ラパン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全長:9.8m
重量:36t
☆装備
機神用ライフル
レーザーソード
胸部マシンキャノン×2

40年前に開発された機神。
エウロパ大陸やウォール共和国をはじめ様々な国に採用されている汎用性の高い機体である。
P・ビークル(パーソナル・ビーグル)の派生である事から、マシンキャノンを2門搭載した頑強な胸部とRF式ジャンプブースターを搭載した大振りな脚が特徴。
『野兎』の名の通り跳躍力を活かした高高度からの強襲を得意とする運動性に長けた機神で、連射性能の高い胸部のマシンキャノンで敵を牽制しつつスピードで翻弄する戦法を武器に、配備数の差もあるとは言えども約2倍の大きさのあるゴライアス相手に互角以上の戦闘を展開した程。
現在でもカスタムされて使われているが新型の機神と比べ戦力としては見劣りするのが現状で、マリ・コネでカーク・タイプがロールアウトされて以降、その性能の差からかなり苦戦を強いられている。

アルバート曰く『結構頑丈で物持ちがいい』と言う通り、意外に耐久性は高くメンテナンス製もかなりいい事から、フランベルジュでは新型機神に混じって前線で活躍している。
フィーナ、エルスティアの両名もシュヴァリエに乗り換える前にはこれを使用していた。