スキュラ・システム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エウロパの頭脳と証される『ゴシック家』が発案した、精神感応型リンクシステムの総称。
要は人間を機神と繋げることでの機神操縦のフィードバックとさらには『エリクシル』エネルギーを人間から効率よく引き出すためのものである。
人間が持つ『エリクシル』を機械のエネルギーに転用すると共に『人機一体』による機体操縦能力の向上を目指したある意味、『神』に近づき、さらには冒涜すると装置とも言える。
開発自体は300年前から、完全ではないもの技術や原理は完成していたが、『オヴェーリアの悲劇』といわれるゴシック家領内の都市一つを壊滅状態にした事や、『ジルドレイ事件』を代表される非人道な事件の数々からゴシック家及び一族により封印させていた。
が、流石に技術進歩や激変する戦況に対応すべく、100年前にある程度封印を解かれる形でそのシステムの一部を応用した『エリクシル・コンバータ』等の開発と言った限定的な物が開発された。
そして、完全に封印が解かれたのが『エリザベート・ゴシック』が当主となった10年前。 アマデウス・バロック、マンモン・ヴォッファ、アイシア・クランを一とした技術陣の反対を押し切った形でそれは行われたが、2年後の『バロック・クーデター』にてエリザベートの失脚が起こった結果、二人の科学者の方向性により2種類、さらに安全性を高める形で改良されたタイプの合計3種のスキュラ・システムが生まれた。