暗躍開始

 

 

 アカデミーをそこそこに、暇な時間に鍛錬を瑠威につけてもらい――はや三ヵ月。

 

 俺は初めての暗部としての仕事をしていた。

 

「ごめんね、人が足りないからこれが初めての仕事になっちゃった」

『まさかいきなり暗殺とは……。まぁ、仕方なかろう』

 

 人の上に立つ感覚はよくわかる。

 俺も部下共がふがいなく分身を作らざるを得なかったのだ。

 ま、その分身というのが俺(分身のひとり)なのだが。

 

『それで、一応聞いておくが何か制限はあるか?』

「あー、そうねぇ。んじゃ、雷禁止で」

『チッ、面倒だが火の方を伸ばせという事だな』

「そういうこと。あ、こっちは特殊術禁止で行きますんで」

 

 移動しながらターゲットのいる場所まで移動していく。

 

 ちなみに家には俺がいるように、空が幻術と蜃気楼を使ってそう見せている。

 暗部だからと、姿も変化の術である程度大人になっていた。

 見た目的には二十代前半だろう。

 この姿になった時に瑠威、いや、今は翠(スイ)がサインをねだってきた。

 ……どうやら俺は彼女の元の世界では結構な有名人だったらしい。

 それは置いといて。

 今は暗部用の仮面をつけて、忍び服を着ている。

 仮面にはいろいろ種類があるそうで、色や動物のモチーフを選ぶ事が出来るそうだ。

 が、俺のは最初から黒色ベースの狼で目の色とかは赤と決められていた。

 翠は黒色ベースの龍、目の色などは青だ。

 ……釈然としない。

 ちなみに暗部名は狼(ロウ)だ。

 ……お面のまんまじゃないか、いいのかそれで。

 

 

 

 いろいろ考えながら移動していると、ターゲットの近くに着いた。

 

 

「さて、まずは人がどれくらいいるか。狼わかる?」

『ざっと七十人だな』

「ご名答。どっから行くのがいいと思う?」

『裏と表は見張りがいる。表は堂々と警護して、裏はフェイクとして誰も居ないように見せかけておる。不意打ちで行くなら窓』

「正解。やっぱ、結構最初からチートねぇ」

『翠も似たようなものだろう』

「まぁね。んじゃ、狼は囮になってきて。星はこっちがやるから」

『上手いところを持っていく……。初めてなのだから、少し気にかけてくれ』

 

 そう言ってから二手に分かれる。

 翠は一気にターゲットのところへ、俺は裏口へ。

 

 なぜ、裏かだと?

 

 表から行けば囮だとバレバレだろうが。

 だからここは三流と偽るためにも、裏から行ってわざと待ち受けていた奴らの相手をすべきだろう。

 どうせ表の奴らも来るだろうしな。

 ああ、あとこの建物三階建てだからな。

 たぶん他の階の奴らも駆けつけてくるであろう。

 

 という読みで裏口へと来て敵と交戦中。

 

 ……スピードが遅い。

 もちろん俺ではなく、敵が、だ。

 クナイと糸、槍しか使っていないが、かなり相手をする事が出来る。

 ……こいつら、上忍とか中忍とか呼ばれる存在達だよなぁ。

 なぜに下忍ですらない俺で互角とは…………こいつらの里は大丈夫か。

 突っ込みすら入れつつ、一人、また一人と倒していく。

 手加減?

 そんなものは無しだ。

 弱肉強食の世界であるこの忍び世界で手加減は自滅にすら等しい。

 

「くそ!なんだこの強さは!」

「増援を!上にいる奴らを呼べ!」

 

 ……上手くいきそうだな。

 

 あとは翠が一手置けば終了だろう。

 

 

 上の階から来た奴らも交えて計五十人くらいまで倒していると、いきなり上から滝が流れてきた。

 

 おいおい。

 ターゲットの死体まで流れて行っているが、合図か。

 終わったな。

 

『……』

 

 しゃべらずに、撤退を始める。

 幾人かは朦朧(もうろう)としていながらも俺を追おうとしていたようだが、それも水流に阻まれて動きが遅く俺は無事に脱出できた。

 里の方面へとさっさと帰るルートを選択する。

 

 

「狼、上手くいったわね」

『翠。なんで滝が合図なんだ』

「あー、他の合図の仕方面倒だし、あの術なら楽かと思って」

『特殊術無しじゃなかったのか』

「えー。水遁は特殊じゃないよ?特殊なのはミックスジュースみたいなモノ。ま、今度見せてあげるからね」

『で、このまま帰宅でいいんだな』

「そこは一度火影のところに行かなくちゃいけない。あ、もちろん暗部姿で」

『チッ、面倒だ』

「大丈夫、すぐ帰れるから。というか帰すし。いくら火影でも私達には手を挙げられないし、追及もできやしないから」

 

 どういうことだ?

 すでに決まっていた面といい、実はもっとこの翠には権力があるのではないだろうか。

 そう思えてならない。

 ……空や翠のことだ。

 いつかは話すだろう。

 ただその状態まで来ていないというだけか。

 待つのは好きではないが、仕方ない。

 男らしく待つとしよう。

 

 

 

                次ページ:火影との対面

 

 

 


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|