな?

 

 

 

 

 次ページ:修行と勇気

 

 

 

 


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|